上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
なんかボカチカとデーブがもめたらしいですねー。
この大事な時期になにやってんだか('A`)
雰囲気悪くなって敗退とかになったらマジでふざけんなってかんじですけど。

さて、前回からの続きを。

・平尾 博嗣

 打率.258 2本 9打点 得点圏打率.304 出塁率.293

今年も例年通りの貴重な控えとして活躍。
特に7・8月は4割前後という大爆発。五輪組不在でメンバーが手薄になるところでこの活躍は大きかった。
やはりレギュラーで出るのは少し厳しいところがあるが、サブとしては頼りになる。
サードで守れる人間も手薄なので、そのあたりでも貴重な戦力。


・松坂 健太

 打率.264 1本 12打点 得点圏打率.320 出塁率.316

オープン戦やキャンプ時の大爆発で注目を集めるも、オープン戦後半あたりから失速するとそのままシーズンに突入。
不調を引きずるような形で始まると、あたりも全然出ないままの状態が続いてしまった。
我慢して起用されていたが、結局ファームに落ちてそのまま後半まで浮上せず。
しかし、後半に上がってくるとある程度巻き返しには成功。とりあえず結果は残せたというべきか。
やはり守備力に難があり、肩の弱さが致命的。せめて打撃で定着できるようになりたい。


・江藤 智

 打率.206 7本 17打点 得点圏打率.115 出塁率.297

なぜか打席数の割りに、四球が多く出塁率が高い。
暫定4番で入ることが多いが、前述の通り四球でつなぐことが多かったりする。
今年はヒット20本のうち、7本がホームランとやけに一発の割合が多かった。
貴重な場面で一発を打つなど、大事な場面での活躍も見受けられた。
できれば和製大砲としての経験などを中村に示して欲しいが。


・大島 裕之

 打率.243 2本 7打点 得点圏打率.182 出塁率.333

左の代打として、外野として、序盤はいつも活躍するのだが、失速してから巻き返しができないというパターンが続いている。
特に代打としては打つのだが、そのあとレギュラーだといまいちになり、そしてファームへ…というのが続いている。
同じような役割だった栗山が先にブレイクしたこともあり、ますます厳しい立場に。
守備が悪いというのもやはりかぶっているので、このままだとポジションがなくなりかねないところ。


2008.10.14 Tue l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

あれ?
松坂って肩強いって聞いてたんですが弱かったんですか?
2008.10.14 Tue l ビーンズ. URL l 編集
No title
当初は強肩の触れ込みだったんですけどねー。
いざ一軍で守備につくようになったら肩が酷かったです。
試合で見て正直びっくりしました。
2008.10.15 Wed l リックス. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/425-4b13e0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。