上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 12-5 ソフトバンク

勝利投手・西口
敗戦投手・大隣
セーブ投手・平野

タイトルは本文とは特に関係ありません(何
昨日は壮絶な譲り合いの末どちらも無駄に残塁を積み重ねるという、見ているものに徒労感を味あわせるだけの苦痛しか残らない拙攻合戦でした。
今日は西口と大隣、西武からすれば負け越しがなくなったのでとりあえず大丈夫というかんじで、気楽に見れるはずでした。

試合のほうはまず復帰したばかりの片岡が、幸先よく二塁打でチャンスメーク。しかし、昨日は二度も無死三塁で無得点をやってるだけに、こんなもんで気を許せるはずもなく、どうせ拙攻だろうと思ってました。
が、佐藤友のバント、そして中島の犠牲フライであっさりと先制。なんでこれを昨日できなかったのかと小一時間(ry
3回には片岡のソロでさらに1点を追加し、これで2-0に。
しかし、リードをもらった西口がピリッとせず、直後の3回裏にはヒット、バントからあっさりとタイムリーを許しこれで1点差。
さらに本多に四球を与えて続く川崎には3ラン、これで2-4と試合をひっくり返されます。
ソロ被弾なら許せるんですけど、最近の西口は走者置いての被弾が目立つのがなあ…
一方西武もすぐに反撃。中村がヒット、GGがタイムリーで1点差にすると、今度は平尾の2ランで再び逆転。
さらに5回には走者二人を置いて中村の3ランで8-4と一気に突き放します。
これで試合は決まったかと思いましたが、6回裏に西口が連打、さらにバントで一死二三塁とすると、代わった松永が四球、さらに内野安打で1点を返され8-5、3点差とされてさらに満塁。
松永は一つのアウトも取れずに正津にスイッチ。ホントなにしに出てきたんだ('A`)

代わった正津が森本、本多を押さえてピンチを脱すると、7回には佐藤友、中島を置いて中村が2打席連発となる3ランを放ちこれで11-5、事実上の止めとなりました。
このあと細川にもタイムリーが飛び出し、最後は平野が3イニングを0で抑えてゲームセット。
それにしても投手陣の不安定さがよくわかる試合でした。
打線が活発なのはいいですが、これだと長丁場では上位にいられそうにないですね。
今から先のことを考えると頭が痛くなる、そんな試合でした。
2009.04.17 Fri l 野球 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
失礼しました
2009.04.17 Fri l かず. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/516-15f2c3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。