上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 9-5 ロッテ

勝利投手・西口
敗戦投手・小林宏

昨日は岸がいきなり満塁被弾で試合をぶっ壊し、打線もわざと点を取らないというgdgd極まりない試合で惨敗。
クイック修正してよくなったとかナベが言ってた割にはダメすぎるピッチング('A`)

で、今日は西口が先発。今季は5回3失点ならいいほうという内容ばかりなんですが、今日もまったくそのとおりに。

初回から西武は片岡の二塁打、送ったあとにブラゼルのタイムリーと、昨日のタイムリー大嫌いがウソみたいにあっさりと先制。
それをできるなら昨日も(ry
その直後の2回表、また里崎に3試合連続となるソロを打たれて同点に('A`)

嫌な感じがしましたが、2回裏に先頭の中村がヒットで出塁。どうせまた拙攻だろうと思っていたら、なんとここで後藤が2ランで勝ち越し(゚∀゚)!
2軍で好調でも全然呼ばれなかったゴトタケが打つのは本当に嬉しい限り。できればこのまま定着してほしいなあ。

しかし、西口がまたピリッとしません。4回表には四球の直後に被弾し、これでまた同点_| ̄|〇
予想どおり5回3失点ペースに。
ところが、今日は打線がきちっと仕事をして援護します。

5回には先頭の片岡が四球で歩くと、3割目前まで打率を上げてきた栗山のタイムリーで勝ち越し、中島三振のあとにブラゼルがタイムリー、GGがヒットで続き、中村。
これまでのことを考えると水を注す併殺だと完全に思ってましたが、なんとここで3ラン。さらにゴトタケの2発目が飛び出し、一挙に試合を決めます。

西口は予想通り5回で降板、あとを大沼、正津が失点しながらつなぎ(おい)、岡本とグラマンがしめて試合終了。
これで西口は地味に追い上げてきて4勝目。

なによりも後藤が当たっているのが嬉しい限り。まあ中村と違って少しあたりが止まればすぐに干されそうな気がしてなりませんが('A`)
それにしてもレフトゴトタケは初めて見たときはわが目を疑いました。なんかファースト義人さんもそうでしたけど、これは予想の斜め上としかいいようがない(;´Д`)

それにしても、西鉄のユニフォームは違和感あったなあ。中島とか似合ってなさすぎww
でも大沼や正津が全く違和感なかったのはどういうことだろう(え
スポンサーサイト
2008.06.29 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-1 ロッテ

勝利投手・帆足
敗戦投手・成瀬

交流戦終盤を6連敗でフィニッシュと、予想していた通りセが主導の試合が増えるところで失速したわけですが、正直想像以上で日記を書く気も起きずサボり倒しに('A`)

連敗していたころには采配のまずさも目立ち、後手に回っては勝てる試合を落とすパターンが何度も見られました。
帆足が7回まで1失点だったのに8回も調子がよくないのに引っ張って負けた横浜戦なんかはその典型。

で、gdgdな状態のまま交流戦が終了、ちょうど冷却期間を置くにはよかったのかもしれません。
とはいえ、すでに2位と1ゲーム差までつめられているのですが。

今日からはロッテ戦、涌井と石井一を投げさせないと渡辺監督が発言したことに対してボビーが激怒したらしいですが、正直今の涌井だと回避させる=なめているというのはちょっと・・・

渡辺監督も反論したようですが、前回打球を当てた影響なのか、KOされている石井一と、今年はどうも勝ちきれない涌井では、この交流戦明けで大事な3連戦では少々不安があるのも事実。
調子が上がってきている選手と安定感のある選手をぶつけるのは、戦略上決して間違ってないと思うんですけどねえ。
今日は西武で今季一番の安定感をもつ帆足が先発。采配ミスで勝ちを消されたことで調子を落としていないといいんですが。ロッテのほうは成瀬他、表看板3枚を並べるらしいですけど。

