上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
タイトルどおりですね、現状は。
1位にいるのが不思議なくらい戦力としては厳しいですが、高山がもどってきてくれてるのが救いか。
しかし相変わらずGGの打率が酷かったり、けが人の面子が目を覆いたくなるような状況だったり、
そろそろ長田と藤田の神通力が切れてきてたり。


・西武 7-6 オリックス

先発は許さんと木佐貫。木佐貫は既に8勝、対するこちらは谷間の許さんがと岸の影響がもろに出ている顔合わせ。
しかしこの試合、先制したのは西武。2回表に坂田の3ランで3点を先取。
ところが、直後の2回裏に2点を返され、1点差にされる苦しい展開。
乱打戦になりかけて結局木佐貫に抑えられて逆転負けじゃねーの・・・と思ってましたが、4回に栗山の内野ゴロで1点、7回に中島のスリーベースから高山の犠牲フライでさらに1点を追加し、3点差。
5-2となり勝負はあったかに見えましたが、8回から大荒れに。
二死から四死球と内野安打で塁を埋めると、代わった藤田が北川に走者一掃のタイムリーを浴び同点に。
さらに四球からタイムリー二塁打でついに逆転されます。
半分は許さんの自業自得ですが、これで許さんの白星も消え、チームも一転してピンチに。
ところが9回表、栗山を二塁において二死からブラウンの逆転2ランが飛び出し、再逆転。
この後をシコースキーが抑えてゲームセット。荒れに荒れたシーソーゲームでしたが、この試合を取れたのは大きいですね。


・西武 11-7 オリックス

先発は野上と長谷川。広島にいた長谷川がオリックスにいったことをうっかり忘れてて、誰?と思ったのは内緒。
この先発を見てのとおり、前日に続いての乱打戦に。
1回、西武は片岡が四球で歩くと栗山のタイムリーでまず1点先制。
しかし、直後に野上がタイムリー3本を含む4安打で4失点。あっさり逆転されます。
ところが西武もくらいつき、坂田が2試合連続ホームランとなる3ランで同点に。
2回裏には野上がさらに1点を失い、再びオリックスリード。
この後も試合は二転三転しますが、6対7で迎えた5回、原の満塁からの走者一掃タイムリーで3点をあげるなどの4点で10対7、これで事実上の決着。
なんとも大味な試合でしたが、なんとか2連勝。
しかし勝ち投手岡本篤て('A`)


・西武 0-6 オリックス

先発は平野将と金子。
まあ正直平野には期待してませんでしたし、勝ち越しも決まっていたので勝てばラッキー程度でしたが、
まあそんなもんですよねという内容。
平野は6回途中被安打9、3失点という内容。
打線は金子に手も足も出ず、唯一のチャンスだった3点差での6回、二死満塁も結局中島が倒れ万事休す。
土肥が炎上して止めを刺し、結局金子に完封されて試合終了。


しかしこの状況でタフにクローザーをこなしてるシコースキーはさすがとしか言えませんね。
あと坂田、原が元気いいのは嬉しい限り。
現状はレギュラーが故障してるのでこういった若手には頑張ってほしいですね。
まあ投手のほうは一向に出てくる気配ないですが('A`)
唯一は武隈だけど・・・どうかねえ・・・
なんにせよ、今回の3連戦の先発を見た限り、勝ち越せたのは奇跡に近いですね。
こんな状況が続くとなると頭痛いなー。
2010.07.10 Sat l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
武隈は貴重な純粋北海道出身選手なので期待しています。課題は右打者対策ですかねえ。

藤田はどんな感じなんでしょうか。死球の影響で内角を突けないとかじゃないといいのですが……。
2010.07.10 Sat l かz. URL l 編集
No title
武隈がんばってほしいですね、投手は不甲斐ないのが多いので余計に。

藤田は精神的なことよりも怪我の治りとかもあるんじゃないですかねー。
せっかく今年好調だったので持ち直して欲しいんですけど。
2010.07.13 Tue l リックス. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/601-d75e8216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。