上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とりあえず、西武の26年ぶりのBクラスが確定しました。
まあ、だいぶ前からもうほぼ確定でしたが、6連勝でひょっとしたら?
なんて淡い夢を見させてもらっただけでもまだマシかな。
試合については涌井が3失点するもそのあと粘り、三井からグラマンにつなぐもグラマンが打たれて同点、最後は山岸が去年得意だったロッテにフルボッコにされるという悲惨な敗戦っぷりだったので割愛。

こうなると伊東監督が来年も続投するのかがますます微妙になってきましたけど、個人的にはやっと蒔いた種が目を出しつつあるかんじがするので、残っていてもらいたいというのが本音ですね。
臨時に近い形でやっていた伊原監督以外は基本的に長期政権が続いてますし。

やはり次世代の捕手を育てるには適任の監督だと思いますし、采配に関しては左右病とか投手の起用法やら守備の軽視やら言われてますけど(そう思ったこともありますが)経験積んでもらわないとどうにもならない部分もありますし(積んでもどうにもならないこともあるけど

他にも、日ハムのヒルマン監督が退任したり、古田監督も退団するなど、去就が目立ってますね。
選手だと日ハムの田中幸雄や広島の佐々岡に続いて、西武では石井貴も引退を表明。
去年は巻き返していただけにさびしいなあ・・・(´・ω・`)
他にもヤクルトの鈴木健も引退を表明だとか。これで黄金時代の選手は清原と工藤だけですか・・・
さびしいというですが、移り変わりの速さをかんじます。

それだけに、新しく出てきた選手には日本のプロ野球界に残ってほしいものです。
2007.09.27 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/256-a8a1925a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。