上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
甲子園に乗り込んでの阪神との直接対決。
友達が言ってた予想とヤフーの先発予想が食い違ってましたが、友達の予想のほうが当たってた時はさすが阪神ファンと感心。


西武 3-1 阪神

先発は石井一と下柳のベテラン左腕対決。
前日どちらのチームも打線大爆発していたので、こりゃ貧打拙攻合戦になると思ってましたが・・・
どちらかというと両投手が持ち味を発揮した投手戦という内容でした。
まあ西武打線は割りと大振りして三振を大量に築いてましたが、その中でも中島は全然下柳にあわずに4三振。

石井一、下柳ともに6回を投げて被安打5、四死球2という内容で球数も似たり寄ったりでしたが、
西武のほうは犠牲フライやタイムリーで2点を奪いそこが分かれ目に。
しかし、6回終わって2-0で前回完投の疲れがあるとはいえ、石井を降ろして出てきたのは・・・

小 野 寺

ええ、負けたと思いましたよ、間違いなく。
期待通りに先頭に四球を与えて、次がバント、さあ炎上の準備は万端となり代打金本。
ピッチャーはこれまた今季防御率8点台の星野、もうダメだと思いましたが・・・
ここは何とか三振に切り、そして長田にスイッチ。いきなり四球は出したものの、次の打者をしとめてチェンジに。反撃の芽を摘みます。
しかし、長田はなんかボールの走りが凄かったなあ・・・またmk-Ⅱモード?
その直後、8回表には栗山のソロで貴重な追加点。
最後はシコースキーが桜井にソロをくらうも逃げ切り試合終了。

長田はいつぞや凄い覚醒を見せるかと思ったら息切れしましたが、片鱗はあるんですよねえ・・・
このまま定着?いやしかし、以前のことがあるからなあ・・・


で、この試合の後に 小 野 寺 封 印 

一軍に平和が戻りました

大沼あがってきたけどな!



西武 6-1 阪神

先発は涌井とフォッサム。
顔合わせ見たら勝ってもらわないと困る組み合わせですね。
しかしフォッサムより上園が来たほうがよっぽど嫌なんですけどねえ、こちらとしては。
西武は1回から中島と高山のタイムリーで2点先制。
一方阪神もブラゼルのソロで早々に反撃し、2-1に。
涌井は阪神をその1点に抑えますが、西武もそのあと犠牲フライで1点は加えるものの2点差の緊迫した展開に。

そして7回、先頭の片岡が6回から代わった上園から四球、そして何度も牽制されながらも盗塁に成功。
そして栗山も四球で無死一二塁と絶好のチャンスになりますが、ここで中島のセンターライナーを片岡が判断ミスで飛び出しゲッツー。
その後も倒れて追加点を奪えず、最悪の展開に。
結局上園には2イニングで四球2つもヒットなし、やっぱりこっちのほうが怖かったかなあ。
その後7回裏はいきなり涌井が先頭に四球を出すも併殺、ヒットを打たれては次を抑えて無失点。
8回はアウト一つから三者連続四球で満塁のあとに城島をここも併殺で切り抜けます。
というか完全に自作自演だろうww

すると9回に西武は相手のエラーもからみ渡辺から一気に3点を奪い5点差に、これで完全に試合を決めます。
最後は星野、そして総帥が閉めてゲームセット。
途中までは緊迫した凄い競った展開だったんですけどねえ・・・

なんにせよこれで甲子園2連勝、今年はセの主催でも順調に勝ち続けてますね。
しっかし・・・勝ち続けても差が開かないなあw
スポンサーサイト
2010.05.29 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりに日曜日に友達と甲子園で阪神対ロッテ見る予定が、雨で中止に・・・ちくしょうヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
そんな欲求不満もありますが、わりと好調キープの西武。

西武 1-3 中日

先発は涌井とチェン。
先制したのは中日。もとチームメートの和田に2ランの手痛い洗礼を浴びます。
その裏、西武も阿部真のタイムリーで1点を返しますが、その直後に涌井は一死二三塁のピンチを招くと、荒木の犠牲フライで1点をさらに取られ、引き離されます。
結局打線はチェンを攻略できず、そのまま1点どまりで試合終了。
たしかに1点じゃ勝てないのもありますが、どうも涌井は今年は常に3点くらいは取られててあまりいい印象ないですね。
帆足と岸がいいというのもありますが・・・


西武 8-0 中日

先発は帆足と中田。
今季ここまで非常に安定感のある帆足でしたが、この日は立ち上がりにいきなりヒットを許したり、二者連続四球を出すなどややバタバタしてました。が、それでも崩れないのが今季の好調たる所以。
粘る帆足を打線が強力援護、3回に犠牲フライやブラウンの2ランで一気に4点奪うと、その後も追加点を奪い8点。
帆足は結局8回途中無失点、その後も完封リレー。


