上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 1-3 広島

勝利投手・ルイス
敗戦投手・涌井
セーブ投手・永川


高橋建だとばかり思ってたんですが、先発はルイスと涌井に。
まあ、どっちが来ても勝てる気なんてしなかったんで大差ないんですけど。

で、予想どおり涌井が連続三塁打であっさり先制点をとられ、その後もタイムリーでさらに1点を追加。
2点を先制される形に。
一方のルイスは安定したピッチングで、さくさくと西武打線を片付けていきます。
点取れる気配ないなー、と思っていたら、ボカチカのソロで1点差に。
しかし、涌井がまたすぐに1点を取られ、つきはなされます。
ここでも四球がからみ、失点。今年はなんか余計な四球が多いなあ・・・('A`)

結局、この2点が重く響き、3-1のまま終了。
無死一二塁から進塁打さえ打てないようでは勝てる道理もないわけで。
見せ場らしい見せ場はそこだけだったのに、パスボールで進塁しようとして刺されるなどの判断ミスも。

これでDHなしでは1勝3敗、まあわかりやすい成績に。
後ろの投手の重要性も増し、なおかつ貴重な野手の枠を4番が一つ潰して戦力になる野手が実質7人ではさすがにきつい。

これで本拠地でも落とすようなことがあれば、このままずるずる、なんてことになりそうな気配も。
とりあえず月間打率2割切って、ホームランも2本だけのブラゼルは早く引っ込めたほうが本人のためでもあると思うんだけどなあ。

いい時なら形にこだわるのもわかりますけど、チームの勢い自体もちょっと落ちてきてる今は早いうちに打てる手を打っておかないとあとあと手遅れになりそうですし。
スポンサーサイト
2008.05.30 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-3 広島

勝利投手・石井一
敗戦投手・大島


てっきり雨で中止になると思ってた昨日の試合。
石井一が2回裏にあっさり先制を許すと、味方打線がすぐにおいついてもまた一死満塁のピンチを招くなど、かなり調子はよくないかんじだったので、ずーっと雨が降って中止になるのを望んでました(爆

実際、某実況板でも西武ファンは早く雨降れっていってましたしねえ・・・
ところが、なんだかんだでピンチを押さえると、5回には細川のタイムリーで勝ち越し。
続く6回表には中村の3ランで5-1と一気にリード。こうなればあとは雨が(ry

結局石井一は5回まででお役御免、5回を投げて被安打5、四死球が4つで1失点と相手に助けられる形に。
あとを受けたのは大沼でしたが、この日投げた4人の中では一番マシだったかも。

ヒット2本を打たれるものの2イニングで無失点、その後を岡本に託します。
しかし、岡本がどうも不調なのか、ヒット2本と四死球1つでなんと2失点。
これで岡本と大沼の防御率がほとんど差がない状態に。阪神戦からはっきり調子を落としてるのは心配。
ただでさえ勝ちパターンのリリーフがいないのに・・・

そしてグラマン。前回3イニング投げた影響か、こちらもヒット2本と犠打エラーで無死満塁までいくピッチング。
この日は栗原とアレックスが酷い不調で、チャンスを何度も潰す形で助けられましたが、正直かなり心配な内容。

これで今日は高橋建が相手・・・せめて涌井が完投してくれると助かるんですが。
あ、あと石井一がようやく敵地初白星。これで波に乗っていけるといいなあ。
2008.05.29 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
とりあえず対阪神2連戦は終了、まあ2連敗だったわけですが。
相手もセの首位なので、しかも相手の本拠地でなおかつこちらはローテの中でも一番苦しいところを当てたとなればこうなったのは仕方ないかと。

むしろ、西口と許さんでほぼ互角の投げあいを2試合とも出来たということのほうが収穫。
西口は初勝利から復調気配を見せるようなピッチングでしたし、許さんはキニーとローテの枠争いで少しでもいいところを見せてくれれば。

逆に打線が沈黙、特にブラゼルの不調っぷりと中継ぎの層の薄さが浮き彫りにもなりました。
ブラゼルはもう外してもいいんじゃないかなあ。このまま試合に出しながら調子が上がるのを待つにはDHなしがあまりにも痛すぎる。
ホームランも今月は2本だけ、出塁率も2割ちょっとで四球が全然選べない、チャンスでは併殺で水を差すといいとこなし。
ファームに落とさないにしてもスタメン落ちはいい加減やらないと手遅れになってからじゃ遅い。

中継ぎのほうはやはり三井がいないとなんともならないというかんじ。岡本真がいなかったらと思うと本当にぞっとしますが。正津も上がってきていきなりフルボッコくらった所を見ると勝ちパターンじゃ使えそうにないですし、他はというと星野くらいしかいない現状。
岩崎のほうがまだ小野寺より信用できそうだったけど、なぜあそこまで使わないのかが不思議。
山岸も不調ですし、これはしばらく苦しみそう。先発が揃ってきただけになあ・・・

こうなると先発はいるのに中継ぎが不足してる西武にとって交流戦の日程は逆効果になりそうな。
これからのセの本拠地での戦いはかなり不安です。
2008.05.28 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 1-5 阪神

勝利投手・上園
敗戦投手・小野寺

今日は雨かと思ったんですけどねえ。
試合のほうは西口と上園の両先発、いきなりどちらもピンチを招きながらも抑えるという展開に。

まあ西武のほうは二死からチャンス作ってもGGが四球で歩いて中村に回った時点で無得点は覚悟してましたけど。
西武が6回の表にGGの二塁打で勝ち越すも、このあと一死二塁でまた中村が三振、ボカチカ四球のあと細川も無得点。
取れるときにとっておかないとやっぱり逆転されるんですよねー。

