上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 8-6 日本ハム

勝利投手・小野寺
敗戦投手・武田久
セーブ投手・グラマン

今日の試合はキニー対スウィーニーの両外国人先発。
キニーは最初から四球二つとヒットでピンチをまねくとエラーもかさなり、この回だけで一挙3失点。
不運もありましたが、それよりも1イニングで四球3つはいただけない。
結局キニーはこの回だけで降板、わずか1イニングだけとなりました。キニーも最近打たれてることが多いのでちょっと心配。

一方のスウィーニーはまったく危なげない投球で4回まで四球ひとつだけでノーヒットという完璧な投球。
5回表には大沼がタイムリーや犠牲フライなどで3点をさらに失い、これで完全に勝負あり・・・かと思われました。
しかし、5回裏に先頭のGGがヒットで出ると、その後もヒットと四球で満塁になり細川。
ここでなんとグランドスラムが飛び出し、これで一気に試合はわからなくなりました。

ここからは3番手の星野が好投し日ハムの流れを切ると、6回には中島のソロで1点差に。
そして8回裏、二死二塁からブラゼルのセンター前で同点になると、二死一塁からGGが2ランでついに逆転!
最後はグラマンが締めて試合終了。まさかの6点差をひっくり返すという結末にはさすがに驚きました。

8回はGGが歩かされたら間違いなく同点どまりだったんでしょうけどねー。まあそれはともかく、これで落としたと思った試合が取れたのは非常に大きい。
せっかくだからこのままこの3連戦を勝ち越しといきたいものですが。
2008.05.06 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/351-a0708ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。