上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 7-2 ソフトバンク

勝利投手・石井一
敗戦投手・ホールトン

前日は中継ぎに希望が見えてきた勝利で、このまま波に乗りたいところですが、今日の先発は前回1回6失点とプロワーストでのKO、いまだ今季勝ち星なしの石井一。
ホールトンよりも石井がきちっと投げられるかのほうが気になってましたが…

その石井一、3回をパーフェクトと完璧な立ち上がりを見せます。
一方ホールトンも2回までパーフェクト、しかし3回に先頭のボカチカがソロで、西武が1点を先制。
4回表には石井一が四球、犠打エラー、ワイルドピッチなどでノーヒットで無死二三塁と、器用なピンチの作り方をしますが、ここを三振、サードゴロホーム封殺、三振でなんと無失点に。
するとその裏、またもボカチカがソロで2点目を追加。ここまで両チームあわせてヒットは2本、それがすべてボカチカのソロという不思議な展開にw

5回終わってノーヒットだった石井一ですが、6回二死走者なしから川崎に二塁打、そのあと連続四球で満塁のピンチを招きます。ここは長谷川を切ってなんとかピンチを脱しますが、7回先頭のオーティズにも二塁打をあび、ここで降板。
6回被安打2のわりに、えらくピンチがでかかったのは気がかりですが、それでも今までよりは断然いい投球内容でした。
代わった大沼が柴原にタイムリーをあび1点差、なお二死一塁のところで星野にスイッチ。ここは星野が抑えます。

7回裏二死までは好プレーでヒットを防いでいたソフトバンクでしたが、ボカチカがストレートの四球で塁に出ると、銀仁朗の打球をレフト長谷川がスライディングキャッチを試みるも失敗、それだけならまだしも拾いにいってさらにつかみ損ね、その間にボカチカが一気にホームイン。これで貴重な追加点が入ります。
さらに平尾が代打で四球を選びと、バッテリーエラーの間に走者が進塁。片岡の2点タイムリーでダメを押し、とどめは栗山のレフトへの2ラン。これでほぼ試合は決まりました。
ただ、その直後の8回表、星野が左に連打を食らってたのが気になりますね。
5点差あるしここは勝ちパターンの投手としてしっかり仕事をはたしてほしかったです。四球も多いですし、今年の星野は信頼できないのが痛い。そのあとの岩崎はゲッツーの間に1点失いましたが、被安打はなし。でもちょっと球が荒れすぎてましたね。もう少しまとまってくれないと厳しいかも。

何はともあれ、栗山がいい形のホームラン打ってくれて、石井一もいい投球だったのでこれで復調してくれたらいいんですけど。久しぶりのカード勝ち越しがいい内容できまったので、グラマン復帰も無理な見切り発車はしなくて済むといいなあ。
2009.04.30 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/523-94ab9cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。