6回裏、西口は金本を討ち取ったところで星野と交代しましたが、できればここは西口に投げ切ってほしかった。
そのツケが結局7回裏に回ってくる形に。
小野寺がいつもどおり連打を食らって試合の流れを阪神にわたし、逆転されると岡本もそれにつられて炎上。
これで一気に試合が壊れ、あとは阪神リリーフに締められて終わり。

やはり西口をもう少し我慢してほしかったなあ・・・
あと、取れるときにとらないとやはりこうなるという典型ということか。

背番号14に関しては語りたくもないしもう今季は顔も見たくないですね。
西口がせっかく粘ったのに勝ちを消されましたし。
2軍でどうぞ頑張ってください。
2008.05.25 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-2 巨人

勝利投手・帆足
敗戦投手・野間口
セーブ投手・グラマン


好調阪神との対決を控え、帆足は阪神戦にまわすかと思われましたが、どうやら巨人戦に左をぶつけたい思惑なのか西口ではなく帆足が先発。
一方の巨人は野間口、昨日はグライシンガーが炎上したため、こちらも必死でくると予想していましたが、はたして。

帆足は初回、先頭の亀井に二塁打を許すと、小笠原の犠牲フライであっさりと先制を許します。
ちなみに西武が先制をゆるしたのはこれで8試合連続、初回失点は7試合連続に。
いい加減1回を無失点で切り抜けられんもんか('A`)

その裏、先頭片岡がヒット、すぐに今季21個目となる盗塁を決めると、栗山の進塁打、中島の死球で一死一三塁。
ここでブラゼルの浅いレフトフライでしたが、片岡が俊足を飛ばしてホームイン、すぐに同点に。
このあとGGの二塁打が出ますが、後続が倒れ逆転はならず。

帆足はヒットは打たれるものの、粘り強く投げつづけると、4回裏にはGGと義人さんの連続ソロで2点を勝ち越し。
5回裏には中島のソロでさらに1点追加し、これで4-1に。

しかし、6回表に四球の阿部を一塁において、谷のセンター前ヒットをボカチカが後逸。これで1点を返され、なおも木村拓也に死球を与えて一死一三塁。
しかし、ここから大道を浅いセンターフライ、寺内をファーストゴロに切って1点にとどめます。

その裏、すぐに先頭のGGが二塁打で無死二塁。これで追加点といきたいところでしたが、リリーフの山口に三者連続三振に切ってとられ、追加点を奪えず。

嫌な流れのまま7回表、先頭は出すものの併殺をとりここは帆足が抑えます。
が、8回裏には今度は先頭のラミレスのあたりを栗山が落球、これで無死二塁。
ボカチカといい、栗山といい、帆足の足引っ張りすぎ('A`)
これじゃ帆足もいい迷惑でしょう。

しかし、ここは帆足が阿部をセンターフライ、代わった岡本が谷と木村を打ちとって無失点に抑えます。
本当はもっとすいすいいってるはずなんですけどね('A`)

このあと、9回は久しぶりにグラマンがしめ10セーブ目。
巨人戦に2連勝、これで交流戦は初戦を落としてから3連勝に。
それはまあいいんですが、今日は守りのミスであわやの場面を作ったり、せっかくチャンスを作っても拙攻で結局ソロ3発と犠牲フライ、タイムリーはなし。
イライラする展開でした。

打つときは本当に滅多打ちにするけど、つながらない時はとことんつながらないのがなあ・・・

さて、これで明日からは甲子園。まあ雨の予報なんで試合があるのか微妙なんですけど。
DHがなく、阪神の本拠地での試合ということもあり、大事な試合になりそうです。
しかもローテを崩していったために誰が投げるのか。ローテを飛ばされた西口あたりになりそうですが・・・

DHなしなのでスタメンのほうもどうなるのかというのもありますね。
できればピッチャーを考えると一日雨でつぶれてくれたほうがありがたいんだけどなあ。移動もあるし。
2008.05.24 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-1 巨人

勝利投手・岸
敗戦投手・グライシンガー


昨日は打線がつながり大量得点を取りましたが、今日からは向こうも打線好調の巨人が相手。
しかも投手は巨人先発の中でも一番好調なグライシンガーが相手、こちらは前回自滅して試合を壊した岸といういことで、正直厳しいかなーと思わざるを得ない顔合わせでした。

初回、岸はいきなり先頭打者に四球を与えると、坂本が送り、小笠原をセンターフライに切ったあと二死からラミレスに完全に打ち取ったあたりながらもポテンヒットで1点を先制されます。
これで初回失点は6試合連続、相手に先制されるのは7試合連続。
そろそろこの流れは止まってほしいなー。

相手が相手だけにこれは厳しい流れかな、などと思いましたが、1回裏から西武のお得意の猛攻が。
先頭の片岡がヒット、盗塁で無死二塁から栗山がおくり一死三塁。
中島が歩いた後、ブラゼルのお返しのポテンで同点にすると、GGの2ランで2点を勝ち越し。
さらに中村のフライを谷が見失って三塁打にすると、義人さんがタイムリーでさらに1点追加。
1回の裏で一気に4点を取り、あっさりと逆転します。

