上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日の試合はすごかったですねえ、日本対台湾。
いやまあ、采配が違えばもっと楽に(ryとか意見はあるかもしれませんけど。
それでも見ごたえがあったのも事実なわけで。

しかし台湾も韓国と接戦を演じたり、日本もあわやのところまで追い詰めたりと、あらためて力があがってきたことをかんじますね。
ぶっちゃけ日本より打線怖いんじゃないのとか思ったり。
日本の打者より振れてるんじゃないの?というのが率直な感想。

とりあえず試合見ててタイムリー打つまで「いつまで坂本使うんだよ」とか言ってました、さーせん(殴
鳥谷の盗塁はタイミング的にかなりきわどかったですねえ、そしてあの土壇場で打った井端もさすがというか。
牧田の登板は正直楽しみでもありましたが、あのダイビングはすごかったとしか。
ただあれでどこか痛めたんじゃないかというのはやっぱり心配になりましたけど。

キューバ戦での内容を見た限り、台湾にもあのままずるずる負けるだろうと思ってましたが、意地を見せたなと。
これで燃え尽きるのではなく、ここから底力を見せられるかどうか、気になりますねえ。
2013.03.09 Sat l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
WBC日本代表の強化試合、対阪神を少しだけ見たんですが・・・
涌井は、うんまあ、シーズンでもよくあったような点の取られ方だったなあ、と('A`)
球が抜けてましたし、タイムリー打たれたのもど真ん中だったし。
打線のほうも角中はほんといいんですけどねえ、正直つながりがちょっと。

監督はたとえ調子が悪くても中田とか変えそうにないですけど、この手の短期決戦でそういう切り替えができないのはだいたい沈むパターンなんですよね。

こだわりといえば聞こえはいいかもしれませんけど、柔軟性がないとああいう大会では一つのミスが致命傷になりますし、どうもそこで切り替える采配が期待できそうにない気が。

摂津とかはさすがの投球内容でしたね、さすがはもともとリリーフでも圧巻の成績を残していただけのことはあるなと。

ただ、今の打線の様子だと、せっかく山口や摂津、牧田たちがいいリリーフをできたとしても、打線の中軸が機能してなくてもそれをテコ入れせずに、その結果後手にまわり、優秀なリリーフに回す前に点を取られたりして、結果後手後手にまわりずるずるいってしまいそうな。

ちょっと辛らつになりましたけど、アピールできている松井や角中もいますし、逆に機能してないと思ったらこだわらずにどんどん打線を組み替えて使っていってほしいですね。
2013.02.28 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
ぼちぼち野球シーズンが近づいてきましたね。
オーストラリアとの壮行試合はちょっと見れなかったんですが、牧田がよかったようで。
個人的には気になったので動画とか探したんですが、どれも相川の3ランばっかり・・・​(​´​・​ω​・​`​)
せっかく3者三振とかいい投球したのになあ。

それはさておき、キャンプも終わりましたね。
西武だと菊池が球の走りがよかったようで、高校時代のような速球がもどりつつあるのかなと。
十亀も去年それなりに成績は残していたので、先発で果たしてどうなるのか。
そして何よりもやはりショート争いですね。石川もアピールしているようですし、永江、山崎、浅村といった面々がしのぎを削っていますが、今年は固定ではなく併用になりそう。
次代のショートは誰になるのか、そういう意味でも楽しみです。
2013.02.25 Mon l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
一応生きてますよ、と。
というわけで開幕しましたね。
んで涌井炎上。おしまい。




嘘ですごめんなさい(´・ω・`)
いやでもさすがに笑うしかないですわ、あれは。
投げる試合全部完投するつもり、という涌井の宣言がこれでは・・・・
まあダルビッシュも去年は開幕KOスタートだったわけで、次回はちゃんとやってくれるといいんですけど。
記事あんまり書く気になれない試合でしたのでこれで勘弁してくださいな、と。
2012.03.31 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
CS第1ステージ、西武が突破したようですね。
一時は最下位に沈み、9月の驚異的な追い上げからここまできたかというかんじではあるんですが・・・
正直ちょっと複雑な思いもあったり。

その最大の原因はなんといっても、ホークスとのゲーム差20.5

このゲーム差を考えると、もし仮にCSのファイナルを突破して
日本シリーズ出場したとしたらまた色々言われるんだろうなと。

プレーオフ導入直後の年、首位ホークスと4.5ゲーム差の2位でプレーオフを突破した時も、
5ゲーム差で1勝分というアドバンテージぎりぎりのラインを守り、3勝2敗の成績で突破したにもかかわらず
散々非難されたのは今でも覚えてます。
こっちから言わせればホークスがあと0.5差つけてればホークスが突破してたわけですが、
2位からあがったということでまあ色々言われましたわな。
プレーオフをテレビで見てたらホークスよりの解説は制度そのものに文句言い出すし。
翌年ロッテがひっくり返したときはなんにも言われなくて西武が悪いんですかそうですかと思ったもんです。

で、今年は20.5というとんでもないゲーム差。
正直CS前から今年はもうホークスでいいよ、そんな気持ちでした。
ペナントの最中でも本当に今年のホークスは強かった。
それだけに今回のゲーム差がもしCSで価値がなくなるようなことがあれば、
それこそ何言われるかわかったもんじゃないなと。

このことを話してたら知り合いに「もし勝ち上がっても負け犬の遠吠えなんだから好き勝手言わせればいいよ、制度使って勝ち上がったなら」って言われましたが、その制度の内容自体に疑問持ってる身としてはそんな単純な話じゃないんですよね。
そりゃ傍から見てる人は気楽にそう言えるかもしれませんけど、ファンにとっちゃそうはいかない。
そもそも20ゲーム差がひっくり返るなんてほかの球団のファンから見ても明らかにおかしいわけだし。

あくまでもホークスが勝てばこんな心配は杞憂に終わるわけですし、今年のホークスはこのゲーム差が示すとおり圧倒的な強さです。
いくら西武に勢いがあったとしても、9月の絶好調時期に壁として立ちはだかったのはホークスでした。
ただ、過去を振り返ると心配といえば心配なんですよね。
自分は西武ファンだし、西武を応援してますが、今回のいびつな形に関しては西武を応援できるかといわれると正直複雑です。
もちろん、あの絶望的な状況下から3位に滑り込み、CS第1ステージを突破したのはすごいことだし、選手たちが必死でやってるのも理解しているつもりではあるんですけどね。
だからやっぱり、CSは5ゲーム差ごとに1勝分のアドバンテージとか、何かしら工夫したほうがいいと思います。
2011.10.30 Sun l 野球 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。