立ち上がり、帆足は1回二死走者なしから里崎にソロをあび、1点を先制されます。
しかし西武もその裏、片岡がヒットで出ると盗塁を決め、栗山のバントがフィルダースチョイスとなり無死一二塁。中島の外野フライで一死一三塁、ブラゼルが犠牲フライを打ちこれで同点。
帆足は徐々に立ち直り、打たせて取るピッチングを見せながらも、今日は割りと奪三振も奪う内容。
打線は栗山のソロ、ブラゼルの2ランで徐々に点を重ねていきます。
まあ、盗塁失敗の後にソロが出たり、ノーアウトで後藤武敏がツーベース打っても後が全然続かなかったりと、チグハグな部分もかなり目立ちましたが('A`)

今日は2軍で当たっていた後藤が昇格してきたのが個人的にはうれしかったですね。
4の3と大当たりではあったものの得点に絡まないゴトタケ(´・ω・`)
とはいえ、この分だと中村なんかよりはよっぽど頼りになりそう。
まあすぐに外されるんだろうけど('A`)
2008.06.27 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
ちょっと用事があったので日本橋の電気街をうろうろしていたら、ソフマップで三国志9を発見。
気がつけば廉価版が出ていて、しかもそれの中古があり、なおかつ中古ソフトが10%引きのゲリラセールがちょうど店に入ってうろうろしているときにスタート。

そして思ったよりポイントがたまっていたという好条件もかさなり、三国志9とパワーアップキットをついつい衝動買い。
で、家に帰ってきていざやろうと思いさっさとインストール。

そのまま始めようと思いましたが、お気に入り武将の趙雲の顔グラが、11のものがやけにかっこよかったのを思い出し、顔グラをツールで差し替えようとネットで調べることに。
が、これが思わぬ苦難の道になろうとは。

三国志11やら顔グラやらでいろいろ検索かけてみるものの、まったく三国志11の趙雲の顔グラが見つからない。
で、結局趙雲で検索したらあっさり見つかったものの、これだけで2時間ほど時間をついやすことに(あほ

そして、こんどは顔グラを差し替える方法を調べ、いざ実行するためにツール集め。
いざ実行してみると、減色した影響か、色合いがめちゃくちゃに(´・ω・`)

これまた方法をしらべ、あちこちのツールを試してみるものの、結局最初から入ってるツールのペイントで十分に対応できたことが発覚。
ただ単に方法を正しく理解していなかっただけという。

なんというか、我ながら自分のポンコツっぷりにやられました_| ̄|〇
結局、ほとんどプレイできなかったなあ・・・
一応、顔グラの差し替え自体は成功したので、これでやっとプレイできる(゚∀゚)
それにしてもプレイする準備段階でこれほど時間かかるとは思わなかったなあ。
2008.06.23 Mon l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
以前は何度か友達に誘われて甲子園に行ってたんですが、最近はお互いの都合が合わなかったりでいけない状況が続いてました。

特に去年は引越しなんかもあって1年間まるまる行ってなかったのですが、昨日久しぶりに甲子園に観戦に。

阪神電車に乗って甲子園駅につき、すぐそばのダイエーで食事の買出し。
さすがに阪神のお膝元だけあって、ここのダイエーは常に阪神がらみの売り出しをしてます。
今でこそホークスの親会社がソフトバンクですが、ダイエーホークスだったころの2003年の日本シリーズは店内がカオスだったんだろうなあ、などと懐かしい話をしたり。

色々と食べ物を買って、いざ甲子園球場へ。
改装してからの甲子園を見るのは初めてですが、なにやら球場周りは板が囲っていて、球場の外壁そのものが直接見えない状況。
ツタが見えない甲子園というのも違和感がありました。

で、いざ球場に入ろうと思って荷物検査をしてもらっていると、友達がいない。
チケット確認されかけたそのとき、友達が売店で風船とかを買ってる姿が。
入り口がそこじゃないと気づいたのはそのすぐ後でした_| ̄|〇
急いでその場を離れましたよ、ええ。
幸い友達はその恥ずかしい状況を見てなかったようでしたが(死
レフト側のスタンドなんてあんまり入らないからわからなかったんだよなあ(言い訳

