上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 6-3 日ハム

勝利投手・岩崎
敗戦投手・金森
セーブ投手・グラマン


書くのを忘れていた首位攻防第2ラウンドから。
先発は岸と金沢、今季1軍初登板の金沢が相手ですが、初物にひねられることが多い西武は案の定金沢を打ちあぐね、5回までで1点しか取れず。

逆に西武の岸は2回に集中打と自身の野選もあり、3点を失い2回に早々に降板。
先発の出来を考えれば、まず負けたと思う内容だったんですが…

2番手キニーもぴりっとはしない内容ながら、なんとか2イニングを無失点。
岩崎もなんとか2イニングを無失点でつなぐと、打線が6回に奮起し、2番手金森から犠牲フライとタイムリーで一気に3点を奪い逆転に成功。

9回にはブラゼルの2点タイムリーも飛び出し、さらに突き放します。そのあとのGGのゲッツーは余計でしたが('A`)

最後はグラマンが先頭にいきなり二塁打を打たれるも無失点で締めてゲームセット。
とりあえず一つは勝てたので、3タテさえなければいいという状況のこちらとしては助かりました。
岸の出来が酷かったのを考えてすぐに交代させたのが結果的にいい形につながりましたね。
正直西武の投手陣ではこんなこと怖くてできたもんじゃないはずなんですけど(おい


・西武 3-2 日ハム

勝利投手・グラマン
敗戦投手・武田久


前日はうまく逆転できたので、今日は落としてもまだ大丈夫という余裕を持って望める3戦目。
先発は西口とグリン、どちらも今季は調子がイマイチの両先発ですが、今日は投手戦に。

西口は稲葉に2回にソロを打たれ先制されるも、それ以外は連打も許さず、6回までその1失点に抑える好投。
対するグリンも四球こそ出すもののヒットはなかなか許さずに6回表まで無失点。

7回表、先頭の義人さんが二塁打で出たあと、細川が送り一死三塁。
バッターは佐藤友、犠牲フライや内野ゴロでの得点が期待できるバッター。
しかし、思い切りよく振りぬいた打球は、まさかのスタンドイン(゚∀゚)!
一気に逆転に成功します。正直これには驚いた。

その裏、西口も二死走者なしから一三塁のピンチを招くとここで降板。
一打同点の場面で正津が登板し、ここはなんとか無失点に。

そのまま1点差で迎えた8回裏、3番手の岡本が田中賢介にヒット→盗塁→稲葉のタイムリーであっさりと同点に。これで西口の勝ちの権利が消滅(´・ω・`)
どうも西口は好投するたびについてない気がするなあ。

9回には両チームともグラマン、武田久とリリーフの柱を投入。9回は両軍とも無得点に抑えますが、武田久が2イニング目につかまります。
佐藤友のヒット、片岡の犠打で一死二塁にすると、栗山のタイムリーで西武がついに勝ち越し。
こういうそつのない攻撃を見たかったんですよねえ。

最後はグラマンがまたピンチを招きますが、ヒヤヒヤしながらも何とか抑え、これでこの3連戦なんとか勝ち越しに成功。
西口の勝利が消えたのは残念で仕方ないですが、佐藤友の2ランが無駄にならなかっただけでもよしとしますか。

これで2位とのゲーム差は5.5…と思いきや、ソフバンが勝ったので2位が入れ替わり4.5は変わらず('A`)
まだまだ苦しい戦いが続きそうです。
2008.07.27 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/389-2e45f4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。