上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
プロ野球もセパともに全試合の日程が終了して、タイトルも確定。

パリーグでは、個人的には稲葉の首位打者はよく巻き返したなというかんじ。
西武勢では涌井の最多勝と片岡の盗塁王がうれしい限り。
どちらもまだまだ若いのでこれから頑張って欲しいですねえ(*´ー`)

それにしてもパはホームラン数40本越えてる山崎とローズの次が20本台のカブレラと、かなり大きな差が開いてますねえ。
30本台不在ってあまり見ない気が。

あと、投手のタイトルホルダーが今年はかなり若いですね。全員20台前半だし、これからもタイトル争いを引っ張りそうな予感。
成瀬は今年1年間常に安定してましたし、ダルビッシュも去年より凄みがましてますし。涌井は試合を常に作ってて、どの投手もキャリアの浅さを考えると凄い活躍。
打者部門の山崎とローズの争いとは正反対の若い選手ばかりでしたが、どちらも最後まで熾烈で予想できない争いだったので見てて非常に面白かったです。

セリーグでは、高橋尚が初のタイトルとなる最優秀防御率、ヤクルトの新外国人グライシンガーが最多勝など、こちらも予想外の展開に。
野手部門は青木とラミレスが首位打者争い、ホームラン王争いも高橋由とウッズ、村田、ガイエルが熾烈な争いで最後は村田が初タイトル。

今年はかなり多くの部門で例年とは違った顔ぶれが出てきて、新鮮な争いでした。
ラミレスの右打者史上初の200安打なんかもありましたし。

それにしてもヤクルトは本当にいい外国人連れてくるなあ、うらやましい(´・ω・`)

それはさておき、伊東勤が監督を辞任。
まあ、ついにBクラスに落ちた以上、責任を取らないといけないと思うのもわかりますけど、就任当初に蒔いた芽がそろそろ結果を出すかどうかという時期なので個人的にはあと1年くらいはやってほしかったかなあ。
できれば炭谷が育つまでは残っててほしかったというのが本音ですけど。
2007.10.10 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/259-09e2f6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。