上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 1-0 ロッテ

勝利投手・野上
敗戦投手・唐川
セーブ投手・大沼


前日は岸の完封勝利で連敗をストップ、しかしチーム状態はほぼどん底の西武。
今日は野上、また連敗突入と正直思っていましたが。

野上は5回まで毎回走者をだす苦しい投球、逆に唐川は6回までパーフェクトという対照的な投球でしたが、試合が動いたのは7回。
野上が先頭に四球を与え、さらにバントとピンチを招きますが、ここを抑えるとその裏。
同じく先頭の片岡がヒット、原が送ると栗山がここで先制となるタイムリー二塁打。
後続は倒れたものの結局この1点が決勝点となり、ベイリスと大沼がなんとかしのいでゲームセット。
まさかの1-0での2試合連続勝利。
特にリリーフが仕事をしたのっていつ依頼だろう・・・

野上はプロ入りして先発初勝利。
これ小野寺がいたら絶対勝利消されただろうなー、間違いなく。
スポンサーサイト
2009.08.24 Mon l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
盆休みで祖母の家に帰省してました。
しっかし朝の6時半から墓参りはマジで勘弁('A`)
それにしてもむこうは涼しかった…アホみたいに暑いこっちに比べて、扇風機すらつけなくてもすごせるというのはやはりいいもので。

高校野球のほうもだいぶ日程が進んできましたねえ、台風が来て二日順延→二日とも勝っていた如水館が敗退というのはなんとも。

西武は・・・もうどうでもいいや(おい
比較的優遇されていたかんじのある小野寺ですが、ついに首脳陣がぶちきれたようで。
小野投手コーチも切れてたみたいですね、まあ試合のぶち壊し方が酷かったので無理もないですが。

とりあえずもう個人成績くらいしか興味ないかなあ、どうせこのゲーム差でかりに3位以内でCSいっても勝ち上がったら何言われるかわかったもんじゃないですし。
まあそれ以前に勝ちあがれないというか、4位の楽天に引き摺り下ろされる寸前ですけどww
2009.08.18 Tue l 日常 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 1-0 ロッテ

勝利投手・涌井
敗戦投手・小林宏

結局上位との直接対決を2カード連続負け越しとし、ゲーム差をまったく縮めることなく終わったわけですが。
今日の先発はその2カードのうち最初の試合で日ハム相手に自滅してしまった涌井。

涌井の立ち上がりはいきなり3者連続三振、2回も先頭にヒットを打たれた後に3者連続三振と2イニングで6つを奪う力投。
一方打線は2回に相手のミスでチャンスをもらうものの、好機を生かせずに点が取れず。
3回に栗山のソロで先制しますが、その後4回表にもチャンスを作るものの得点ならず、嫌な空気が流れます。
4回裏には涌井がいきなり二塁打をあび、どう考えても同点だと思ってましたが、ここは涌井がふんばり無失点に。
7回表には先頭の炭谷が二塁打を打つものの、赤田がバントを空振り、そしてランナーがけん制アウト、さらに後続が切られる最悪の展開に。
その裏にまたも二死満塁のピンチを招くものの、涌井がここもなんとか抑え、そのまま1-0でゲームセット。

涌井が力投して最少点差を守ったといえば聞こえはいいですが、ぶっちゃけもっと楽に勝てた試合だったんじゃないかなあと。攻めでのミスが目立ちますし、涌井も161球も投げてますからねえ。
勝ったものの、上位に食い込めない理由がわかるような試合でした。
2009.08.12 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 12-3 ソフトバンク

勝利投手・岸
敗戦投手・ホールトン


首位日ハムとの対決は初戦で涌井がいきなり自滅で試合をぶち壊し、gdgdのまま負け越しという酷い形に。

3位までに残るには少なくともここのソフトバンク戦は勝ち越しておきたいところですが…
前日は先発が作ったゲームをリリーフが完全にぶち壊し、ふがいない負け。
今日はなにがなんでも勝ちたいところですが、先発の岸はここ最近ぴりっとしない状態が続いていて、正直期待はしてませんでした。