西武 0-3 広島

先発は岸とスタルツ。
帆足と並び今季非常に安定感があり、ナイター連勝もよく取り上げられる岸でしたが、この日は立ち上がりから苦しい投球。
とはいえ、エンジンのかかりが遅いのはいつもどおりなんですが。
3回には梵の2ランで2失点、さらに6回にはフィオのタイムリーで6回3失点。
まあ、責められるほどの内容ではありませんが、それ以上に打線がスタルツに手も足も出ず結局完封負け。
岸で落としたのは痛いですね、今季の交流戦は帆足と岸のおかげで他を落としても最低5割という形だったので・・・


西武 10-7 広島

先発は許さんと岸本。
前日は岸で手痛い敗戦を喫しただけに、ここは取っておきたいところですが先発が許さんということでここで取れるかによって流れは大きく変わりそうな予感。
で、試合のほうは打線爆発。
中日の時もそうでしたが、1試合目おとなしいと2試合目爆発というパターンになってるなあ・・・
中村の満塁弾でいきなり4点先制すると、その後もタイムリーやブラウンの2ランなどで一気に8点を奪います。
許さんも7回2失点と好投し、これは勝負あったかと思った8回。
後を継いだ星野、長田、小野寺らが散々な投球で一気に5点を奪われ、1点差に。
たまらずシコースキーを出しここはしのぎますが、こいつらは・・・('A`)
9回にダメ押しとなる2点を奪い、シコースキーが9回も〆てゲームセット。
しかし、なんか気分悪いというか後味の悪い勝利ですね、主に3名のせいで('A`)
2010.05.26 Wed l 野球 l COM(3) TB(0) l top ▲
携帯の料金を口座に振り込むのを忘れてて、請求書が来たので近所のコンビニ(歩いて5分ほど)まで支払いに行ったら、そのコンビニで強盗が発生したらしく封鎖されてました。
そのあとすぐ近くの銀行に払いに行ったらなぜか案内係の人に「これ期限すぎちゃってるから無理じゃないかな~」とか言われて帰されそうになりました。そんな一日。

で、ヤクルト2連戦ですが


西武 1-0 ヤクルト

先発は岸と館山。お互いローテ上位陣だけに簡単に点は入らないものと思っていましたが、予想通りの接戦に。
もっとも、西武のほうは拙攻の感が否めないところですが。
1回、岸は二死からヒット一本を打たれるも無難に押さえますが、館山はいきな先頭の片岡に二塁打を許します。
しかし、西武はここからせめあぐね、結局先制ならず。
こういう取れるときに取れない嫌な展開だと、だいたいあとでしわ寄せが来ますが、岸はそのあとも丁寧に打者を抑えていきます。
すると、6回裏、ついに均衡が崩れます。中島、中村、ブラウンの3連打で西武が1点を先取すると、8回まで岸は0封。
9回はシコースキーが先頭の青木を出すも、後続を抑えて試合終了。
手に汗握る投手戦でしたが、岸の粘り勝ちとなりました。


西武 3-2 ヤクルト

先発は石井一と石川。
石井一は古巣との対決、石川は今季未勝利だけにかける想いもあったでしょうが・・・
先制したのはヤクルト。3回表に相川の四球、田中浩康のヒットで走者をためると、宮本の2点タイムリーが飛び出します。
が、4回裏に中島のソロで西武も反撃開始。
そのあとは両投手が粘り、1点差のまま7回に。
このまま今季初勝利が見えた石川でしたが、7回裏、先頭の高山に二塁打をあびると、二死までこぎつけながらも片岡に痛恨の同点打を打たれます。
石川はこの7回を投げきり降板、8回に勝ち越しはならずまたも勝利はお預けに。
一方の石井一は3回以外は無失点に押さえ、9回も0で切り抜け9回2失点。
すると9回裏、ヤクルトの林が先頭の大崎に四球を与えると、細川が送り最後はまたも片岡。サヨナラタイムリーで勝負あり、これで石井一は古巣ヤクルトからも勝利し、ついに12球団からの白星に。

監督も記録を知っていただけに白星をつけたかったのか、珍しく9回まで引っ張りましたが、石井もそれに応えて好投してくれましたね。
一方のヤクルトは泥沼の6連敗、石川も勝利ならず。セではヤクルトが好きなだけに頑張ってほしいところですが・・・(´・ω・`)
2010.05.20 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
スタートしましたね、交流戦

土曜に従兄弟の結婚式に行ったり日曜はその反動で死んだりしてて、月曜は書くの忘れてたっていう(蹴


西武 3-1 巨人

先発は岸とゴンザレス。
序盤は岸が苦しみ、ピンチを背負い続ける苦しい内容、一方ゴンザレスは低目を丁寧につくピッチングと対照的な立ち上がり。
岸は1点を先制されてなおもピンチを背負うもののここを切り抜けると、打者2順目以降は人が代わったようなピッチングに。
岸の好投に打線も応え、逆転すると岸は4回以降一人も走者を出さないパーフェクトピッチング。そしてそのまま試合終了。


