上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 18-0 ロッテ

勝利投手・涌井
敗戦投手・渡辺俊


昨日は西口が粘りの投球で、カード3連勝でついに借金は1に。
これで交流戦までにできれば借金返済したいと思っていたのが、ついに目前まできました。
さて、こうなってくるとこのカードを勝ち越してできれば5割で交流戦突入といきたいところです。
先発は涌井と渡辺俊介、涌井は今年かなり安定しているので、できればここで借金返済してしまいたいところ。

両先発の立ち上がりは、涌井は2回に二塁打を浴びてピンチを背負うものの、落ち着いて抑えそれ以外はさほど危なげなし。
渡辺もストレート主体でぐいぐい押していくピッチングで3回までお互いに無失点。
このまま投手戦の我慢比べになるかと思いましたが、4回に試合が大きく動きました。
中島がヒット、中村が死球、そして義人さんが二連続バント失敗のあとにセンター前とうわけのわからん攻撃で無死満塁。
ここでGGが初球を打ち2点タイムリー、これでまず西武が2点を先制。
さらに無死二三塁も、大崎は痛烈なセカンドゴロ、炭谷はファーストゴロ。これでチャンスを潰したと正直思ってました。
「無死二三塁で1点も取れないってどうよ…」と思ってた矢先、ボカチカの3ランで3点を追加、これでこの回一挙に5点を奪います。

6回には一死一三塁で相手のフィルダースチョイスで1点を追加、さらにボカチカのファーストファールフライの際にファーストベースカバーがいないのを見て炭谷がタッチアップ、相手がセカンドに送球し挟殺プレーをしようとした隙に大崎がホームを陥れてこれでさらに1点追加、7-0とします。

7回には打者12人、この回だけで8点を奪う猛攻で15-0に。攻撃が長すぎるので内訳は省略しますけど(爆

8回にも3点を奪い、18点目。どこまで取るつもりなんだと。
涌井はこれで守備までの間隔があいていたので、正直ちょっと心配でしたが結局8回終わった時点で99球、9回にピンチこそ招くものの結局120球で今季初の完封勝利。

エースが投げて打線が大爆発、言うことなしなんですがどう考えても明日帆足が見殺しにされそうな気がしてならない(;´Д`)
まあ何はともあれ借金返済ですし、会心の勝利には間違いないので素直に喜んでおきます。
さて、後はこの勢いでせめて5割維持のまま交流戦に入りたいもんなんですけどね。
2009.05.16 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/532-cd8d9253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。