上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 10-3 日ハム

勝利投手・涌井
敗戦投手・グリン


西武ファンとしてはようやく始まった第2ステージ。
先発は随分前から第1戦の先発を任されていた涌井と、グリンの対決に。

涌井は1回に、二死からヒットを打たれるも無難に抑えてまずますの立ち上がり。
すると西武は、同じく二死から中島のソロであっさりと1点を先制します。
いい形で点を取れたので、すんなりと打線が入っていけたのはあったかもしれませんね。

2回表、今度は涌井がヒットや四球で満塁のピンチを招きますが、ここも三振で抑えてなんとかしのぎます。この回、全てアウトは三振でしたが、球数が非常に多く、今日もgdgdの投球になりそうな予感がしてました。

3回表も涌井が無失点に抑えるとその裏、打線が爆発します。
まず栗山を置いて中島が2ランを打ち、これで3点目。さらに二死から中村、石井義人の連続二塁打で1点を加え、佐藤友が四球で出塁し二死一二塁。
ここで細川のタイムリー二塁打が飛び出し、さらに2点を奪い、この回で一挙5得点。
6-0と試合の主導権を握ります。

4回にも片岡の3ベースのあと、栗山がタイムリーを打ち1点を加え、さらに中島のヒットのあとに後藤がダメ押しとなる3ランでついに10点に。
事実上この回で試合を決めます。

涌井は走者を何度も出しながら、なんとか抑える投球で6回をスレッジの1発による1失点にしのぎます。しかし、内容としては球数が非常に多く、5回で100球を超えるなど正直見ててイライラさせられたというのが本音でしょうか。
本当にダルとぶつからなくてよかったな、と。

試合後半は多田野からヒット1本は打つものの、他には完全に抑えられたり、最後には星野が原のエラー絡みで2失点して、相手の打線に明日以降の足がかりを作らせるなど、完勝とは言いがたい内容でした。

それでも、シーズン終盤の最悪のチーム状態から打線が復調したということを見せてくれたのは頼もしい限り。
これでアドバンテージも含めて2勝、ダルが相手になることを考えると今日の勝利は必須だっただけに大きな勝利だったんじゃないでしょうか。
2008.10.17 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/429-1e69fc94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。