上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
オールスター前最後の山場スタートですね。
こちらとしてはけが人が相次いでいるのでここをなんとか乗り切っておきたいところ。


楽天戦2試合は涌井を援護できずに最後はルイズに痛恨の3ランを浴びて1試合目は敗戦。
2試合目は帆足がまたぴりっとしなかったものの打線のおかげで逆転勝利。
そして9連戦最初の日ハムとの3連戦に。


・西武 1-9 日ハム

先発は許さんと矢貫。
許さんは対日ハムは防御率こそ3点そこそこながら、ダル相手に大量援護をもらいつつも炎上して敗戦したり、3戦全敗。
今度こそはと意気込んでいましたが・・・
先制したのは西武。片岡のソロで3回に1点を奪いますが、直後に許さんが2点を奪われ逆転を許します。
すると日ハムは不安定な矢貫を降板させると、榊原があとを引き継ぎ2イニングをぴしゃり。
流れを引き寄せるとあとは許さんがボッコされ、西武打線も継投にかわされてなす術なし。
そのまま試合終了、許さんはこれで対ハム4戦4敗に。
まあどっちに転ぶかわからない顔合わせでしたが、ずいぶん一方的にやられましたね。


・西武 3-2 日ハム

先発は野上と八木。
野上は立ち上がりから独り相撲で1回に1点を奪われると、2回は討ち取ったあたりが守備の間に落ちるなどで2回までに2点を許します。
しかし西武も3回に平尾のタイムリーで1点、5回には義人さんの代打ホームランで1点を返し同点に。
野上はそのあと走者を出しながらも抑えると、日ハムも継投に。
9回、西武は先に抑えのシコースキーを出しますが、このシコースキーがとにかく球がうわずり、ほとんどが浮いたボール。
せっかく走者を上本が刺しても、その後また四球を繰り返し、バント失敗などに助けられながらも満塁に。
しかしここはなんとか抑え、自作自演ながらもピンチを切り抜けると、中島の四球、ブラウンのヒット、そしてフェルナンデスのゴロで一死二三塁。ここで坂田がすごく気合入ってたんですが、死球で満塁に。
打ちたそうな坂田の顔が印象的でした。
最後は高山の痛烈な当たりを前進守備の田中賢介が取れずにこぼしてしまい、これでゲームセット(記録はエラー
もつれた試合でしたが、なんとか2試合目をとることに成功。
しかしこの試合は見てましたが、賢介こえええええ ってのが印象に残りました。
なんかどこ投げても打たれそうなかんじ。現状首位打者なのも納得ですね。


・西武 7-0 日ハム

先発は平野将と吉川。
どうも平野は以前の印象が悪すぎるので、谷間同士でも全然期待してなかったわけですが、いい意味で裏切られました。
1回表、平野が3者凡退でスムーズに立ち上がると、3回まで四死球で走者を出すものの盗塁を刺すなどで3人で片付けます。
一方吉川は1回、ピンチを作るも切り抜けますが、3回に味方の悪送球で無死二塁のピンチに。
バントを上手く処理し三塁をアウトにして一死一塁としますが、その後に2本のヒットを浴び結局西武が1点を先制。あのバント処理が絶妙だっただけにもったいなかったですね。
4回には坂田のソロで1点を追加。しかし本当に元気がいいですね、坂田は。さらに5回にはなんと阿部真のソロでさらに1点を追加し、6回にはフェルナンデスの復帰初ヒットとなるタイムリーで1点、着実にリードを広げます。
援護をもらった平野は今までとは別人のような安定感で、5回までなんとノーヒットピッチング。
6回にツーベースを打たれますが、落ち着いて後続を切り無失点。
8回にさらに3点の援護をもらうと、9回はヒヤヒヤする場面もありましたが、結局9回を投げきり、被安打3、四死球2、完封という文句なしのピッチング。
先発が苦しくて中継ぎに負担がかかりがちな現状で、この完封は凄く大きいですね。
9連戦ということもありますし、本当に助かる大仕事をしてくれました。

この3連戦、やけに死球が多かったですね。打ちに行って当たったり、バントのときに当たったりと乱闘になるような当たり方はほぼ無かったようですが、お互い怪我だけは怖いですね。
森本は骨折してしまったようですし・・・(´・ω・`)
2010.07.16 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/603-da7d0992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。