上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
甲子園に乗り込んでの阪神との直接対決。
友達が言ってた予想とヤフーの先発予想が食い違ってましたが、友達の予想のほうが当たってた時はさすが阪神ファンと感心。


西武 3-1 阪神

先発は石井一と下柳のベテラン左腕対決。
前日どちらのチームも打線大爆発していたので、こりゃ貧打拙攻合戦になると思ってましたが・・・
どちらかというと両投手が持ち味を発揮した投手戦という内容でした。
まあ西武打線は割りと大振りして三振を大量に築いてましたが、その中でも中島は全然下柳にあわずに4三振。

石井一、下柳ともに6回を投げて被安打5、四死球2という内容で球数も似たり寄ったりでしたが、
西武のほうは犠牲フライやタイムリーで2点を奪いそこが分かれ目に。
しかし、6回終わって2-0で前回完投の疲れがあるとはいえ、石井を降ろして出てきたのは・・・

小 野 寺

ええ、負けたと思いましたよ、間違いなく。
期待通りに先頭に四球を与えて、次がバント、さあ炎上の準備は万端となり代打金本。
ピッチャーはこれまた今季防御率8点台の星野、もうダメだと思いましたが・・・
ここは何とか三振に切り、そして長田にスイッチ。いきなり四球は出したものの、次の打者をしとめてチェンジに。反撃の芽を摘みます。
しかし、長田はなんかボールの走りが凄かったなあ・・・またmk-Ⅱモード?
その直後、8回表には栗山のソロで貴重な追加点。
最後はシコースキーが桜井にソロをくらうも逃げ切り試合終了。

長田はいつぞや凄い覚醒を見せるかと思ったら息切れしましたが、片鱗はあるんですよねえ・・・
このまま定着?いやしかし、以前のことがあるからなあ・・・


で、この試合の後に 小 野 寺 封 印 

一軍に平和が戻りました

大沼あがってきたけどな!



西武 6-1 阪神

先発は涌井とフォッサム。
顔合わせ見たら勝ってもらわないと困る組み合わせですね。
しかしフォッサムより上園が来たほうがよっぽど嫌なんですけどねえ、こちらとしては。
西武は1回から中島と高山のタイムリーで2点先制。
一方阪神もブラゼルのソロで早々に反撃し、2-1に。
涌井は阪神をその1点に抑えますが、西武もそのあと犠牲フライで1点は加えるものの2点差の緊迫した展開に。

そして7回、先頭の片岡が6回から代わった上園から四球、そして何度も牽制されながらも盗塁に成功。
そして栗山も四球で無死一二塁と絶好のチャンスになりますが、ここで中島のセンターライナーを片岡が判断ミスで飛び出しゲッツー。
その後も倒れて追加点を奪えず、最悪の展開に。
結局上園には2イニングで四球2つもヒットなし、やっぱりこっちのほうが怖かったかなあ。
その後7回裏はいきなり涌井が先頭に四球を出すも併殺、ヒットを打たれては次を抑えて無失点。
8回はアウト一つから三者連続四球で満塁のあとに城島をここも併殺で切り抜けます。
というか完全に自作自演だろうww

すると9回に西武は相手のエラーもからみ渡辺から一気に3点を奪い5点差に、これで完全に試合を決めます。
最後は星野、そして総帥が閉めてゲームセット。
途中までは緊迫した凄い競った展開だったんですけどねえ・・・

なんにせよこれで甲子園2連勝、今年はセの主催でも順調に勝ち続けてますね。
しっかし・・・勝ち続けても差が開かないなあw
2010.05.29 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/591-b6175b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。