上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 7-2 楽天

勝利投手・石井一
敗戦投手・朝井
セーブ投手・グラマン


昨日ははっきり言って不細工な試合での敗戦。
岩隈相手に幸先よく先制したと思いきや、先頭打者をあっさり出すわ、ほっとけばファールのバントを取って内野安打にするわ、記録にならないエラーは連発するわ、記録になるエラーも連発するわ…
エース相手にこちらは谷間でこんな試合やって勝てるわけもなく、負けるべくしての敗戦。
キニーは立ち上がりがよかったし、先制までの流れがよかっただけに余計に腹立たしい形の敗戦だったわけで。

今日は朝井と石井一、相変わらずいいときと悪い時が両極端で正直また滅多打ちくらうんじゃないかという不安がある石井一だったんですが…

試合のほうは西武は走者は出すものの後続が続かず、楽天は石井一に2回まで抑えられる立ち上がり。
しかし3回表に楽天がヒット、犠打、ヒットであっさりと1点先制。
また前夜のごとくバント処理ミスってgdgdの試合になるんじゃないかと思いましたけど…
こうなると昨日酷い目にあったキニーが不憫だなあ。全部自責点だったし('A`)
で、西武の反撃は4回裏。先頭のGGが四球で歩くと、続く中村の2ランであっさりと逆転に成功。
続く5回裏には、またも中村が今度は3ランで4点差に。
これで34号と、ホームラン王争いでも2位を突き放す形に。
6回表には先頭の内村が二塁打、続くリックのヒットで一三塁とすると、セギノールのゲッツーで1点を楽天が返します。
しかし、6回裏に細川のソロで再び4点差とすると、8回にも栗山のタイムリーで更に突き放します。
谷中、小野寺、三井とつないで逃げ切りを図りますが、三井が二死走者なしから満塁のピンチをまねき、ここでグラマンをやむなく投入。
三井にはここを3人で抑えて復調してほしいところでしたが…
結局、グラマンが最後の打者を無事に抑えて終了。

これで石井一も二桁に到達、マジックも順調に消化中。
GGも二安打しましたし、これでのってくれるといいんですけど。
2008.08.27 Wed l 野球 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

肝心の涌井が8勝止まりなのは気がかりですが、それでも「エース」抜きで二桁3人とは心強い限りですねえ。

しかし今年のタケヤはホント、計り知れないなあ。
まさか40本の大台まで視野に捉えるとは…。
2008.08.28 Thu l ビーンズ. URL l 編集
No title
涌井は復調の手ごたえをつかみかけたところで五輪に行きましたからねえ…

タケヤに関しては、正直20本程度かと思っていたので、ここまでいくとは思いませんでした。
ここ数年は本塁打も一桁と伸び悩んでましたし。
最近は打点も上位に食い込むくらい稼いでますし、あとはもう少し確実性があがってくればいいんですけどねえ。
2008.08.29 Fri l リックス. URL l 編集
ああ、そっか。
単純に1ヶ月抜けてたことを失念してました。
2008.08.29 Fri l ビーンズ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/400-567f6ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。