肝心の席はというと、レフトポール際スタンドの最上段。
階段よりだったのでトイレには行きやすくて便利な位置(゚∀゚)
しかし、最上段は初めてだったんですが、観客席含めて全て見下ろせるのはなかなか壮観ですね。
まわりの客がマナーが悪いのばっかりだったのが気になりましたが('A`)

試合のほうは、大事なチャンスでフォードを使う岡田采配のおかげで、必要以上にもつれ、最後は桧山、高橋光の連続代打成功で阪神の逆転勝ち。
いや、生で見て改めて阪神は強いなと思わされました。
しかし、両チームともgdgdなところが多かったせいか、9イニングでしかも9回裏がなかったにもかかわらず、4時間ゲームに。

帰りの電車が混んでいたこともあって、梅田に着いたころにはヘロヘロになってました。
久しぶりに応援歌を思いっきり歌えてストレス発散にはなったけど、やっぱり疲れたなあw

あと、西武がサヨナラ負けくらったのも疲労感が増える原因だったのは内緒。
2008.06.18 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 6-3 阪神

勝利投手・涌井
敗戦投手・岩田


西武ドームに帰ればなんとかなるかと思った阪神戦、1戦目は石井一が負傷降板し、打線は拙攻を重ねてgdgdの敗戦。
完敗というよりは不運と自滅の重なった惨敗でした。


で、阪神との最後の試合、先発は涌井。
普通ならエースが満を持して、ということになるんでしょうが、前回7失点KOというふがいないピッチングをしたばかりなので正直期待薄。

試合が始まってみると、初回、2回ともに一二塁をまねくという、またか、と思わせるようなピッチング。
しかし、初回にブラゼル、2回に片岡のタイムリーで援護をもらい、涌井も徐々に調子を上げていきます。

涌井は8回にピンチをまねき、これをしのいだところで降板。正直このピンチも自滅に近い招き方でしたが、結局金本の一発のみに抑えて8回1失点。
要所は押さえたという形でなんとか役目を果たします。
打線も岩田を引きずりおろし、8回には中村の一発で6-1に。
まあ、正直もっと取れた場面があっただけに、相手の自滅がなければまた拙攻が目立ったという情けない攻撃もありましたが。

せめて犠牲フライくらいはまともに打ってもらわないとストレスがたまってしかたない。
なんというか得点になる凡退が少ないんですよねえ('A`)

9回には岡本篤がヒヤリとする場面を作り、犠牲フライと内野ゴロで2点を失いますが結局逃げ切り。
なんかすっきりしない勝ち方でした。

阪神ファンにもたいした印象に残らなかっただろうなあ、なんか悔しい。
結局ペナント戦略としては、交流戦のDHなしがかなり痛いですがそれでもいまのところ5割以上でまだこれてるだけマシなんだろうか。

これからが正念場になりそうですけどね。そして広島戦ではルイスが・・・こわいなあ(;´Д`)
2008.06.14 Sat l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 9-3 巨人

勝利投手・西口
敗戦投手・グライシンガー


前日は帆足が7回無失点も。援護なく采配に不可解な点もあり、結局完封負け。
投手交代の難しさもありますが、それよりも野手の采配に疑問がありましたが、それはさておき。

普段は中5日のグライシンガーが中4日、普段は中6日の西口が中5日と未知数の対決に。
試合のほうは初回からGGのタイムリーで先制し、なおも二死満塁までいきますが、その1点どまり。
栗山の牽制死がなければと思わずにいられないチグハグな攻めでした。

すると、取れるときに取らないと逆転されるいつものパターンが発動、あっさりとラミレスに逆転タイムリーを打たれます。

2回に三者連続三振を喫し、このままずるずる行ってまた負けるのかと思いましたが、3回に栗山、中島の連打からブラゼルがスリーランで一気に逆転。
5月の不調がなんだったのかと思うほどの好調ぶりを発揮してますね。
GGも続きますが、細川よりも低打率でしかもチャンスを潰すのが当たり前になってる中村が、ここでも無死の走者を併殺でつぶします。
このあと佐藤友がヒットを打ちますが、盗塁死でアウト。
せっかくの押せ押せムードを中村が一気にぶったぎります。