2回裏にも一死から片岡がヒット、そして盗塁。
栗山三振で二死二塁から中島が2ランでさらに2点を追加、これで6-1。

3回裏には先頭打者GGがソロで7-1、序盤3イニングで7点を取り、一気に試合を決めます。

こうなると岸の出来が気になるところですが、今日は非常に好調で低め低めを丁寧についてピンチらしいピンチもほとんどなし。
8回を被安打4、1失点でその1失点も不運なあたりと文句なし。
8回裏にはさらに高山のタイムリー、中島の2ランでついに10点目。

最後は岡本篤が1イニングを抑えて、10-1と完勝。

打線が生命線というか、中継ぎが不安なだかえに打ち合いにしたいところなので、DHがないセの主導試合になってからがどうなるのかというのがありますが、チームの雰囲気はいいのでこれを維持してほしいところ。
それにしてもグライシンガーをここまで打ち込むとは思わなかったなあ。
2008.05.23 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 7-2 ヤクルト

勝利投手・涌井
敗戦投手・村中


西武は昨日、一日遅れで交流戦スタート。
石井一久は西武ドームでは負けなしの5勝だったんですが、ヤクルト打線に攻略されてしまい5回4失点。
小野寺が同点で登板して一人で試合を壊し、星野と大沼が立て直すも打線が反撃できずに結局敗戦。
あの展開で同点で出せるのが小野寺くらいでは勝てるわけもないですねえ。三井や山岸、岩崎がいないのは本当に辛い。

で、今日は涌井。今季はどうも守備でのミスが多かったりピリッとしないためにエース同士では勝てる気配がない涌井ですが、ここ最近は3試合勝ちがついてますが、それでも3~4失点ばかりとイマイチ。
この試合でもあっさりと初回に先制点を許します。
西武も3回裏に反撃、一死二三塁から犠牲フライで同点とすると、二死満塁からGGの死球で勝ち越し。でも結局は中村が三振でチェンジ、ヒットでは1点も入らず('A`)
嫌な流れだなーと思いましたが、4回裏に二死から片岡、栗山、中島の三者連続タイムリーで3点を追加、一気に流れを引き寄せます。
・・・が、涌井もその直後に犠牲フライで1点を取られ、3点差に。

そこからはこう着状態になりかけますが、7回裏にGGが2ランで試合をほぼ決定づけます。
結局涌井はフラフラながらも9回を2失点で投げきり、完投で5勝目。なんとか勝てましたけど、それよりも二桁被安打とかが気になるというか。
これだとやっぱり怖くてエース相手に任せられないなあ・・・
勝てるようにはなってきたのでなんとか乗っていけるといいんですけど。
2008.05.22 Thu l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 7-3 楽天

勝利投手・許
敗戦投手・田中


昨日までで2連敗、昨日は帆足が好投し9回に一度は勝ち越すも最後は延長戦でサヨナラ負けという最悪の結末だったわけで。
出かけて帰ってきたこともあわせて書く気が起きなかったわけですが、それをさらに深刻にさせたのが今日の予告先発。
許さん対田中って・・・('A`)

昨日はもう今日の試合のことを完全に忘れようと思ってました。
で、いざ結果を見てみたら7-3で勝利、しかも勝利投手が許さん・・・


( ゚Д゚)


(゚Д゚)


まさにこんな状態w
開いた口がふさがらないというか。で、初回から無死満塁→押し出し含め2失点とかやらかしてたんですねー、許さん。劇場とか超越しとる。
3回にもタイムリーで3点差、動画見てたら間違いなくここで消してる気がします。
いや、そもそも見る気すら起きなかったわけですが。
しかし4回表に連打連打でチャンスをつくりGGがタイムリーで1点差にすると、なおも一死満塁から今日が今季初スタメンの炭谷が走者一掃のタイムリー2ベース(゚∀゚)!
これで一気に試合をひっくり返すと、それからも連打はとまらず、結局この回だけでいっきょ7点。
そのあと、許さんも立ち直り、8回途中3失点。それにしても奪三振0とかちょっとワラタw
最後はピンチで降板しますが、後続を星野が断ち、最後は岡本が締めてゲームセット。
昨日の敗戦、今日の顔合わせから3連敗確実と思っていたこの試合を取れたのは非常に大きいですね。

これでロード8戦も結局5勝3敗と上々の結果。
これから交流戦に突入しますが、果たして今年はどう流れが変わるのか。
去年の二の舞だけは勘弁ですけど。
2008.05.19 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日は家族で難波まで映画を見にいってまいりました。
「相棒」の劇場版。テレビドラマのほうで結構見てたので、映画も結構楽しみにしてたんですが、それにしてもこれの宣伝がやけに多かったような気がするなあ。
もう毎日のように水谷豊をテレビで見てた気がする。
相棒の寺脇康文が子供のころに水谷豊を見てたっていうんだからその年齢差たるや。

テレビのほうを見てた人間としては、思わずにやっとするような場面もあってかなり楽しめました。
細かい内容については置いときますが(えー

それにしても、映画ってそれほど見ないほうだと思ってたんですが、最近は映画館に行く機会が増えたような気がします。
昔は5年くらいいかないのがあたりまえだったんですけど、最近だと見るものが固まってる時は毎月いってるような。
たぶんテレビドラマの映画化したものとかも見るようになってきたのもあるんでしょうけど。
ハリーポッターとかトリックの映画版見たあたりからかなー。

それはさておき、その後は電気屋で買い物。
目当てはwii(゚∀゚)!
とはいっても、買ったのは自分ではなく姉と母の共同出資。
理由は痩せるたm(銃声

wiifitも同時購入して荷物もちをさせられたんですが、これがどちらもクソ重いこと。
姉と母も私が一緒に出かける機会まで我慢していたんだとか。なんという計画的犯行。
家に帰ったらさっそく配線・・・をさせられました。姉もできなくはないだろうに、めんどくさいとのこと。
持って帰るのにしんどかったんだから休憩くれと思ったんですが、それすらも却下(;´Д`)

