上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 5-0 巨人

勝利投手・岸
敗戦投手・グライシンガー


昨日はいきなり試合がぶっ壊れ、さらに不可解な判定もあり、gdgdのままの敗戦で非常に後味の悪い敗戦でした。
やっぱり点取ってさらに先発が試合作らないと西武に勝ち目はないな、と改めて痛感。

で、今日は後半戦のエースだった岸と、巨人の勝ち頭のグライシンガーが先発。
グライシンガーは交流戦では打ち込んだ印象が強いので、ここで流れを変えないと事実上の陥落でしょうね。

試合はいきなり西武が先手を取る形に。先頭の片岡がヒット、盗塁。そして栗山のタイムリーと流れるような形で先制。
そこから更に無死二塁、一気にたたみかけるチャンスでしたが、後続が続かず。
こういうことがあると、大概打ち崩すに至らずにダラダラといくか、相手にチャンスを与えてしまうことが多いんですが、岸が3回まではノーヒットの好投で流れを渡さず。
すると4回、中島が死球をくらうと一触即発の空気に。
まあ内角を突かれることが多いし、シリーズで自身二つ目だからイラっときたのもあったのでしょうが、一昨日こっちは一試合で4つぶつけてるからなあ…
それはさておき、中島が歩くと、ここで中村が2ランをうち、貴重な追加点。ここまで苦しんだ内角一本にしぼっての一撃ですが、よく飛んだホームランでした。

岸はこれでさらにリズムにのると、単発のヒットはあるものの連打は一切許さず、三振を奪い続けます。
6回にはさらに2打席連続となる中村の2ランで5点目を取ります。
このリードを岸が守り、終わってみれば完封、被安打4で四死球もわずか1個。
日本シリーズ初登板で完封、さらに毎回奪三振と言う事無しの投球。ゲスト解説の工藤が絶賛してたのはちょっと嬉しかったなあ。
岸がもう先発することはなさそうなのが非常に残念ですが、なんにせよこれで星取表は五分に。
できればDHなしの東京ドームでは好調な涌井に任せたいけど…リーチかけられたらどうしようもないしなあ。難しいところ
2008.11.05 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/462-61799c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。