すると3回裏に先頭打者をいきなり出す嫌な流れになりますが、ここおは併殺を取り切り抜けます。
そのあともヒットを打たれたりして、西口はフラフラしっぱなしでした。
かつての投球に比べると・・・(´・ω・`)

しかし、4回表にはその西口がヒット(!)で出ると、二死から栗山もヒット、そして中島がスリーランで一気に7対2と突き放します。
その裏、ソロを打たれるもののなんとか5回3点で乗り切ると、大沼に後を託します。

正直残り4イニングを考えると、大沼は怖すぎると思いましたが、なんとこの大沼が3イニングを奇跡のパーフェクト(゚∀゚)!

9回にはブラゼルのタイムリーとGGの犠牲フライで2点を追加し、完全に試合を決めると、最後は岡本が三者連続三振で締め。
前回に続きグライシンガーをKOする結果になりました。

西口の調子とかを考えたらこんどは負けただろうなと思ったんですが。
まさかこんな形で勝てるとは思えませんでした。
しかしブラゼルはこれでやっと今季初の猛打賞とか。

それにしても中村はそろそろいい加減にしてほしいなあ・・・('A`)
2008.06.10 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
以前住んでいた実家から、現在住んでいる家に引っ越してから、気がつけばもう10ヶ月ほど経つことにふと気が付きました。

最初引越しの話を叔母に持ちかけられたときは、今まで生まれてからずっと住み続けていた家と離れることなんて想像がつかなかったし、まだまだ先のことだと思っていたわけで。
引越しの話が本格的に現実味を帯びてきたときはかなり驚いたのを今でも覚えています。

なんだかんだ言って、自分にとっての「家」はそこだけ、みたいに考えていたところがあったと思いますし、そこから離れて別の家が自分にとっての「家」になるなんて考えもしませんでしたし。

いざ引越しが始まると、あまりに忙しくて生家に思いをはせる、なんて暇は全然なくて。
引越し業者に荷物を運んでもらってからも、ゴミを別の業者に頼んだり、叔父に残った荷物を運んでもらったりと、ずっと動きっぱなしで、空っぽの家を見たときはやっと終わった、くらいにしか思えなかったなあ(苦笑

しかも真夏にやったから、汗とホコリにまみれて掃除やって最悪だったっけ・・・


あれからもうだいぶ経つけど、ふと気がつけば今の生活が当たり前になってて。
当然といえば当然ですけど、引っ越す前は自分の「家」はあの家以外考えられない、なんて思っていたのに割とすぐになじんでいることに気づくと、そんなものだったのかな、とちょっと寂しくなったり。

生まれてからずっと過ごしていた場所だから、もっと思い入れがあったと思うんだけどなあ、なんて思ったり。
でも、この前久しぶりに用事で以前の家の付近にいったときに、帰ってきたかんじがして、それに妙な安心感を覚えました。
結局、そう簡単には消えないものもあるんですねえ。

久しぶりに以前の実家付近に住んでいた友達にあったからか、なんか感傷にひたってしまってらしくない日記になってしまった(笑
2008.06.08 Sun l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-3 ヤクルト

勝利投手・岸
敗戦投手・川島
セーブ投手・グラマン


昨日は涌井がフルボッコくらって3連勝のいい雰囲気に水を刺されましたが、今日は涌井と勝利数で並ぶ岸が先発。
涌井は去年投げすぎて疲れが出ているのか、どうもピリッとしない内容が続いてますね。

岸も同じようにならないといいなと思っていましたが・・・

先発は川島対岸、ヤクルトの先発川島に初回から片岡と栗山が連打でチャンスを作ります。
しかし、GGともども少しずつ調子を落としている感じがする中島が、ここでゲッツー。
これで二死三塁となってブラゼル。
5月のブラゼルならこれでチェンジ確定ですが、今月は復調してきてこういった場面でも仕事をするようになってきてますね。
そのブラゼル、川島のカットボールをライトスタンドに叩き込み、これでGGと並んでキングとなる16号ツーラン。
状態で言えば今のほうが3・4月よりはいいんじゃないでしょうか。

