上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 4-3 オリックス

勝利投手・星野
敗戦投手・本柳
セーブ投手・グラマン

今日は開幕戦と同じ顔合わせで先発は未勝利の涌井と開幕戦でその涌井相手に白星をあげた金子。
涌井は初回からランナーをためながらも粘りの投球、一方金子はまったく危なげない投球。
両投手ともに無失点で試合は進みますが、4回に一死満塁から細川のタイムリーツーベースで西武が2点を先制。
そのあと赤田のスクイズ空振りゲッツーで結局追加点は奪えませんでした。涌井が投げると絶対にこういうミスが出るんだよなあ・・・

その涌井、7回にピンチをまねきます。先頭打者のカブレラに四球、続く下山がヒットで無死一二塁に。
続く日高のところでなぜか小野寺にスイッチ。相手は代えづらい捕手ですし、日高のあと右の阿部を挟んで村松、後藤とあたってはいるものの左打者が続くところを考えれば星野が先でもよかったと思うんですが。
この小野寺が予想通り裏目に出て、日高を歩かせた後、木元にタイムリーを打たれて同点になりきっちりと涌井の勝利を消します。
今年は小野寺は岸の勝ちが消せないからどうやら涌井を標的にしたようですね。
まあ昨日の試合で好投はしてましたけど、敗戦処理でならまだしもやはり僅差の場面で投げさせるにはあまりにもあてになりません。
まさかこんな形で三井が離脱した弊害が出るとは思いませんでした。

その後更に村松にヒット、後藤は打ち取りますがラロッカに死球で最悪の押し出しに。
そのあと、明らかに後手になった形で星野を投入しローズは討ち取りますがこれで涌井の勝利はまたもおあずけ。

普段ならこのままずるずるといく、ありがちな負けパターンが目に見えていたんですが、今日は珍しく打線が奮起。涌井に勝ちがつかないからでしょうか?
一死から3連続二塁打で一気に2点を勝ち越しという普段なら絶対にありえない効率のいい形で得点しあっさりと逆転。
あとはこのリードを岡本、グラマンが守って逆転勝ち。
勝つには勝ったものの・・・なんか後味悪いなあ。
2008.04.03 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/327-a9d32811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。