上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ちょっと体調崩したりなんやらで、しばらくブログの更新が滞ってました_| ̄|〇
シーズン始まったら書くネタいっぱいあるのにこれじゃダメだな(´・ω・`)

というわけで、まずは対ソフトバンク3連戦から

西武 3-2 ソフトバンク(1試合目)

この試合の先発は前回大炎上の岸。
今回は7回までノーヒット、ただし四球を先頭打者に出してピンチもあったりのピッチング。
しかし打線のほうはGGのホームランなどで3点の援護。岸は7回わずか2安打でしたが、7回にそのヒット2本をからめた2失点で1点差に迫られます。
そこを踏ん張ったあとはリリーフが抑え、結局3-2での逃げ切り。
一方ホールトンは6回3失点、自責点2とまずまずながらも見殺しの形に。



西武 9-4 ソフトバンク(2試合目)

先発は石井一とルーキーの巽。巽は西武が獲得の噂もあった新人だけにどういう内容の投球をするのか楽しみでしたが・・・
ソフトバンクが小久保のタイムリーで先制するも、直後に片岡が先頭打者アーチで同点に。巽のプロ初マウンドの最初の成績は被弾という形になりました。
その後も4回表に多村が2ランを放つも、直後の4回裏に先頭のブラウンに四球、そしてGGに2ラン被弾で同点に。
取ってもらってすぐ取られているようでは辛いですね・・・
そこから四球などでリズムを崩し、傷口を広げたところで降板。そのあと後続が打たれ結局4回途中6失点という内容でした。
その後も西武は小刻みに加点し結局9点を奪います。石井は8回3失点と先発の役割を果たし、これで連勝。



西武 5-11 ソフトバンク(3試合目)

まあこの試合に関しては先発西口の炎上が全てでしょうね。
3回に四球とヒットでピンチを作ると、タイムリーと犠牲フライなどで一気に4失点。
4回にも二死から2ランを被弾し、合計6失点。これでは試合になりませんね。
打線は和田から4点を奪い2点差にするも、長田が3失点、野上が2失点と止めをさし11失点の大敗。
それでも3連戦のスパンで見れば勝ち越せたのでよしといったところでしょうか。


対日ハムはまた次の記事にでも。
2010.04.05 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/579-3fb0787e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。