上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペナントもいよいよ終盤戦。1試合1試合が非常に大事な時期になってきました。
西武は楽天戦の非常に嫌な形の負けはあったものの、結局勝ち越して引きずらなかったようで。
どこも似たようなペースの1~3位でしたが、そろそろ変動はあるのか否か。
というわけで対日ハム。


・西武 6-5 日ハム

先発は許さんとケッペル。
1回から四球スタートの不安な許さんが、3回につかまり二塁打3本を含むヒット4本と四球などで4点を先制されます。
一方のケッペルはランナーこそ出すものの粘りの投球で、西武打線は攻めあぐねケッペルが降板する6回まで無得点。
しかし7回、代わった榊原、宮西、建山を攻め立て、この回だけでなんと5点を奪い逆転に成功します。
が、8回に藤田が糸井に同点ソロをくらい、試合は振り出しに。
もつれにもつれた試合でしたが、9回に四球などで無死満塁となり、中島が決勝犠牲フライでサヨナラ。
許さんが炎上したときは完全に負けたと思っていましたが、最近はかなり打線が粘りを見せていますね。


・西武 8-3 日ハム

先発は石井一と糸数。
2回表に中田の犠牲フライでまず日ハムが1点を先制しますが、直後の2回裏、坂田の2ランですぐに逆転に成功。
4回表には大野のタイムリーでハムが同点にしますが、その直後の4回裏、今度はフェルナンデスの勝ち越しソロが飛び出すと、そこから原、片岡、栗山のタイムリーで一気に5点を奪い突き放します。
結局この攻撃で勝負あり。
石井一は6回を2失点と無難にまとめると、あとは両チーム1点ずつを取り合うも結局5点差で試合終了。
石井一が投げると試合をきっちり仕上げてくれるので計算が楽ですね。



・西武 0-5 日ハム

先発は平野とウルフ。
まあこの試合はウルフ、稲葉、そして小谷野の3人にやられましたね。
先発のウルフは7回を被安打3、無失点とほぼカンペキな内容。
稲葉には先制タイムリーとソロ、小谷野には2ランとソロの2発。
こういう大事な時期での試合ではやはり平野だと厳しいのかな、という試合内容でしたね。
好調だった打線も久しぶりの沈黙、完封負け。
逆にここまでやられるとあとが引かなさそうな気がしないでもないですが。


なにはともあれ、このカードもきっちりと勝ち越しには成功。
1試合は完敗でしたが、残りの2試合をいかにとったかが大事ということで。
次は3位ロッテとの3連戦、そして18日からは2位ソフトバンクとの3連戦という最後の天王山。
できるだけ貯金を作るに越したことは無いですね。
2010.09.12 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/610-287239b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。