上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 5-2 楽天

勝利投手・小野寺
敗戦投手・長谷部
セーブ投手・グラマン

岩隈相手に初戦を取り、気分よく3連戦に入れそうな状況で、先発は去年非常に好調だった帆足と2年目の長谷部の対決。
ローテの中心選手とこういうキャリアが浅い選手だと、顔合わせを見た時点では勝てそうに思えるんですが、いざやると打ちあぐねてずるずるいき、援護がないまま相手にミスをつけこまれたりしてそのまま敗戦なんてことがよくあると、メッセでだべっていたわけなんですが。

いざ試合が始まるとまさにそんなかんじの展開に。
初回、片岡が死球で出塁するも、その後は三者凡退でつながらず。逆に帆足はいきなり二塁打、ヒット、四球で満塁のピンチを招きますが、ここから三者凡退で点を許さず。心臓に悪い立ち上がりもいいところだ(;´Д`)
2回も先頭打者を出した西武ですが、こちらもやはり無得点。
せめあぐねていましたが、5回にヒットと四球でチャンスをつくり、バントでチャンス拡大のあとに今日スタメンの佐藤友が2点タイムリーで先制。
状態はいいのに他の外野手も調子がよくて、なかなか出番がもらえませんが、それでも出てきてきっちり仕事をするあたりいいですね。赤田もボカチカもいいだけに全員が出れないのはもったいないですが。
下位打線がこうして上位につなげてくれるのは非常に大きい。

しかし、帆足も直後に鉄平のタイムリーで1点を返され、1点差で7回裏へ。
ここで渡辺直人がヒットから盗塁、そして高須のタイムリーでついに同点。帆足は無念の降板となり、勝ち星はおあずけに。
代わった星野が抑え、8回途中からは小野寺がひきつぎ、同点で9回へ。
先頭のGGがヒット、代打赤田のバントのあと、ボカチカが四球。細川が倒れたあと、先制タイムリーの佐藤友がここで勝ち越し2点タイムリー。
最高のところで打った佐藤ですが、これで4打点と大暴れ。

最後は前回サヨナラ負けのグラマンがきっちりと3人でしめて終了、これで楽天戦の勝ち越しが確定しました。
片岡の状態は心配でしたが、骨に異常もなくただの打撲らしいので、とりあえず一安心。
栗山も3戦連続ヒットと状態があがってきているので、これで波に乗りたいですね。
あとは投手陣。全体的にまだ調子が上がってない人が多いので、そこがなんとかなればというところです。
2009.04.12 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/512-9c988b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。