上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
もう残り試合もわずか。順位もそうですが個人タイトル争いも佳境ですね。
さて、3位ロッテとの直接対決、オリックスとの対戦をちょっとさぼってましたがまとめて。


・西武 12-8 ロッテ

先発は西口と成瀬。
成瀬はどうも苦手なイメージがあるのですが、予想外の展開に。
西武は3回に片岡のタイムリー内野安打で先制するも、4回に西口がつかまります。
井口のタイムリーで同点にされると、福浦の3ランで逆転、さらに今江のソロで1点を追加され5点を失います。
普段ならこのままずるずるいきそうですが、ここから猛反撃。
5回裏に犠牲フライで3点差にすると、6回にはフェルナンデスの2ラン、中村のソロで同点。
7回表に井口に勝ち越しの2点タイムリーを打たれるも、
直後の7回裏にはフェルナンデスのタイムリーで1点差、そしてまたも中村の逆転3ランでついに試合をひっくり返します。
8回表には福浦のソロで1点差にされますが、8回裏には片岡のダメ押し3ランで12点目、これで勝負あり。
想定外の乱打戦を制し、第1ラウンドをとることに成功。


・西武 4-2 ロッテ

先発は涌井と吉見。
涌井は前回見事な水差しっぷりを発揮しただけに、今回もやらかすんじゃないかとヒヤヒヤしてましたが・・・
先制したのはロッテ。
先取点を取られることに定評のある涌井が1回表にあっさりと先制を許しますが、
直後に西武が反撃。
高山が満塁からタイムリーで2点を奪い、これですぐに逆転。
3回にも高山のタイムリーで1点を追加すると、涌井が7回までを3安打1点に抑える好投。
8回にも1点を加えると9回、シコースキーが1点を失うも逃げ切り成功。
ただ、これでシコースキーが右ひじの張りを訴えるアクシデントも。
ここまでフル回転だっただけに心配ですね・・・他に信頼できる後ろもいませんし。


・西武 14-3 ロッテ

先発は帆足とペン。
正直相手先発の情報がないので、逆に初物に弱い部分が出そうと思っていましたが、打線が大爆発。
1回表にいきなり帆足が2点を失うも、その裏にすぐに栗山のタイムリー、そして中村の3ランで逆転。
2回には再び栗山のタイムリー、3回には阿部のタイムリー。
そして4回には高山のグランドスラムで勝負あり。
終わってみれば14点を奪う猛攻でこのカード3タテ。



・西武 2-3 オリックス

先発は石井一と金子。
この試合は最近好調の石井一と金子の投げあいでしたが、1回にいきなり後藤の2ランでオリックスがまず先制。
しかし西武も2回、6回と1点ずつ返し同点としますが、7回。
石井一がカブレラに勝ち越しソロを打たれ、力尽きます。
打線も結局金子を打ち崩せず、石井一の援護をできないまま試合終了。


・西武 6-5 オリックス

先発は平野と木佐貫。
西武は1回から木佐貫の立ち上がりを攻め2点を奪うと、3回にも中島の2ランなどで4点を加え、そうそうに試合の主導権を握ります。
平野は1回にいきなり二塁打を浴びたりするものの、要所をしめなんとか7回途中まで1失点。
後続にバトンを渡します。
このまま逃げ切りと思われましたが、8回に藤田が連続ソロ被弾、9回にはグラマンのgdgdピッチングなどで1点差、なお一死一二塁となりますが、ここはなんとか岡本篤が抑えてゲームセット。
楽勝のはずがヒヤヒヤの展開に。やっぱり後続が頼りないなあ・・・
グラマンは正直もう現状では通用しないので、他に誰かいれば・・・と思うのですが。


・西武 2-7 オリックス

先発は西口と中山。
西口は3回までに7本のヒットを浴び、2失点。
内容の悪さもあって早々に降板しますが、代わった長田が力投し、7回途中まで無失点に抑えます。
打線も4回に高山の3ランで逆転します・・・が。
8回、小野寺がいきなり先頭を歩かせると、ヒットなどで一二塁。
なんとか二死までもっていきますが、代わったグラマンが大誤算。
タイムリーで同点とされると、満塁から岡田にグランドスラムを浴び、万事休す。
つないできた試合をぶち壊しに。
とりあえずグラマンは下に落としたほうがいいですね、少なくとも勝ちパターンで使う状況じゃない。


とまあ、痛い黒星もありましたが、なんだかんだで気がつけばマジック4に。
敵地での最後の天王山になりますが、なんとか勝って決めたいところ。
せめて1つとれればほぼ決まるんですけどねえ・・・どうなるやら。
スポンサーサイト
2010.09.17 Fri l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
ペナントもいよいよ終盤戦。1試合1試合が非常に大事な時期になってきました。
西武は楽天戦の非常に嫌な形の負けはあったものの、結局勝ち越して引きずらなかったようで。
どこも似たようなペースの1~3位でしたが、そろそろ変動はあるのか否か。
というわけで対日ハム。


・西武 6-5 日ハム

先発は許さんとケッペル。
1回から四球スタートの不安な許さんが、3回につかまり二塁打3本を含むヒット4本と四球などで4点を先制されます。
一方のケッペルはランナーこそ出すものの粘りの投球で、西武打線は攻めあぐねケッペルが降板する6回まで無得点。
しかし7回、代わった榊原、宮西、建山を攻め立て、この回だけでなんと5点を奪い逆転に成功します。
が、8回に藤田が糸井に同点ソロをくらい、試合は振り出しに。
もつれにもつれた試合でしたが、9回に四球などで無死満塁となり、中島が決勝犠牲フライでサヨナラ。
許さんが炎上したときは完全に負けたと思っていましたが、最近はかなり打線が粘りを見せていますね。


