上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 5-2 ロッテ

勝利投手・涌井
敗戦投手・清水直
セーブ投手・グラマン

まあ、一言でいうなら酷いバカ試合でした。
何が酷いって、西武の拙攻っぷりが酷いことひどいこと。
片岡がヒットで出るも、盗塁で刺されたり、四球で走者をためても中島が強烈なライナーゲッツーになったり。
不運な面もありますが、それでも酷かった。
特に4番と5番が大ブレーキでしたからねえ。ちなみにスタメンは

1・片岡(二)
2・栗山(左)
3・中島(遊)
4・中村(三)
5・石井義(一)
6・GG佐藤(右)
7・清水崇(DH)
8・細川(捕)
9・ボカチカ(中)

左右を考えてボカチカはないとふんでいたんですが、9番スタメンに。そしてOP戦で調整不足と思われていたGGはクリーンアップを外されて6番に。
この打順が当たっていたかとというと、中村と石井が打線を切ってしまってましたからねえ。
片岡は4の4、栗山は四球を選ぶものの、中島はいい当たりが正面をついたり。
中村にいたっては打てないのもそうですが、守備も('A`)
まあ育てながらという方針なので、この4番に胃が痛い思いをさせられるのは織り込みで見ないといけないんでしょうが。
で、試合のほうは酷い拙攻を繰り返しているうちに、涌井が崩れて井口に2点を取られるとそこからがもう酷いgdgdのピッチング。
結局点は取られないものの5回終わった時点で110球という非常にテンポの悪さをかんじさせる投球でした。
攻撃のほうも5回までで二桁安打もボカチカのソロだけというリズムの悪さで、これはもうだめだろうと思っていましたが、清水の3本目のヒットとGGのヒットで走者をためてから細川が甘い球をスタンドに叩き込み、このスリーランで一気に4-2と逆転。
その後にも赤田の代打二塁打から細川がバント、そしてクソボールをボカチカが無理やり犠牲フライにしてこれで5-2にすると、岡本、大沼、グラマンとつなぎゲームセット。なんとか逃げ切りました。
リリーフでは内容は大沼が一番よかったなあ。
3人相手に9球で三者凡退、1奪三振と文句なし。
グラマンは福浦にあわや二塁打のあたりを打たれてましたし、岡本はバタバタしてましたしねえ。
GGのフェンス直撃→二塁で余裕でアウトとかいろいろとネタのつきない試合でしたが、まあ勝てて一安心。
明日は帆足対小林宏、この顔合わせってオーティズがボールにグローブたたきつけた試合と同じ顔合わせだ(どうでもいい
2009.04.03 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/507-8220495c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。