上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 8-4 日ハム

勝利投手・小野寺
敗戦投手・八木

このところ野球ネタを全く書いてないのでひさしぶりに書いてみようかと。
最近は引越し関連のごたごたで忙しくて、ロクにチェックできてなかったのとネットがつながるころには今まで張り詰めてたものが切れたのとで、ほとんど見てなかったんですよねえ・・・

おまけに西武の調子もどんぞこでAクラスも絶望的ですし、かといって若手ではなく河原や大沼、小野寺が先発ローテとかになっててしかも岸は負傷で抹消など、見る気が失せる要素が満載だったことも重なったり。

そんなこんなで久しぶりにチェックしてみたら、まあ面子が変わってること。
知らない間に山本歩は上がってるわ、赤田も登録されてるわ、炭谷に至っては細川に代わってスタメンマスクかぶってたり。
いつのまにか岩崎の防御率が2点台まできてたり、いかにチェックしてなかったかを思い知りました。
(まあ、一番驚いたのはいつのまにか3位とは9ゲームも差がついてたことだけど

で、試合のほうはいまだにセットアッパーに復帰できずに先発で使われている小野寺と、2試合連続で見殺しの八木の対決。
普通なら八木が勝ちそうなもんですが、やはり西武には相性が悪いのか四球の直後に中島に被弾という形で2点を西武に謙譲。
対する小野寺も2回まではなんとか抑えますが、3回に森本に四球の直後田中賢介に被弾するという同じ形で返礼。
これであっさり日ハムは同点にします。
しかし西武も4回にカブレラのヒットの直後に和田が2ランで2点を勝ち越し。
5回には炭谷、赤田の連打であっさり点をとると、片岡が送ったあとにGGの2ランでさらに2点追加。

最近のGGはあたってるなあ・・・でもタイムリーを期待できないのはなんでだろう(おい
ところが小野寺も、取ってもらったら取られてもいいと言わんばかりに先頭打者にヒットを許すと、二死二三塁から高橋信二のタイムリーで2点を取られます。
後続は抑えましたが、ここで小野寺は降板。

この後、小野寺と代わった山崎がピンチを招きますが、山岸がそこを抑えてあとはきっちり締めて試合終了。
結局小野寺は5回4失点ながら味方の援護に助けられて勝利投手に。
いっそ中継ぎに勝ちを消されて岸の苦しみを味わえばよかったのに(ぼそ

それにしても、1ヶ月ぶりの連勝とは・・・想像以上にチーム状態がひどかったみたいですね。
ここまで野球見る気がなくなるなんて、10連敗したときもなかったのになあ・・・

これでドラフトも上位指名権剥奪されてるし・・・オフに向けてどんどんテンションががた落ちしてる_| ̄|〇

こんなんでサイト更新できるのか今から心配です(´・ω・`)
2007.09.10 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/246-f83cca68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。