とっととつなぎ終えて、私は用済みになったと言わんばかりに追い出されましたが。
どうやらご満悦のようで、面白い、あんたもやってみなとおおはしゃぎ。
それはいいけど、ちゃんと続けないとゲーム機として占領しちまうよ?なんて口が裂けても言えるわけが(ry
2008.05.18 Sun l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-3 ソフトバンク

勝利投手・西口
敗戦投手・パウエル


昨日はGGとボカチカの2発ずつ合計4発と豪快な勝ち方で圧倒しましたが、今日は西口なのでぜひともその勢いを持続してほしいところでした。

西口は今日もヒットや四球でピンチを初回から作る苦しい立ち上がり。
初回こそ切り抜けたものの、2回には犠牲フライで先制を許します。
一方パウエルは2回までは四球ひとつでノーヒット。
しかし、3回表に先頭細川が二塁打を放つと、ボカチカのピッチャーゴロで走者は三塁に。
ここから片岡のタイムリー内野安打、栗山と中島の連続タイムリー二塁打で一気に3点を取り逆転に成功。
これで西口も立ち直るかと思いましたが、4回裏に先頭柴原に四球を与えたあと、長谷川に同点2ランを被弾し、これで同点に。これが勝てない重圧なのか・・・

そう思っていたら、6回に中村のソロで待望の勝ち越し点。
7回には打線が突如爆発し、細川のソロなどで一挙5点を追加。
西口は一発を打たれたことで逆に目がさめたのか、5回から7回までの3イニングをノーヒットに。
8回にはボカチカが10点目となる10号ソロでとどめとなり、終わってみれば10対3と連夜の二桁得点。

相変わらずブラゼルが肝心なところで打たなかったり、9番が3番よりホームランが多くなってたり、二日間で21点取るなら援護を1点ずつ1日目にまわせば石井一勝てただろうとか、色々と突っ込みどころは大量にありますけど、そんなことはどうでもよくて。

なにはともあれ、西口今季初勝利キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
長かった・・・本当に長かった。・゚・(ノД`)・゚・。
6点リードしてたのに3点返されてから浜中に満塁被弾したり、大量リードで降板したらみちゃーんがまさかの大炎上したりとか、色々とありましたけど。
これで西口もやっと開幕といってもいいかなあ・・・

これから交流戦でくしくもローテに余裕が出るため、登板機会は減るかもしれませんが、そんなことはどうでもよくて。とにかくやっと勝利がついて本当によかったなあ・・・(つд`)
2008.05.15 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 11-4 ソフトバンク

勝利投手・涌井
敗戦投手・ガトームソン

昨日は試合のこと書こうかと思ったら、あまりにも雷が酷かったのでやめました。
まあ、開幕直後によく見た酷い拙攻と自滅による決勝点の試合なんて書く気になれないんでどうでもいいんですけど(おい

さて、今日の試合でロード9連戦はちょうど折り返し。
雨で1試合中止になりましたけど、こっちとしては長期ロードなので負担が減って逆に助かったかも。
中村タケヤが頬骨骨折しても出場してるようですけど、正直当たってないので休んでもらったほうがありがたかったりするのは内緒。
だいたい一死三塁で犠牲フライすらなく1点も取れない場合は中村が絡んでるからなあ・・・

今日は福岡ドームでプロ入り以降一度も勝ち星がない涌井とガトームソンの対決。
正直昨日の拙攻を見る限り、不安になっていましたが・・・

試合の立ち上がりは、昨日の拙攻をひきずるような酷い攻め。
一死からヒットで出た栗山がバッテリーエラーで三塁まで進むも、中島とブラゼルがどちらも打てずに無得点。
二回も先頭打者が出て二死三塁まで行っても結局点が入らず、また涌井が点を取られて見殺しパターンかと思ってました。
3回には犠牲フライで点をようやくとりますが、なお二死三塁でブラゼルはまた凡退。
これは反撃フラグかと思っていた4回、GGのソロで流れを変えると、中村が歩いて走者一塁。
ツーアウト後に、今度はボカチカの2ラン。これで一気に優位に立つ展開に。
5回には、二者連続四球のあと、GGが二打席連続となる3ランで一気に7点目を奪い、これで事実上勝負あり。さらにボカチカも1試合2発となる2ランも飛び出し、結局ホームラン攻勢で押し切り。

まあ、そのあと無死満塁で犠牲フライの1点だけとか、結局タイムリーは出なかったとか、涌井もこの展開ならすっきり抑えないとだめだろうとか色々と文句はありますけど、とりあえず連敗しなければいいやというかんじですか。
昨日の鬱憤が爆発したような試合ですけど、できれば明日は西口なのでこの勢いでいきたいところ。そして、今度こそ西口に勝利を(`・ω・´)

そういえば、以前ヤフーのズバリ予想で一時的にポイントが増えたものの、その後ドンドンスッて最終的にもうやらねーよバーカ(泣)な状態になったけど、涌井勝利に全賭けをしてみたらたまたま当たって気が付けば1000pt越え。
んなわけで今日は西口に全賭け。はてさて。
2008.05.15 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 9-0 オリックス