西武 1-9 巨人

ギコ久が すごい フルボッコ


西武 12-3 横浜

涌井と三浦の先発、三浦の乱調もあったとはいえ、この試合涌井が3安打4打点の大暴れ。
大量リードもあり涌井はすいすい投げて勝利。


西武 6-5 横浜

先発は帆足とランドルフ。
この試合は帆足なら・・・と思っていましたが、思いのほか調子が悪く5回3失点で降板。
打線も援護して一時は5対2と突き放すも、野上の被弾で同点になり、もつれます。
最後は高山のタイムリーでゲームセット。


PS・ OUT 藤田⇔ IN 小野寺

絶望だよ_| ̄|〇
2010.05.18 Tue l 野球 l COM(3) TB(0) l top ▲
交流戦前の最後の三連戦、これが終われば流れが変わることが多いセパ交流戦ですね。


西武 4-0 ソフトバンク

先発は涌井と和田。
この試合はなんといっても涌井につきますね。9回までノーヒットピッチング、9回116球1安打完封。
このところらしくない投球もありましたが、これで乗っていけるといいですね。



西武 1-3 ソフトバンク

先発は許さんと杉内。
どうも許さんはローテ的にエースとぶつかることが多いですね、不運というか。
内容も悪くなかったのですが、結局杉内を打線が打てず敗戦。
二桁安打しながらも1点じゃ勝てるわけもなく。


西武 4-1 ソフトバンク

先発は帆足と小椋。
困った時は帆足、そのくらい今年の帆足は頼りになりますね。隔年なのが珠に瑕ですが、はまったときはやはり頼りになる。
大崎の猛打賞や阿部のタイムリーなど打線は脇役が活躍、勝利。


さて、ここまでは派手な連勝はないものの着実に白星を重ねてきているかんじですね。
しかしブラウンが不調、GGもいないなど色々と不安要素もあったり。
2日しか空いてないので整える時間もありませんが、現有戦力ではたしてどこまでセを相手にできるのやら。
2010.05.10 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
風邪引いたりなんのかんので最近さぼってたのでまとめて更新。

4月27日
西武 3-1 ロッテ

岸の粘投と中村の逆転2ランなどで勝利
岸は順調に白星積み上げてますね。
内容自体はいいとは言いがたいものでしたが、ロッテが打ちあぐねてくれていたのと岸の粘りと。

4月28日
西武 3-1 ロッテ

石井一の7回1失点の好投と大崎のソロなどで前日と同じスコアで勝利。
これで4連勝と快調に首位との直接対決に連勝。この時期とはいえ首位に。


4月29日
西武 5-10 ロッテ

2軍から抜擢された田中靖弘、しかし一軍の現実は厳しくフルボッコに。
1日天下でしたがロッテに勝ち越せたということが大きいのでまあよし。

4月30日
西武 2-3 日ハム

エース涌井で勝ちにいくも、木田に敗れ痛い連敗。
ダルに負けるならまだしも、エースたててこれは厳しい。
涌井は9回2失点も、打線が湿りがちに。これまで完璧だった藤田で負けというのも痛い。

5月1日
西武 0-5 日ハム

ダル対許さん。前回はこの顔合わせで5点取るとかいう奇跡を起しても勝てなかったものの、今回はある意味順当な敗戦。
これで3連敗、4連勝していた勢いはどこへやら。

5月2日
西武 4-1 日ハム

頼りになるのはやはり帆足、ここできっちりと連敗をストップ。
佐藤友の2ランが大きかった。

5月3日
西武 4-5 楽天

完全に勝利パターンと思ってつないだ藤田が誤算、あまりにも手痛い2ラン被弾でまさかの逆転負け。
藤田の神通力も切れてきたか、慣れられてきたのか。

5月4日
西武 6-5 楽天

初回に岸が4失点、直後に1点返すもチャンスをゲッツーなどで潰すなど敗戦ムードが結構漂ってた試合でしたが、
地道に1点ずつ返し同点に、8回に勝ち越されるも直後に同点ととにかく粘り続けた試合。
最後は相手のエラーからタイムリーでサヨナラとタナボタ勝利。
片岡が初回先頭弾、同点タイムリーと好調。

5月5日
西武 19-3 楽天

初回に3点先制、さらに2点追加で楽勝かと思いきや石井の乱調や長田の押し出しなどで2点差なおも満塁まで迫られることに。
しかし、ここで細川の絶妙なピックオフプレーで走者を刺し、そこからは打線が大爆発。
1イニング10得点という大攻勢の後も点を追加し、終わってみれば19点。


ちょっとたまってたので走り書きになっちゃいましたが、今日はこのへんで。
2010.05.08 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。