上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 2-3 ソフトバンク

今日は先発が岸対新垣でのスタート。
岸は初回に連打をくらい、1点を失ってなおも無死満塁というピンチを招きます。
実はそこからテレビ見てすぐにチャンネル変えようかと思ったんですが、とりあえず結末を見ようと思って覚悟を決めると、なんとそのあとは無失点で乗り切りそこからは立ち直って好投を続けます。
逆に打線は、新垣相手になかなかチャンスらしいチャンスも作れずにイニングだけが過ぎていきます。

しかし、7回に四球で出た走者に代走柴田。この柴田の好走塁と細川のまさかのタイムリーで同点に。
そのあと、さらにチャンスを拡大してパスボールで逆転!
しかし、ここで追加点を一気に取れないあたりがいまの西武の調子の悪さを象徴しているというか。
それでも岸は7回裏を三者凡退できっちり乗り切り、いい流れできた8回表。
連打でチャンスを作り、二死からまたタイムリーかと思いきや今度は本塁憤死。
こういうところで1点を取れないのがあとあと響いてくるのではと思った矢先に岸が同点被弾(´・ω・`)
星野が後続を切るも、ここで岸の勝ちは消えることに。
8回途中2失点で勝ちがつかなかったり、この勝ち運のなさが西口との決定的な違いかなあ・・・

最後は守備のまずさもあって、小野寺がサヨナラくらって終わり。
取れる時に点が取れずに負けるというのは調子の悪いチームの典型的な例というか。
このままずるずるいきそうなかんじもしますが、早いところ立て直してもらいたいものです。
まさか打線を投手がカバーする形になるとは思わなかったなあ。
2007.04.27 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://swichpitcher.blog84.fc2.com/tb.php/139-7c1d76e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。