上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 7-3 ソフトバンク

勝利投手・山岸(3勝2敗)
敗戦投手・ガトームソン(5勝7敗)

遅すぎる本領発揮というか、最近はやっと打線にも粘りが出てきて本来の戦い方というかんじがする西武。
シーズンはもう終了目前ですが、せめてひとつでも多く借金を返してシーズンを終えたいところ。

そんななか、今日は先発が大沼対ガトームソン。
ガトームソンといえば、昨日の杉内に続いて西武に対して力を発揮している投手。
昨日の杉内なんて勝てたのは2年ぶりなんだとか。
今日のガトームソンも勝敗こそ3勝2敗ですが、防御率では2.08と非常に安定しているだけに厳しい相手。
しかも先発は最近は試合をそれなりに作ってはいるものの不安要素たっぷりの大沼、なんか連勝はしているものの勝てる気がしない試合が続きます。

試合のほうは、両投手が対照的な立ち上がりに。
大沼は1回から4回までを完全に抑えてまったく寄せ付けない立ち上がりだったのに対して、ガトームソンは初回こそ三者凡退ですが2回にカブレラのヒットのあと和田とリーファーの連続ツーベースであっさり2点を先制されると、中島が倒れたあと中村にもツーベースを打たれこの回だけで3失点。
続く3回にも片岡にヒット、カブレラに死球を与えて、またしてもリーファーにタイムリーを浴びて1失点、この回でマウンドを降ります。

4回にも代わった竹岡を相手に一死から栗山、片岡、GGが三連打でさらに1点を追加、リードを5点とします。
大沼も4回までパーフェクトでこのままスイスイいくかと思いましたが、そうはいきませんでした。

先頭の小久保を歩かせると、ここから一気にリズムを崩します。
大村は打ち取りますが、このあとブキャナン、多村と連打をあびて1点を返されると、田之上にも連続タイムリーを浴びてこれでまた1点を失います。
続く松田を歩かせると、ここでついに降板。勝利投手の権利まであとアウト2つでしたが、完全に立ち上がりとは別人のようになってしまっていたのでこれは仕方ないところ。

このあと山崎がさらに本多にタイムリーを打たれ2点差となり、完全に試合はわからなくなります。
それでも川崎、柴原と打ち取り、この回はなんとかしのぎます。

こうなってくると次の1点が非常に重くなってきますが、その1点を取ったのは西武でした。
6回、先頭の栗山が死球で出ると、片岡はバント。しかしこれが失敗し、走者が入れ替わると、バッテリーエラーなどで片岡は三塁に。
このあとGGが倒れてカブレラは四球、二死一三塁で和田。
ここでタイムリーが飛び出し、貴重な1点を追加します。
このあと8回にもカブレラのタイムリーで1点を追加し、あとは6回と7回を山岸、8回を三井、9回を岩崎と小刻みにつないで試合終了。

これで6連勝と、なんかひさしぶりにまとまった連勝になってきました。
それにしても大沼が登板した試合がここ3試合全部勝ってるっていう事実がいまだに信じられないなあ(ひどい
2007.09.23 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/253-0f057fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。