勝利投手・帆足
敗戦投手・金子

昨日は雨で流れてしまったせいで、西口の登板は回避に。
そして西口が投げなかった直後はこういう試合展開が多いワナ(´・ω・`)
その内容ですが、初回から栗山死球の直後に中島が2ランで先制。
三回にはGGのタイムリーで追加点、5回と7回にも連打が出て、都合9点を取る猛攻。

14安打9得点となかなかの効率で、先発帆足も8回と9回にはピンチこそ招くものの、9回を投げて被安打5、四死球2、前回登板から2試合連続の完封で9-0と完勝。

実に気持ちのいい試合運びではありましたが、この試合で金子の140キロのシュートが中村の顔面を直撃。頬骨骨折とのことで、今後はこれから相談らしいです。

打線好調の中で流れをぶった切るゲッツーを打ったり、なぜか6番固定されていて打線の中ではイマイチ当たってなかったりと正直お荷物感がなかったといえばウソになりますが、さすがにいまのいい流れの中で故障者が出たのは嫌ですね。

こうなるとサードは義人さんでファースト大島とかになるんだろうか。
なんにせよ、早く治ってくれるといいんですけど。(でも中島じゃなくてよかったと思ったのは内緒

さて、これでロード9連戦の最初のカードは雨で流れたのもありますがとりあえず勝ち越し。
次はソフトバンク、そしてその後は岩隈と田中を控えた向こうの本拠地での楽天戦。
鬼門続きですが、このロードをせめて5割以上で帰ってきたいところ。
2008.05.11 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-2 オリックス

勝利投手・岸
敗戦投手・オルティズ
セーブ投手・グラマン

今日は久しぶりに阪神ファンの友達と生で野球観戦しようということで、大阪ドームにいってまいりました。
このところ甲子園のほうにも足を運んでいなかったので、こうやって球場にいくのはずいぶん久しぶりな気が。
チケットを購入しようと思い、財布をごそごそやってると

「本日は大阪府民デーですので、大阪府民の方は500円でご入場いただけます」

とのこと。
普通に入場すると内野自由席が2400円なので、なんと1900円も浮いたことに。
さっそく免許証を提示して、500円でチケットをゲット(゚∀゚)
友達と2人でホクホク顔で入場し、いいかんじの席に陣取って観戦準備は完了。
わりと早い時間からいったので練習風景を見ていると、友達は視力がいいので背番号がよく見えるらしく「45番って誰?」などと聞いてくるたびに逐一説明。こういうのも楽しかったりします(ちなみに45は水田
そういえば岸とのキャッチボールの相手に椎木がいたことには驚いたなあ。

そんなことをしているとプレイボールに。
内容としては、どちらも投手が四球などでピンチを作ったところを互いに攻めあぐねるという形でした。
岸は7回までノーヒットだったのが不思議なくらいの不安定な投球で、ボールが先行しては四球で出塁を許し、オリックス打線が打ち上げてピンチをしのぐという内容。
一方のオルティズも、ストライクが全然入らないと思えば急にいい球を投げたりで西武打線も的を絞れないのか、打ち上げたりしてなかなか点が入らず。

両チームともエラーもあったりで、ちょっと締まらない展開でした。
岸はフラフラしながらも途中から立ち直り、6回あたりはいいピッチングをしてましたが、7回に初ヒットを許すとエラーも絡み一気にピンチに。
この時に初ヒットということで球場からは落胆の声があがりましたが、正直7回で120球投げてたので最初から無理だろうと思っていたのは内緒(おい
西武は4回に今季3本目となるブラゼルの二塁打のあと、GGのタイムリーで1点を先制。
6回にはブラゼルのソロが飛び出しさらに1点を追加。

7回裏に岸が踏ん張ったあと、8回表には片岡の二塁打、栗山が送って一死三塁から中島のファーストを強襲する当たりでさらに1点追加(記録はエラーだけどどう見ても強襲ヒット
しかし8回に代わった星野が下山にヒットを打たれ、村松を抑えた後に岡本に交代。
その岡本が、代わった直後にカブレラにいきなり2ランを被弾し、これで3-0から一気に1点差に。
岡本が投げた球も低めのボールゾーンだったんですけどねえ、あれを拾ったカブレラの変態ぶりを久しぶりに見た気がします。てかバックスクリーンに運べる球とは思えん。

9回表では中村がヒット、細川がどう見ても犠打エラーなのにサード内野安打で無死一二塁とし、これで1点は確実だと思いきやボカチカがバント失敗のあとにライトフライ、片岡は併殺と悪い流れに。

これなら下手にチャンス作らずにさっさと終わったほうがマシだったんじゃないかと思いましたが、グラマンがそれらの流れをぶった切り強制終了。
結局3-2で逃げ切りとなりました。
義人さんの芸術的な流し打ちとか初回からのエラーとか、前日まで当たってたはずの浜中が大ブレーキだったとかローズ相手に全然ストライクが入らなかったとか他にも書きたいことは色々ありますが、やっぱり球場でじかに観戦するのはいいですね。

また今度機会があったら行こう(゚∀゚)
2008.05.10 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は薬飲んでゴロゴロしながら、中日対広島を1球速報でぼーっと観戦。
阪神ばっかりが取りざたされがちなんですけど、やっぱりというか中日もぴったりくっついてるんですよねえ。
そして首位快走しててもそれほど触れられてない気がする西武(爆

