上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ただでさえBクラス転落+高卒ドラフトで上位指名権剥奪とかいうコンボくらって凹んでる状況に加えて、西武の来季の人事で止めをさされ、なおかつこの記事を後半まで書いたところで間違って消えるというアクシデントが・・・・_| ̄|〇

ここまでくると更新意欲もさすがにわかない状況なんですが、あまりに書かないと書き方を忘れそうなのでリハビリもかねて少し。

今日で日ハム対ロッテも今日で第2ステージの最終戦、しかも投手は防御率2位のダルビッシュと防御率1位の成瀬、どちらも1点台。この2人が先発というパの頂上決戦としてはおあつらえむきの状況に。
正直この二人の直接対決が見たかったので、私としてはこの最終戦にもつれこんだのは結構うれしかったかも。

ところが、蓋を開けてみるとかなり予想外の展開に。
ダルビッシュは課題の立ち上がり、西岡を出塁させ犠打を許しますが後続を断ち切りまずまずの立ち上がりを見せると、一方成瀬のほうは初回こそ抑えますが、2回から二死二三塁のピンチを招きます。
ここはなんとか抑えますが、続く3回に森本を歩かせると、田中賢介は打ちとって二死までこぎつけたものの、稲葉にヒットを打たれセギノールには痛恨の3ランを被弾。

このあと、4回にも死球と二塁打で1点を失い、ここで降板。今シーズ最悪の出来といってもいいんじゃないでしょうか、成瀬のKOなんて記憶にないなあ。
一方のダルビッシュも、中盤あたりからコントロールを乱したり球がすっぽ抜ける場面がありました。
6回あたりから様子がおかしかったですね。ボールが先行して本人も首をかしげたりしてましたし。

7回に大きなフライを二人続けて打たれ、結局ダルビッシュはここで降板。
7回途中1失点、96球、被安打5、無四球、1失点と数字だけを見ればいいんですが、なんか本人も納得いってない様子があったり、どうもすっきりしない内容というかんじ。
どこかを痛めたとかじゃないといいんですけど。

このあと、成瀬のあとを受けた小林宏からも2点を取った日本ハムが結局逃げ切って勝利。
日本シリーズの出場を決めました。
まあ、最後はマイケルが危なっかしかったですが(爆

それにしてもこれで日ハムは2年連続の1位通過で日本シリーズ進出ですか。強くなったなあ・・・
文句なしの日本シリーズ進出だけにこの勢いで日本一になってほしいところ。



一方でセのプレーオフ第2ステージも開幕。
阪神を破った中日と、1位の巨人との対決が今日からスタート。
中日は阪神に2連勝でいい形でこの第2ステージを迎えましたが、今日の試合はさっそくその恩恵を受ける形に。

先発の予想は巨人が高橋尚、中日は朝倉の予想でしたが、実際には巨人は内海、そして中日は小笠原が先発。
巨人のほうはどちらも左なので中日サイドの打線の組み方にあまり影響は出ませんが、中日の先発が朝倉だとふんで右対策の打線を組んでいた巨人としては裏をかかれた形に。
中日としては、3戦目に朝倉と小笠原のどちらかが出ていた可能性が高いだけに2連勝で終えたからこそできた撹乱というかんじ。

試合のほうは、初回から両チームともに残塁の山を築く拙攻合戦。
特に中日は初回から3回まで全て満塁、1回と2回は無得点。巨人のほうも最初から満塁のチャンスを潰すなど、たぶん生で見てたら相当いらいらしそうな展開。
しかし、3回の3度目の満塁のチャンスに谷繁がタイムリーを打ち2点を先制、続く4回にはウッズの2ランが飛び出し、この回で内海は降板。
一方の巨人は、小笠原相手に谷のソロの1点のみ、小笠原は5回に降板して後続の石井を相手に連打を浴びせますが、結局ショートゴロの1点のみにとどまります。
このあと中日が1点を追加し、そのまま小刻みな継投で逃げ切り。
第2ステージの先手はまず中日が取りました。
結果的に落合監督の采配があたった形になりましたが、なんで高橋尚じゃなかったのかがちょっと気になったり。

次は高橋尚・・・と思わせて今度は木佐貫とかありそうだなあ。
2007.10.18 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/261-e94ad873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。