上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
せっかくソフトバンクとの直接対決に勝ち越して
ダルビッシュ相手で敗戦かと思ったら
平野対ダルビッシュで9回二死まで3点リードしておきながら逆転負け・・・
さすがに記事書く心が折れました_| ̄|〇
スポンサーサイト
2010.08.21 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
チーム状態がかなり酷い状態になり、どん底でしたが、どうやら少しは光が見えてきたようで。
逆に下位のチームが上がってきてまれに見る混戦になりつつありますね。

・西武 10-4 ソフトバンク

先発は涌井と山田。
山田は不安定な立ち上がりで、いきなり四死球で走者をためると、中島の1発でまず西武が3点先制。
2回にも二死から連続タイムリーで2点をあげ、5-0と山田をKO
そのあとも後続を攻め、終わってみれば10点を奪う猛攻。
涌井は8回142球、3失点と抜群とは言いがたいものの粘りの投球で12勝目。
とにもかくにも直接対決第1ラウンドを取れたのは大きい試合でした。これで連敗もストップしたのは非常にでかい。


・西武 5-4 ソフトバンク

先発は帆足と杉内。
このところ不甲斐ない投球が続いている帆足、そして対するは杉内と非常に嫌なかんじのするカード。
それもそのはず、この顔合わせは帆足がいまだ勝ち星なしという。
試合のほうは3回に帆足が川崎に死球を与えるとすぐさま走られ、そのあと平尾のエラーで失点というかなり嫌なムード。
さらに4回にはペタジーニのソロで1点が入り、2点差に。
このままずるずるいくかと思ったところ、5回に佐藤友、片岡のヒットでチャンスを作ると、栗山のタイムリーで同点に。
6回には二死満塁のチャンスで杉内の暴投もありついに勝ち越しますが、ここはそれだけの1点どまり。
この1点だけだと厳しいところでしたが、7回にはさらにフェルナンデスのタイムリーと石井の犠牲フライで5点目。
このまますんなり逃げ切りたいところでしたが、長田が8回にスリーベースから犠牲フライで1点を失い、さらに9回はシコースキーがソロで1点を失い1点差に。
最後はヒットを打たれるものの、なんとか逃げ切り成功。
ヒヤヒヤものでしたが、杉内を打って勝てたのは大きいですね。
これでついに首位と0.5差。3タテで逆転という状況ではありましたが、チーム状態から絶望視していたことが現実味をおびてきました。


・西武 7-4 ソフトバンク

先発は大沼と小椋。
顔合わせを見てもわかるとおりの谷間合戦。
こういった状況だとホームアドバンテージ、そして何より前日までのチームの勢いで試合が決まったりするものですが、まさにそのとおりの展開に。
西武は先発の大沼が2回にいきなり3ランを浴び3点のビハインドとなりますが、3回に栗山のタイムリー、そして4回に平尾の2ランで同点に。
5回には中島のタイムリーで1点を勝ち越すと、投手リレーで逃げ切り体勢に。
しかし8回表、工藤が松田もタイムリー二塁打を浴び同点に。田上はホームで憤死となりましたが、これで試合は振り出し。
しかし8回裏、今季絶好調のファルケンボーグから栗山、中島、フェルナンデス、ブラウンと4連打でなんと3点をあげ勝ち越し成功。これで試合を決め、最後はシコースキーが〆てゲームセット。
遠くに見えていた首位ソフトバンクをついに追いつき、追い抜くことに。
とはいえまだ0.5差、そして他の球団も競っている状況。


・西武 9-4 楽天

先発は岩隈と許さん。
この先発を見たらわかると思いますが、試合前の感想としてはどう考えても詰んでいます本当に(ry
な状況でした。
しかし、蓋を開けてみれば意外や意外。
許さんの内容は予想通りというか、不安定な立ち上がり。2回にはいきなり二塁打とヒットで二三塁とされるも、後続三人を討ち取ったり、とにかく走者を出しては抑えるというかんじ。
一方岩隈は3回までは危なげない投球でした・・・が、4回に突如変化が。
中島、フェルナンデスにいきなり二者連続アーチをあびると、大島にもあわやホームランの二塁打、そして浅村のタイムリー。二死から佐藤友を歩かせると、今度は片岡のタイムリーも飛び出し、この回一挙4点。
なんと4回4失点KOという誰も予想しない展開に。
6回には代わった山村から、浅村が嬉しいプロ初ホームランで5点目。浅村は本当に元気がいいですね、この調子でガンガンアピールしてほしいもんです。
7回には半ば相手の自滅の4点が入り、これで9-0と勝負あり。
許さんは相手の拙攻にも助けられ、なんとか7回を無失点に乗り切ると、8回は岩尾がアウト一つも取れずのほろ苦デビュー。3失点しますが、そのあとを小野寺、土肥とつないでゲームセット。
岩隈対大沼というどう考えても負けの顔合わせで奇跡的に勝利する形に。


さて、この記事を書いてる時点ではソフトバンクとは1ゲーム差、さらに5位オリックスまでとのゲーム差がわずか5という大混戦に。
これはどのチームもチャンスが出てきましたね。ソフトバンクは今日連敗を止めはしたものの、6連敗が響いて他のチームを突き放すチャンスを逃してしまいましたね。まあそれは以前の西武もそうだったわけですが。
ロッテもこのところ元気がなく、逆にハムとオリックスが荒らしてきましたね。
楽天は・・・うん、まあ頑張れ(´・ω・`)

13日から帰省するので、またちょっと記事は書けませんが・・・とはいえ15日に戻るので、3連戦終わったら書ける・・・あれ?ペース変わらなくね?
2010.08.12 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。