上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 1-2 オリックス

勝利投手・金子
敗戦投手・涌井
セーブ投手・加藤

昨日ついにパが開幕。どちらも開幕投手は初めてというフレッシュな顔ぶれだったわけですが・・・
始まってみるとどちらも持ち味を発揮した投手戦に。
金子は落差の大きいカーブと伸びのあるストレート、一方涌井も切れのいい球で打たせて捕る投球を披露。
ただ、この涌井のピッチングスタイルがのちのち自分の首を絞めることになるわけですが(死

試合のほうはしょっぱなから中村が危なっかしい捕り方で一抹の不安をかんじさせると、2回にはカブレラとの熱い勝負のあとに中島がエラーで傷口を広げるなど、球数を無駄に費やす場面が見受けられたり。

最終的にはバントでチャンスをつぶした上にバント処理でフィルダースチョイスをした西武が自滅に近い形で相手に流れを渡すとそれをオリックスがきっちり生かした形になりました。

投球自体はどちらも非常に見ごたえがあったので、こういうつまらないミスで試合を落としてるのはもったいないですね。
とはいえ、こういうミスは当初から十分にありえることではあったわけですが・・・
それにしても中島の守備があまりにもおそまつすぎる。いい加減コンバート考えないと投手の迷惑も考えたほうがいいと思うんですけどねえ。なにをもって上達したと言っていたのか正直理解に苦しみます。

OP戦の勢いが全くかんじられなかったというか、OP戦はやっぱり打たせてもらってたんじゃないかというブラゼルといい、守備といい、これで勢いに乗れなかったらあとあと相当酷いことになるんじゃないかとどうしてもネガティブな予想しか浮かびません_| ̄|〇
2008.03.21 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/315-c2be1ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。