上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 6-4 ヤクルト

今日の試合開始前に調べてちょっと衝撃を受けたことが。
細川が最近結構打ってるな、と思って調べてみたところ
打率  細川>松中
打点  細川>和田
本塁打 細川=中島

これだけ見たらものすごい強打者に見えるw

とまあ、そんなことはさておき今日は以前完封した岸が先発。
ヤクルトは比較的安定している館山とあって、岸には立ち上がりに気をつけてほしかったところでしたが、今日は非常にいい立ち上がり。
前回の登板のいい感触を覚えているのか、無駄な走者を出してバタバタすることもそれほどなく、江藤が負傷で交代するも打線も先制していい形の試合展開に。
しかし、6回に岸がバント処理で転倒すると肩に違和感を訴えてまさかの降板。
このあと、正津と星野が揃いも揃ってピンチを広げると一死満塁でその尻拭いをさせられたのが新人の岩崎。
ここを岩崎が併殺で切り抜け、8回は二死からピンチをまねくも山崎がきっちりと抑えて逃げ切り体勢に。
ところが8回、三井が連続ヒットから3ラン被弾('A`)

これで好投した岸の勝ちはなくなることに・・・・これで岸が無失点で降板して勝ちを消された試合は二度目。いい加減にしろ中継ぎ陣_| ̄|○

このあともエラーがらみでピンチをまねくものの、なんとか無失点で抑えて9回。ここは無得点でなんと裏に出てきたのはグラマン。
これには驚きましたが、小野寺を同点で出してもたしかに打たれそうだったことを考えると英断だったかも。

グラマンも走者を二塁に置く場面はあったものの、結局無失点で久しぶりの延長に。
ここで中島が四球のあと、カブレラの2ラン!あたりとしては神宮以外じゃライトフェンス直撃くらいかな?というあたりでしたが。
このあと栗山のソロも続き一気に3点リードに。

あとは小野寺で逃げ切り・・・のはずが、いきなりガイエルにソロ被弾('A`)
このあと度会にセーフティをきめられ、一打同点の場面までいくもなんとか逃げ切り。
しかし、逃げ切り体勢の継投がまったく信用できんのは痛いなあ・・・
星野も三井も小野寺も正津も抑える気配が全くかんじない。
早いところ長田昇格と山岸復帰してほしいものです。左右とかじゃなくまず抑えてくれる投手を使ってくれないとなあ・・・
それにしても岸は大丈夫なんだろうか?(´・ω・`)
2007.06.20 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/193-c4c93829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。