上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 1-3 広島

勝利投手・ルイス
敗戦投手・涌井
セーブ投手・永川


高橋建だとばかり思ってたんですが、先発はルイスと涌井に。
まあ、どっちが来ても勝てる気なんてしなかったんで大差ないんですけど。

で、予想どおり涌井が連続三塁打であっさり先制点をとられ、その後もタイムリーでさらに1点を追加。
2点を先制される形に。
一方のルイスは安定したピッチングで、さくさくと西武打線を片付けていきます。
点取れる気配ないなー、と思っていたら、ボカチカのソロで1点差に。
しかし、涌井がまたすぐに1点を取られ、つきはなされます。
ここでも四球がからみ、失点。今年はなんか余計な四球が多いなあ・・・('A`)

結局、この2点が重く響き、3-1のまま終了。
無死一二塁から進塁打さえ打てないようでは勝てる道理もないわけで。
見せ場らしい見せ場はそこだけだったのに、パスボールで進塁しようとして刺されるなどの判断ミスも。

これでDHなしでは1勝3敗、まあわかりやすい成績に。
後ろの投手の重要性も増し、なおかつ貴重な野手の枠を4番が一つ潰して戦力になる野手が実質7人ではさすがにきつい。

これで本拠地でも落とすようなことがあれば、このままずるずる、なんてことになりそうな気配も。
とりあえず月間打率2割切って、ホームランも2本だけのブラゼルは早く引っ込めたほうが本人のためでもあると思うんだけどなあ。

いい時なら形にこだわるのもわかりますけど、チームの勢い自体もちょっと落ちてきてる今は早いうちに打てる手を打っておかないとあとあと手遅れになりそうですし。
2008.05.30 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/368-48452eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。