それにしてもベンちゃんは調子はなかなかよさそう。
さすがに満塁と3ランで1試合7打点とかやったときは吹きましたけど。
去年あれだけずーっと満塁で打てなかったのに今年は既にヒット4本とか。
もう去年の満塁時の本数越えたんじゃなかろうか。
でも去年も開幕直後は5割くらいうちまくって一人でチーム牽引→チーム状態が落ちてくると一人だけ不調という悲しい連鎖もあったなあ(´・ω・`)

中村ノリも調子よさそうだなあ・・・うちの中村と交換してほしいや(おい

もうちょっとで交流戦も開始、西武の最初の相手はヤクルトになるようで。
以前ラロッカにフルボッコ食らった時の出来事がいまだにトラウマなんですがw
長期ロードの後でチーム状態が落ちてないか心配ですね。
連戦が多いだけになんかちょっと歯車が狂うとえらいことになるのは今までで証明されてますし。
とりあえずローテをまわすに足る先発陣容にはなっているので、あとは中継ぎとかの調子かな。
あとロード日程から直に突入するのがどちらにでるか。
2008.05.09 Fri l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 日本ハム

勝利投手・星野
敗戦投手・ダルビッシュ


今日はダルビッシュ対涌井のエース対決。とはいえ、今季の内容はダルビッシュのほうが圧倒的に上なので、正直勝てる気はしませんでした。

試合もその通りの立ち上がりで、涌井が初回からヒットや犠打でピンチを招き、稲葉のタイムリーで先制を許します。
その後も四球は出すものの追加点は許しませんでしたが、非常に危うい立ち上がりに。
2回表には3ベースと犠牲フライであっさりと日ハムが追加点をいれますが、2回裏に西武も中村のソロで反撃。

しかし涌井がぴりっとせず、またも5回表に3ベースから今度はタイムリーでまた突き放されます。
5回裏に今度はなんと細川のソロでまたも1点差。
涌井は7回、8回とようやく立ち直りこの2イニングは三者凡退。
すると打線が7回裏、先頭のGGが二塁打で出塁すると、バントで送り一死三塁。
大島のピッチャーゴロの間に走者が帰り同点とします。

8回裏には片岡がヒット、栗山三振の後中島がエラーで出塁しチャンスを作るもののブラゼルがショートゴロチェンジ。
ブラゼルは打率もかなり落ちてますし、そろそろ外したいんですけどねえ('A`)

そして9回、西武はピッチャーが涌井から星野に。星野はヒット1本こそ許すものの無失点で切り抜けると、9回裏には中村があわやサヨナラホームランになりそうな二塁打。大島を歩かせて、細川のところで代打石井義人。ここは四球を選び一死満塁、ボカチカがポップフライで二死満塁に。

ここで片岡がなんとダルビッシュからサードの頭をこえるサヨナラヒット!まさかのダルビッシュ相手にサヨナラ勝ちでこれで4連勝に。
正直片岡は以前も調子が上がってきたと思ったらノーヒットに沈んだりで、まだあまり調子が上がりきってないのかと思っていましたが、まさかダルビッシュから3安打とは。

これでいい波に乗ってロードに出て行けそうです。

ここまで貯金は多いですが、ホームゲームが多いのが大きいでしょうねえ。
これからロードが増えるので心配ですが、どれだけホームで作った貯金を減らさずに戻ってこれるかが鍵になりそう。
それにしてもよく勝てたもんだ。
2008.05.07 Wed l 野球 l COM(3) TB(0) l top ▲
あんまりにも咳が止まらず、ついには一睡もできないという事態になったのでちょっくら病院いってきました。

医者の前に座ってゲホゲホやってると、いきなり

「嫌なかんじの咳をしてるねえ」

なんか初っ端かなら不吉なこと言われてるんですけど(;´Д`)
そのあとも診断を受け、色々と話していきますが、どうにも先生が深刻そうな顔をしているのが気になって仕方ない。

しまいには肺のレントゲンを取ることに。
その結果・・・・

「いやー、よかった」

異常なしだそうです(゚∀゚)(殴

どうやら私がしていた重く深い咳は結核の患者の咳に似ていて、それを疑ったんだとか。
結局肺に異常はなく、ただの風邪で咳が酷くなっているだけとのこと。
とりあえず風邪薬と咳止めやらなんやらをもらってきました。

さて、寝るか。
2008.05.07 Wed l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-1 日本ハム

勝利投手・石井一
敗戦投手・宮西


せっかく治りかけたころに移動ばっかりさせられたせいでまた風邪が悪化_| ̄|〇
予想通りといえば予想通りなんですが、熱だけだったころに比べると咳が止まらない上に耳までおかしくなってる今のほうが圧倒的にきつい。

帰省せずに家でゆっくりしてりゃこんなことにもならんかっただろうに('A`)
まあ今更言ってもしゃあないんですが。


んなことはどうでもよくて、今日の試合。
の前に、どうやらキニーが二軍落ちした模様。
現在はローテがいいかんじでまわっていますし、キニーの調整もたぶん余裕があるから早い間にやっておこうと言う事なんでしょうか。
変わりに上がってきたのは許さんですけど、どう使うのやら。

今日は石井一対ダースの顔合わせ。こちらとしては勝ち頭の石井ですし、向こうは谷間なので勝ちたいところですが。
というか、ダースは話によるとどうもファームでもかなり成績が悪かったみたいですが・・・

いざ試合が始まると、そのダースから初回こそエラーからみで点を取ったものの、そこからは拙攻続きで点を取れず。
盗塁死などもあり、まずい攻めが目立ちました。
石井一も四球が目立つ苦しい投球でしたが、タイムリー3ベースこそ打たれたもののその1点だけに抑えます。

