上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年の西武はBクラスだったわけですけど、今更ながら今年の西武がどんなかんじだったかなー、となんとなく振り返ってみたり。

正直ショックがでかかったので、時間を置かないと冷静に振り返れそうになかっただけの話なわけですが。


で、なにが大きかったかというと、言うまでも無くやはり歯車が狂った時の大型連敗でしょうね。
あの時は連敗しまくってはたまに勝ち、そのあとまた連敗・・・その繰り返しで、最後には大型連敗もしましたし。
そのあと巻き返しましたが、結局3位以内に入れなかったのも今思えば痛かった。あの時に一度でも順位が逆転していれば、また変わったのかもしれませんが。
まあ、もしもの話をしてもきりがないですね。


チームとしては、開幕はいいかんじでしたが、途中から西口の失速が結構響きましたね。
ただでさえ投手が少なかった状況でのローテ2番手の西口の乱調はかなりの損害。そのぶんを岸が頑張ってはくれましたが。
ジョンソンの怪我にいたっては痛いとかそれ以前の話ですね。
結局シーズンの大半を2軍で調整するだけにいたったわけですし。ボール自体はよかったらしいので、投げていたらどうなっていたのかはわかりませんが、今年限りで切られる可能性も大きいでしょうねえ、あの金額であれでは。
小野寺の乱調もひどく、そのせいで落とした試合もいくつかありました。
特に酷かったのは連敗脱出直前までいきながら、逆転サヨナラをくらった名古屋での試合。そのほかにも岸の勝利を何度も消したり、正直今年の小野寺はいいところが無かったといってもいいくらい。
そんな中、岸と岩崎の両新人が奮闘、涌井も最後に失速はしたものの最多勝を取る大活躍でした。
個人的には三井が去年と同じくきっちり成績を残したのは正直意外でしたが(酷い


投手陣に関してはある程度覚悟していたのでまあ仕方ないか、という思いがありましたが、それよりも気になったのは野手のほう。
今年はたしかにパリーグは投手のほうがいい成績を残す傾向が強かったですが、それ以前の問題だと思ったのはカブレラ。
普段なら参加してるはずのドミニカンリーグにも出ず、キャンプでも調整遅れ、しまいには開幕から打率1割前半のお荷物っぷりとお粗末すぎる内容。
途中で帳尻を合わせるように打ち始めたものの、最終成績もいまいちぱっとしないかんじでした。

もう一人酷かったのは和田。開幕当初は5割付近を打ち、4番に引っ張られるように打線全体が低調になりがちだったのに一人で孤軍奮闘でしたが、途中からは逆に大ブレーキに。
特に併殺が酷く、今年は例年とちがって逆方向の打球が減り、引っ張ってはサードorショートゴロを量産。

中島も長打が少なく、ポイントゲッターの3番としては物足りない時期が結構長続きしました。

なによりも、今年は打線全体が凡退で点を取れなかった印象が強かったですね。
以前なら足を絡めて塁を進め、最悪でも内野ゴロで1点という形をよく作ってましたが、今年はサードまでランナーが進んでも結局得点できずというシーンをかなり見た気がします。
片岡や細川は結構犠牲フライ打ってましたが、上位打線にその心構えが足りてなかったのかも。

打線はある程度計算に入れていただけにこれは投手以上に痛い誤算でした。
逆に失策は今年はかなり減ったみたいですね。もちろん数字に出てないエラーもかなりあるんでしょうけど、それでも以前のように無駄にこぼしまくるのが減っただけでもずいぶんマシかなと。

結局、投手力が松坂離脱で低下し、そこにきて小野寺の不調や山岸の故障離脱、そして打線の不調などで歯車が大幅にくるってしまったのかなと。
そしてその狂いをもどすにはチームが若すぎて時間がかかってしまったのが今季の結果に結びついた、そんなかんじがします。

・・・来季のこと考えるとさらに頭が痛いなあorz
2007.11.16 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/270-b942566b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。