しかし、相変わらず立ち上がりにフラフラする癖のある岸が、宮本にヒットを打たれたあと、青木に2ランを打たれてあっさりと同点に。初回大量失点の昨日の悪夢を思い出させます。
が、ここで後続を切って、なんとか同点どまりに。

2回表には、中村が二塁打、ボカチカが送って一死三塁。ここで細川の打球が野選を誘い、ここで西武が勝ち越し。まあこのあとの後続は倒れるんですが。

2回裏には岸が下位打線を三者連続三振に取ると、ここから乗ってきたのか、奪三振が非常に増えてきます。もっとも、半分以上は下位打線からなんですけど(爆

ここからしばらくは両投手がふんばりますが、6回に川島が痛恨の押し出し、さらに細川のショートゴロで合計2点を追加します。

7回に岸は1点を失いますが、そこからまた三者連続三振。
8回に当たっている青木を迎えたところで星野と交代しますが、8回途中3失点、奪三振13と先発の仕事は果たしてくれました。
後は星野が青木を討ち取ると、グラマンが最終回、走者を2人出してちょっとヒヤリとさせられますが、なんとか締めて試合終了。

これでDHなしの球場でも五割でヤクルトとの対戦を終え、とりあえずほっと一息といったところでしょうか。
3・5番が調子を少し落としてきているだけにブラゼルが調子を上げてきたのは嬉しいですね。
あとはタケヤも調子があがればいいんですけど・・・

次は東京ドーム。DHなしではおとなしくなることに定評のある西武打線、しかも相手は巨人ということで帆足にはなんとしても初戦を取ってほしいところ。
その次は誰になるか・・・大沼?キニー?
まだわからないのが怖いなあ。
2008.06.07 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-1 横浜

勝利投手・石井一
敗戦投手・桑原
セーブ投手・グラマン


情報によると三浦がきてオワタ\(^0^)/と思ってたんですけど、三浦が登録抹消らしいですね、よかったと思うのも失礼なんですが、これは助かりました。
しかし横浜はここで大黒柱が抜けるのは痛いでしょうねえ(´・ω・`)

で、石井一対桑原の対決になったわけですが。
情報をしらなかった私としては横浜の先発を見てびっくりしました。

こういう時にずるずる抑えられるのが西武なんだよなあ、と思っていたら案の定。
制球が安定しない桑原に対して、何度となく四球をからめてチャンスをもらうものの、かんじんの一本がでない始末。
無死二三塁でも無得点とかが当たり前に見えてくるのがタチが悪い('A`)

で、四球→ブラゼル2ランで得点するあたり西武らしいっちゃ西武らしいんですが、とにかくこういう時の攻めの下手さというか、1点を確実に取れないのが今季は目立つかも。
取れる時は大量に取れるんですけどねえ。

石井一が好投したおかげで、この2点で投手リレーで逃げ切ることに成功。
それにしても岡本の調子が落ちてるせいか、8回があぶなっかしくて見てられませんでした('A`)
いきなり連打くらって無死一三塁とか、接戦で投げさせるのが怖すぎる。

これでなんと、2点以下の得点での勝利は今季初めて。
いかに接戦で弱かったか、投手戦を落としまくっていたのかがうかがい知れますねえ・・・
もうちょっと1点を確実に取れんもんかなあ。
残塁も二桁、8回には大ピンチと普通なら落としてもおかしくなかったわけで。

あと、やっと復調してきたブラゼルが今度は膝の違和感で交代('A`)
なんだかなあ・・・
2008.06.04 Wed l 野球 l COM(3) TB(0) l top ▲
・西武 7-3 横浜

勝利投手・西口
敗戦投手・小山田


一昨日は月初めとしては大勝で幸先のいいスタートでしたが、今日からの2連戦で交流戦はひとまわり。
フランチャイズ中心でまわった一巡目と違い、DHなしの試合が続くのでこれからが厳しくなりそう。

そんなわけで、一巡目最後はDHありのこの2戦、なんとしても取っておきたいところ。
先発は西口と小山田、この顔合わせって西口が絶好調だった05年、17勝を上げた年にあたって完封負けくらった組み合わせなんですよねー。