そして9回、ボカチカが宮西からサヨナラ2ランでゲームセット。
それにしても石井、四死球5つもだしたのに119球完投とかわけわからん(;´Д`)
これで9連戦で4つめの完投、完封2つに1失点完投が1つ。
打撃陣がそろそろ調子が落ちてきそうな気配なので、投手陣が安定感を見せているのは非常に心強いですね。
特に石井一は非常に安定してますし、岸も調子を上げつつあり帆足は開幕からなかなかの安定感。
あとは涌井が勝てるようになって西口の復調待ちかなあ。
2008.05.06 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 8-6 日本ハム

勝利投手・小野寺
敗戦投手・武田久
セーブ投手・グラマン

今日の試合はキニー対スウィーニーの両外国人先発。
キニーは最初から四球二つとヒットでピンチをまねくとエラーもかさなり、この回だけで一挙3失点。
不運もありましたが、それよりも1イニングで四球3つはいただけない。
結局キニーはこの回だけで降板、わずか1イニングだけとなりました。キニーも最近打たれてることが多いのでちょっと心配。

一方のスウィーニーはまったく危なげない投球で4回まで四球ひとつだけでノーヒットという完璧な投球。
5回表には大沼がタイムリーや犠牲フライなどで3点をさらに失い、これで完全に勝負あり・・・かと思われました。
しかし、5回裏に先頭のGGがヒットで出ると、その後もヒットと四球で満塁になり細川。
ここでなんとグランドスラムが飛び出し、これで一気に試合はわからなくなりました。

ここからは3番手の星野が好投し日ハムの流れを切ると、6回には中島のソロで1点差に。
そして8回裏、二死二塁からブラゼルのセンター前で同点になると、二死一塁からGGが2ランでついに逆転!
最後はグラマンが締めて試合終了。まさかの6点差をひっくり返すという結末にはさすがに驚きました。

8回はGGが歩かされたら間違いなく同点どまりだったんでしょうけどねー。まあそれはともかく、これで落としたと思った試合が取れたのは非常に大きい。
せっかくだからこのままこの3連戦を勝ち越しといきたいものですが。
2008.05.06 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-0 ロッテ

勝利投手・帆足
敗戦投手・小林宏


とりあえず帰省先からもどってまいりました。
熱が下がったと思ったら咳が出まくり→そのあとどうも急性中耳炎になったっぽい→しかもその影響でちょっと熱がぶりかえすというコンボ。
どう考えても家で寝てるべきでした、本当に(ry

さて、愚痴ってもしかたないのでまず昨日久しぶりにじっくり見れた試合のほうから。
試合序盤は投手戦、しかし3回あたりから小林宏がバックの守備に足を引っ張られる形で徐々にペースを崩し始めます。
3回表に西岡と竹原のお見合いでボカチカのポップフライを二塁打にされると、そのあと四球をだし二死満塁に。
ここはしのぎますが、ここでの消耗がたたったのか、4回表にはGGに外の変化球を運ばれ2ランを被弾、西武が先制します。

そのあともヒットや四球は出すものの、この回はここまで。
しかし5回の表、今度は先頭の栗山がヒットを打つと、この打球に対してオーティズがなんとグラブを投げるという行為を犯し、これが3ベースに。
そしてすぐに義人さんが犠牲フライ、これでは小林もたまったもんじゃなかったでしょうねえ。

その後はボカチカにもソロが出て4対0に。
それにしても、中村は目の前で二度も敬遠されて、2回とも三塁に走者がいたのに得点できずではあまりに情けない。正直今の状況では打線のブレーキでしかないですねえ。
一方西武は帆足がらしさを前面に出した打たせて取る投球で、ほとんどピンチらしいピンチもなくすいすいと投げていきます。
とにかく低めを丁寧に、左右のコーナーを使って相手を揺さぶります。

8回に初めての四球からピンチを招きますが、西岡をアウトローいっぱいのストレートで見逃し三振にとるなど、ここもしのぐと9回は危なげなく終了。

結局、2塁以降に走者を進ませたのは2回だけというまったく危なげない投球でこれで負けなしの3勝目。
一昨年のいい状態にもどっているようで、これでローテとしても頼りになりそうです。

9連戦で3つも完投、しかもうち2つは完封があったのは大きいなあ。

それはそうと解説の星野仙一の発言でもっとも気になったことを。

「西武はディフェンスがいいですねえ」

代表監督(笑)
2008.05.05 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-0 ロッテ

勝利投手・岸
敗戦投手・清水

とりあえず出かける前なので一応ちゃんと更新しておかなければ。
というわけで今日から千葉でロッテとの3連戦。
今日は清水対岸、以前この顔合わせではこちらが一方的にやられる展開でした。

チーム状態は良好とはいえ、今日はビジターでしかもこのところぴりっとしない投球が続く岸なので、不安がないといえばウソになりますが・・・

3回までは両投手とも1安打の投手戦でしたが、4回表に義人さんの二塁打でチャンスを作ると、二死からGGの2ランで西武が先制。
7回にも中村のタイムリ-、8回には栗山と義人さんの連続タイムリーで5対0に。

一方の岸は球数こそ少し多かったものの、9回を2安打完封。四球も2つと、ほぼ文句のつけようのない出来。
今年はどうもいいときと悪い時の差が激しいですねえ。
悪い時がもう少し踏ん張れるといいんですけど。まあ今日はいい方だったので言うことないんですが。
これで敵地で幸先のいい勝利、そして明日は西口。5月になったことですし、今度こそ勝利をつかんでほしいところ。