・西武 8-3 日ハム

先発は石井一と糸数。
2回表に中田の犠牲フライでまず日ハムが1点を先制しますが、直後の2回裏、坂田の2ランですぐに逆転に成功。
4回表には大野のタイムリーでハムが同点にしますが、その直後の4回裏、今度はフェルナンデスの勝ち越しソロが飛び出すと、そこから原、片岡、栗山のタイムリーで一気に5点を奪い突き放します。
結局この攻撃で勝負あり。
石井一は6回を2失点と無難にまとめると、あとは両チーム1点ずつを取り合うも結局5点差で試合終了。
石井一が投げると試合をきっちり仕上げてくれるので計算が楽ですね。



・西武 0-5 日ハム

先発は平野とウルフ。
まあこの試合はウルフ、稲葉、そして小谷野の3人にやられましたね。
先発のウルフは7回を被安打3、無失点とほぼカンペキな内容。
稲葉には先制タイムリーとソロ、小谷野には2ランとソロの2発。
こういう大事な時期での試合ではやはり平野だと厳しいのかな、という試合内容でしたね。
好調だった打線も久しぶりの沈黙、完封負け。
逆にここまでやられるとあとが引かなさそうな気がしないでもないですが。


なにはともあれ、このカードもきっちりと勝ち越しには成功。
1試合は完敗でしたが、残りの2試合をいかにとったかが大事ということで。
次は3位ロッテとの3連戦、そして18日からは2位ソフトバンクとの3連戦という最後の天王山。
できるだけ貯金を作るに越したことは無いですね。
2010.09.12 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
なんかブログ書こうかなと思うとショッキングな負けが多い気がする。
今回もそんなかんじでしたが、一応勝ち越したし・・・
あんまり振り返りたくないのでさっくりいきますが。


・西武 14-4 楽天

先発は平野と長谷部。
この試合はしょっぱなから長谷部の自滅で勝負ありというかんじでした。
1回になんといきなり四者連続四球で押し出し、そして中村のグランドスラムで5点。
2回も連打とエラーで5点、これで10点。この時点で完全に決着。
平野は6回を11安打あびながらも3失点。まあ大量援護に守られた形ですね。
平野は最近は自信をもって投げるところを見かけるようになってきましたね。
まだあぶなっかしいところがありますが。
中村がこれで復帰第一号。状態が非常に悪かったですが、これでどうやら吹っ切れたようです。


・西武 6-7 楽天

先発は涌井と川井。
ぶっちゃけあんまりな試合だったので振り返りたくないですが・・・('A`)
9回裏突入時点で6-1と5点リード、そして涌井は100球と、どう考えてもこのまま完投・・・という場面でしたが
なぜかここで涌井が大崩れ。
連打を浴び2点差、なお無死二三塁で降板、代わったシコースキーも結局流れを止められず逆転サヨナラ負け。
まさに悪夢というしかない展開でした。
渡辺監督が「今年の涌井のひ弱さが出た」と酷評していましたが、まさにそんなかんじ。
これまでの流れに完全に水を差す酷い敗戦でした。
これで涌井は4失点、5失点、6失点。さすがに不甲斐ないですね・・・


・西武 6-5 楽天

先発は帆足と岩隈。
前日が悲惨な負け方で、しかも相手はエース岩隈。
帆足も中盤戦でボロボロと、勝てる見込みの無い試合でしたが、意外なことに1回にあっさりと1点を先制。
この点を守りたいところでしたが、やっぱり帆足がぴりっとせず。
3回にあっさりと同点にされると、4回に3点のリードをもらったにもかかわらず、5回、6回と2失点ずつ。
せっかく打線が頑張っているのに水を差す情けないピッチング。
それでも9回、中村が3試合連続となるホームランで勝ち越すと、前日の悪夢をシコースキーが振り払い3人で〆てゲームセット。
まあ前日のシコースキーの敗戦は9割がた涌井のせいなので、敗戦投手にされるのはいい迷惑でしょうが。



勝ち越したにも関わらずものすごく後味が悪いカードでした。
まあ、2戦目の敗戦の時に2位、3位が負けたのが救いでしたが・・・
ともあれ、中村がこのカードで完全復調したのが大きな収穫。
12打数7安打6打点3本塁打、この調子で打線をひっぱってほしいところですが。
2010.09.07 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
気づいたら10日もさぼってた・・・いかんなあ
とはいえ7連敗もありなかなか書くモチベーションががが

ざっくりとまとめるとソフトバンクに勝ち越してこれでしばらく首位安泰だぜーと思ったら
7連敗でいつのまにか首位に1.5ゲーム差つけられてたぜっていう・・・('A`)

とりあえず上本のサヨナラ弾で連敗止まったと思ったらまたオリに負けて石井一で勝利してとりあえずは持ち直したかなというかんじ。
現状先発で一番安定してるのは石井かなあ・・・涌井もいまいちだし
シコは最近ちょっと調子落ちてますねえ

打線はとりあえずホセが働いてくれてるだけまだマシですが
なんにせよ中継ぎ以降の不安定さが露呈してますし
色々と安心できる試合運びにならないというのが現状。
しばらくはストレスたまりそうだなあ・・・
2010.09.01 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。