上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
タイトルどおり対オリ3連戦のことをつらつらと。

西武 3-0 オリックス(1試合目)

先発は前回7回2安打と好投した岸とオリックスは岸田。
この試合に関してはまあ、岸につきますね。
なにせ9回完封、打たれたのはわずか1安打。エラー一つで四死球もなしと完全試合も見えてきたという文句のつけようがない投球でした。
打線のほうは10安打と復調気配。まあ岸田が粘り強く投げていたのもあって大量得点とはいきませんでしたが。


西武 9-2 オリックス (2試合目)

先発は石井一と山本省吾の左腕対決。
初回に中島の先制2ランで先手をとるも、直後にカブレラのソロでオリックスが追撃開始。
しかし西武が3回に中島のタイムリーと中村の2ランでさらに4点を追加、5回にもエラーや星のタイムリーで3点を追加し、試合を決定づけます。
石井一は7回を7安打されながらも要所で三振を奪う粘りの投球で2失点に抑えます。
打線も開幕当初の低調ぶりからだいぶいいかんじになってきましたね。中島は一人5打点の大暴れ、そして中村もようやく待望の今季1号。
しかし下位打線から上位につながった状況を考えるとやはりオリックスの打線は怖いですね。ベテランの田口も元気ですし、こういう展開でも一歩間違えれば一気に流れを持っていかれるという怖さがありますね。
新人左腕の宮田も少しだけ見ましたが、クイックは速そうですがわりと上体で投げるタイプなのかな?というかんじ。
まあ投球にかんしてはもう少し見てみないとわからないですけどね。


西武 4-5 オリックス (3試合目)

先発は西口と近藤。出来ればこのまま勢いで3連勝といきたいところでしたが・・・
先制したのは西武。中島のヒットのあと中村の犠牲フライで1点を先制。しかしこの場面、もっと点取れてたよなあ・・・これが後になって響いてきます。
2回には上本と栗山のタイムリーで2点を追加し、3-0と主導権を握ります。
この流れのまま行きたいところでしたが、西口がつかまります。
4回にソロ2本で1点差に迫られると、5回には四球の走者を置いて3ベースで同点、さらにタイムリーで逆転。
西武は7回に相手のエラーで同点にし、さらに逆転のチャンスもそれを生かせず。
結局延長10回にシコースキーが失点し、そのままゲームセット。
まあ西口が悪いのもそうですが、やはり取れるときに取らないとこうなりますよね。
しかしシコースキーは貧乏くじ引かされてる感じするなあ(´・ω・`)
2010.04.09 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/581-a060ce82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。