・追記
寝るリズムが完全に狂ってる状態でほとんど一睡もできずに帰省先に連行されそうです。こりゃまた体調崩しそうだ('A`)

あと、出かける前に暇つぶしで西武の四月の平均得点を出してみた。おおよそ5.4点とかいうかなりいかつい数字に。

・追記の追記
さっきからどうも右の耳の奥が痛い。どうやら右の鼓膜が軽く逝ったっぽい\(^0^)/
2008.05.02 Fri l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 5-4 ソフトバンク

勝利投手・涌井
敗戦投手・ホールトン


個人的なことからですが、やっとこさ風邪から復帰しました。いやいや、39度台はあんまり記憶にないですね。
熱は高かったもののほかの鼻水や咳などの症状がそれほど酷くなかったのは救いでしょうか。
まだちょっとだけふらふらしますが、一応ほぼ回復。
あんまり風邪で節々が痛むことはなかったんですが、今回はかなり痛みました。

そんなことはさておき、昨日の試合ですが。
先発の涌井はミスによる自滅や先頭打者を9イニング中6回も出すなど、到底本調子とはかけ離れた投球。
8回も無失点ではあったものの、バントを警戒するあまりストレートの四球など、流れを相手に渡すような投球。
今季の涌井はどうもこういった自滅が多く見られるんですよねえ。だから防御率の割りに勝ちが伸び悩んでいるのかも。
以前もバント処理で野選をしたり、ワイルドピッチでピンチを広げたり。なんというか、勝てる投球になっていないのが残念。

さて、試合のほうは3対3で同点の9回にソフトバンクが先頭打者柴原の二塁打を皮切りに代打本間のタイムリーで勝ち越し。そしてこのとき赤田がフェンスに激突して足首を捻り単科で運ばれることに・・・赤田(´・ω・`)
赤田は打率こそ低迷してるものの、この日の試合で同点犠牲フライや以前のサヨナラ満塁弾などいい場面で活躍していましたし、守備のことを考えてもこれは痛い。

怪我人は出るし、記録は途切れるし、敗戦だし、いいとこなしか・・・などとふてくされていると、ドラマは9回二死走者なしから起こりました。
ボカチカが粘って粘って8球目、フルカウントからこの日4本目のヒットとなる二塁打で出塁。
こういう時は初球で空気読まずにポップフライを打つことが多い片岡ですが、ここは初球をきれいにライトへ流し打ち。これで一三塁として代打大島。
なんと来日してから無失点のホールトンからここでタイムリーを打ち、これで試合は振り出しに。
さらに一三塁で、中島の代わりに3番に入った義人さんが最後は一二塁間を抜くタイムリーでなんと二死走者なしからの4連打で逆転サヨナラ!
動画見てて興奮しました。そのせいでちょっと熱があがりましたが(爆

以前も義人さんは中島が怪我のときに代役で3番を打って結果を出してましたが、今回も大仕事をやってのけました。さすが天才(゚∀゚)

5試合連続3本塁打以上打っていた記録こそ途切れましたが、それよりも大きな一勝でした。
まあ、最後の場面で一発を期待したのは私だけじゃないはずですけどねw

赤田の離脱が気がかりですが、さっき公示を見てみたらまだ抹消はされていない模様。
これはまだ検査が終わっていないからなのか、それとも抹消するほどじゃないのか・・・?
願わくば後者であってもらいたいものですが。

パの公式見たらきっちり抹消されてました_| ̄|〇
まあ、あの痛がり方見ればしょうがないかなあ・・・ちなみに上がってきたのはファームでも当たっている高山。予想通りですけど、大崎あたりを見たかったかも。
あと、原も結構あたってるから見たいなあ・・・まあ今は一軍が打撃好調だから入れ替える必要がないんだけれども。

あ、あと全然関係ないけどパの打率2位に橋本将の名前が入っててワラタ(何


明日から二日間ほど帰省予定なので、また日記が書けないかも。
まあロードの試合だからたぶんいい結果にならないと思うので書けなくてもいいんですけど(マテや
2008.05.02 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 6-2 ソフトバンク

勝利投手・石井一
敗戦投手・大隣


なんつーか、成績だけ見たらかなり笑える試合でした(何
7回までヒットは4本、全部ホームランとか極端すぎw
しかも全部ソロというのが西武クオリティというかなんというか。
それ以外だとやっぱり死球が目立ったようですね。ブラゼルがぶつけられた直後に切れかけてすぐに大隣が平謝り→ブラゼルは怒るに怒れず一塁にという流れにちょっとワラタ(おい

GGがくらったのは変化球がひっかかったやつが足元にいったので仕方ないですねえ、某コーチは切れてましたけど。
最後は細川がぶつけられてナベがさすがに頭にきたようでしたけど、というか西武打線は死球多いなあ(パでトップの25個。20個以上は西武だけ

怒るのはいいけどどいうせならそれらの走者を帰せばいいのに全てチャンスで凡退するあたりが律儀というかなんというか。

最後は中島がクロスプレーで足を痛めたり、なんとも大荒れな試合でした。
今日はパウエル、内角をどんどん攻めてきそうなタイプだけにボカチカあたりにぶつけて大乱闘にならないかと心配です。


昨日はチャットの最中に熱っぽくなって切り上げ、そのあと寝る前に熱を測ったら38.3度と見事に風邪引きました_| ̄|〇
そして今朝測ったら39.3度・・・あがっとる(;´Д`)
というわけで今日も試合の記事書けるか微妙です(寝てろ
2008.05.01 Thu l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。