上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 4-5 楽天

勝利投手・永井(7勝7敗)
敗戦投手・山崎(3勝3敗)
セーブ投手・小山(3勝1敗14S)

ここまで6連勝、いい形で波に乗れてきてはいる西武。
もう少し早い段階でこうなっていたらなあ、と思わされますが、ずるずるとだらしない試合を見せられ続けるよりははるかにいいですね。

今日の先発は帆足と林恩宇、どちらも勝ち星が伸び悩んでいる・・・というか、林のほうはまだ登板数が少ないですね。

ローテでいえば現状では谷間的存在なのでどちらに転ぶかわからない試合。
先制したのは楽天のほうでした。

3回裏、先頭の牧田がヒットで出塁すると、二者連続ピッチャーゴロで二死一塁。ここで高須がタイムリーヒットを打ち、楽天が先制します。
得点圏での打率がすさまじい高須ですが、やはり勝負どころだと怖いですねえ・・・
このあと帆足は走者は出すものの、6回までをこの1点にとどめます。

西武の反撃は5回、先頭の和田がヒットで出塁すると6番リーファーが四球でつなぎ、中島が送った後二死二三塁から炭谷のスリーベースが飛び出しこれで一気に逆転。
6回にはカブレラのソロ、7回には栗山のタイムリーで1点ずつ追加し、4対1とリードを広げます。

このままいけるかと思われましたが、7回に帆足が捉まり2点差とされると、代わった岩崎が痛恨の押しだしで1点差に。
さらにショートゴロの間に同点とされると、山崎に交代します。

山崎はこの場面は抑えたものの、8回にはヒット3本を浴びついに勝ち越されます。

結局この1点が決勝点となり、投手陣の乱調で痛い敗戦を喫する形に。
いい形で逆転して試合を運んでいただけに、もったいない敗戦でした。

それにしても帆足は一昨年に比べると勝ち運がないというか、自ら手放してるというか。
一時は左のエースとして定着しかけていただけに、これから巻き返してほしいところではありますが・・・
2007.09.24 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/254-759c0f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。