しかし、試合が始まってみれば最近の調子が好対照な二人、立ち上がりも両者ともに予想外のものに。
三者凡退で好調に滑り出した岸に対し、最初から逆球が多かったホールトンは初回からつかまり、栗山にあっさりと先制タイムリーを許すと後藤にはさらに3ランをあび、いきなりの4失点。
一方の岸は3回までノーヒット、4回先頭打者に二塁打を浴びピンチをまねくものの後続を断ち失点を許さず。
ホールトンは5回表に中島にタイムリー、中村に2ランを浴びここで降板、5回もたず7失点KOという形に。
岸は6回にソロをあび1点を失いますが、結局7回をこの1点に抑えて降板。
打線はさらに6回、7回、8回に点を追加し12点という大量点に。
結局この大量点のおかげで押し切り、大勝しました。
が、後続の松永のピッチングは('A`)あの大量リードで出てきて四球四球はないわー('A`)
藤田も期待してたものの痛打されて1失点、このリードだからいいようなものの、どちらももうちょっとなんとかならんのかと。

とりあえず中継ぎはまともに投げられる投手がでてきてほしいなあ。
2009.08.09 Sun l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 6-4 オリックス

勝ち投手・藤田
負け投手・加藤
セーブ投手・小野寺

オールスター休みも明けて細川が復帰し、陣容が整ってきた西武。
グラマンは不在ですが、これから上位との戦いに向けて少しでも差を縮めたいところですが…

今日の先発はこのところ不調の岸とオリックスの勝ち頭の金子。
両者とも1回は3者凡退の立ち上がりでしたが、どちらも2回につかまります。

2回表、中島の二塁打とGGのタイムリーで西武が先制しますが、その裏に岸もつかまり、2本のタイムリー二塁打で3失点、あっさりと逆転されます。

3回には3者連続ヒットから併殺の間に1点を奪われ、これで4点目。
むしろここは1点で済んだというかんじですが、どうにもぴりっとしません。
そのあともヒットや四球で走者をためてはなんとか抑えるとという形で6回を4失点で岸は降板。春先の安定感はどこへやら、このところずっとこんな調子ですね。

一方の金子は6回に中村にソロをあび2点差にされますが、7回2失点と仕事を果たします。
が、代わった香月が2連打から中村に2点タイムリーで同点に、さらに9回には加藤が四球と死球で走者をためると、またも中村が2点タイムリーでついに西武が2点を勝ち越し。

最後は小野寺が〆ましたが、中村が一人で3安打1本塁打5打点と大暴れでした。調子が落ちかけていただけに、オールスター休みでリフレッシュできたかな?
岸の調子が心配ですが、細川がそのあたりをカバーしてくれるとありがたいですね。
2009.08.01 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
ここのところどうにもブログのほうがさぼりがちですね、これはいかん。
というわけで、話のネタにと思ってちょいと夏祭りにいってきました。

いった時間はまだ人ごみがピークになる前だったんで、そこまで混んではいなかったんですがしばらくするとやっぱり酷いことに。
それでもこういった場所特有のなつかしさで十分楽しめましたが。
どう見ても当たるはずがないくじ引きのPSPを見て笑ったり、明らかにぼったくりな値段のジュース見てあれはねーよと言ったり。
しかし、さすがに人ごみがピークにもなると身動きが取れなくなって大変でした。
あと、蚊に結構刺されましたね、虫除けとか使わなかったもんで。

なんだかんだで楽しめましたが、その後疲れたのと腹が減ったのでちょっとぐったりしました。
とはいえ、たまにいくと楽しいもんですね。人ごみがきっついのは勘弁ではありますけどw




あと、祭りとは関係ないけどこんなもんやってみた
本音チェッカー

本音チェッカー

うん、色々と突っ込みどころあるけど、どうやらぐむ様は私にお怒りのようです(爆
2009.08.01 Sat l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。