上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 4-2 楽天

勝利投手・石井一
敗戦投手・田中

勢いに乗っていた楽天との対決ですが、昨日は楽天の自滅もあり西武が勝利。
今日は好調の石井一と田中将との対決、正直きついんじゃないかなというかんじもしてました。
田中は援護運に恵まれてるかんじが強いですし、なんだかんだで打てないということが多いので。
立ち上がりは石井一は非常に順調、一方の田中も2回までノーヒットと静かな立ち上がり。
しかし3回、リックの3ベースと鉄平のタイムリーで楽天があっさりと先制。やはりこのあたりに援護運をかんじます。
しかし、当の田中がぴりっとせず、二死までいってから片岡、栗山の連打であっさりと同点にすると、中島に四球、ブラゼルには死球で満塁に。
まあここはチャンスでは自動アウトのGGが貫禄の火消しでチェンジになりますが。本当にいまのGGは得点圏で打てる気配がまったくない('A`)

続く4回裏には義人さんと赤田の長打2本で勝ち越し。この2人も出遅れているのでここいらでアピールしてほしいところですね。
6回には満塁から細川の打席で打撃妨害で1点、栗山の打席で押し出しで1点とヒットを打たずにというか打てないから2点どまりというか、とにかく相手からもらう形で得点。
8回に高須のタイムリーで楽天が1点を返しなおも一死一三塁と、いつものごとく拙攻が原因で相手に付け入る隙を見せるパターンでしたが、ここは楽天も打線の調子の悪さを見せて1点どまりに。
まあここで二者連続三振を奪うあたり、本当に石井一は好調なんだなと思いましたが。

このあと9回は小野寺、星野、大沼という明らかに気が狂っているとしか思えないような継投をし、予想どおり先頭打者四球などで一打同点の場面を作ります。
どう考えても勝つ気がないとしか思えないこの継投でしたが、楽天の打線の不調は相当なものでこれでも打ち崩せずゲームセット。
現地観戦とかしてたら絶対に9回は見ずに帰りたいような展開でしたが、よくもまあこれで勝てたものだなと。

OP戦でもロクに試してないファースト義人さんをいきなりやったり、しかも9回に守備固めの上本をださなかったり、ちょっと本気で勝ちたいのかわからなくなる采配でした。
2008.04.05 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/329-efdacebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。