そんなわけで苦い記憶が蘇ってきたわけですが、今日は先制したのは西武。
2回裏、二死から中村のソロで1点を先制。
しかし横浜も、4回表に吉村のソロであっさりとおいつきます。
西口は立ち上がりから下位打線に四球を与えるなど、苦しい立ち上がり。
ところが、打線の調子があがってきているのか、西武もすぐに反撃に。
4回裏には先頭打者の中島はヒットで出るも盗塁失敗、嫌な空気が流れかけますが、ブラゼルとGGの連打でチャンスをつくり、先ほど先制弾を打った中村。

しかしここはポップフライで二死に。続く義人さんが四球を選ぶと、細川が2点タイムリーで勝ち越し。
直後の5回表、仁志にうまくタイムリーを打たれ、1点差に詰め寄られます。

とられたらまた取り返すといわんばかりに、西武打線が5回裏に、栗山、中島、ブラゼルの3連打でさらに2点を追加。これでまた突き放します。

これで立ち直りきれないのがいまの西口なのか、6回表には吉村に2発目となるソロを打たれ、これでまたも2点差に。
そのあともヒットと四球でピンチを招きますが、代打相川をゲッツーにしとめ、西口は6回3失点。
悪くはないんですが、内容自体が不安をかんじました。
阪神戦ではいいピッチングしてたんだけどなあ。

細川はそれにしてもよく打ってますね、これで2試合で6打数4安打、2本塁打の8打点。
打点が39とか8番の成績じゃないなあ・・・

このあと、細川の2戦連続となるソロ、GGのソロも飛び出し相手を突き放すと、許さん、岡本真、グラマンとつないでゲームセット。
岡本の調子がかなり悪かったので不安でしたが、今日は3人あわせて四球のランナー一人だけ。

とはいえ、やはり後ろが不安なのは事実。
岩崎と三井が復調気配なので、早く面子が揃うといいんですが。
特にDHなしのセ主導の試合では後ろのピッチャーの重要性が増すからなあ・・・

あと、GGが月間MVP取ったそうで。あれだけ打ちまくったなら納得ですかねえ、嬉しいことですが。
少し調子が落ち着いてきたかと思ったらまた今日も2安打1本塁打と、まだまだこれは続く?
2008.06.03 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-3 中日

勝利投手・帆足
敗戦投手・中田


5月は敗戦で締めという形になったわけですが、一応5月は15勝9敗で6つの貯金で終了。
できれば後半の失速がもう少しマシならよかったんですけど、交流戦のDHなしは西武にとってかなりきつそうというのがわかって先行きがちょっと不安。

昨日は本拠地の貴重なゲームにもかかわらず、リードしていたのに岸が逆転されて負け、今日は落とせない試合に。
しかも先発は一番安定している帆足なので、連敗は早く止めたいところですが・・・

今日の先発は帆足と中田、帆足はめずらしく立ち上がりからピンチの連続に。
1回表はヒットと四球、2回は片岡のエラー、4回もヒットと四球などで常に走者を背負う苦しいピッチングに。
しかし、やはり帆足が投げると打線が活発に。
4回裏に連続四球とヒットで満塁から中村のタイムリーで2点を先生すると、細川の3ランで一気に5点をとります。
5回にもブラゼル、細川、片岡のタイムリーなどでさらに5点をとり、この回で10-0と一気に試合を決めます。

帆足は6回に1点を失うものの、6回1失点でお役御免。許さん、岡本篤が1点ずつ取られるものの、結局大量得点が効いたようでそのまま押し切って終了。

帆足はこれで無傷の6連勝、内容は悪かったものの悪いなりにまとめているあたりは、13勝した04年よりもかなり内容が向上してますね。

さて、これで6月は白星スタート。ブラゼルも2安打とタイムリー1本、これで復調してくるのかどうか。
次のカードの横浜がロッテ相手に大暴れしていたり、なかなか不安材料はあるものの、5月後半に悪くなりかけた流れを6月で取り戻したいところ。
2008.06.01 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。