上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 7-10 ソフトバンク

勝利投手・ホールトン
敗戦投手・三井

先発はキニーとガトームソンの両外国人。
キニーはこのところ試合は作るもののそろそろ大崩しないかと心配していましたが、その予感が見事に的中。

試合は西武が2回裏にGGのソロで先制しますが、肝心のキニーが大乱調。
直後の3回表に川崎のタイムリーなどで一気に3点を奪われ逆転を許すと、3回裏に西武がGGのタイムリーで1点差にした直後の4回表、長谷川のホームランや松中のタイムリーでこの回さらに3点を失い、合計6失点と完全に試合を壊します。
5回表にもソフトバンクがさらに1点を追加しこれで7対2、完全に勝負あったかと思いきや、6回表に中島のグランドスラム、さらに二者連続となるブラゼルお得意のソロムランでなんと同点。

これで試合の流れはわからなくなり、そのまま延長に。ところが延長に入った途端また拙攻が顔を出します。
10回、11回と先頭打者を出すものの、チャンスをいかせずに得点ならず。
ここでサヨナラといけなかったのが響いたのか、12回には三井がつかまり3点を取られる滅多打ちに。
結局ここまできて引き分けにすることさえできず、まさに骨折り損のくたびれもうけという敗戦。
相手もこれで勢いがつくでしょうし、3連戦最初としてはあまりに痛い負け方でした。

なにより心配なのはこの前も大量失点した三井。やっとこれで柱が帰ってきたと思っていましたが、これではもう一度二軍に落としてきっちり調整してもらわないとどうにもならないでしょうね。
一軍打撃コーチは打線の調子は優勝するまでこのままいくなんて寝言ほざいてましたが、絶対にそんなわけないし打線が好調なうちに一刻も早く投手陣の整備をしたいところ。
しかしいつから西武は近鉄みたいなチームカラーになったんだか。
まあ優勝時の近鉄に比べたら守備のレベルは遥かに低いですけど。
スポンサーサイト
2008.04.29 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-3 オリックス

勝利投手・帆足
敗戦投手・近藤


2戦連続で劇的な勝ち方といえば聞こえはいいですけど、実際にはかなりあぶなっかしい勝ち方が続いたこの3連戦。
とはいえ、勢いがつきそうな勝ち方が続いたのは事実。

ここらですかっとした勝ち方も見たいところですが・・・。

今日は西武打線が開始早々からヒットと四球でつなぎ、ブラゼルの犠牲フライであっさりと先制。
2回にはボカチカが2戦連続となる2ランでさらに2点を追加、4回にはまたもボカチカのタイムリーと栗山の2点タイムリーで3点を追加し、この時点で6対0とほぼ大勢は決しました。

このあともさらにボカチカのソロや細川の3ランなどで終わってみれば10対3の大勝。
帆足もローズに2ランを被弾したものの8回2失点と上出来で、気持ちのいいゲームでした。

しかし、ボカチカが上がってきて早々にここまで結果を出すとは。
一発攻勢もいい形で出てますし、打線の流れは非常によさそう。
て、前もタイムリーが出だしたときにこんなこと書いてまたソロだけの打線にもどったんだよなあ(爆

3戦合計で29点と非常に打線は好調ですが、投手陣がちょっと気がかり。
今の間になんとかなってほしいですが。特に三井は心配だなあ・・・
2008.04.27 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-8 オリックス

勝利投手・三井
敗戦投手・吉野
セーブ投手・グラマン

西口が不調からの復帰を期して2軍から昇格してきましたが、一度目の登板は雨により流れて今日また仕切りなおしに。
その西口、先制は許すものの6回2失点と及第点の内容。

もっとも、被安打6、四死球4だったので次こそ西口らしい投球をみたいですが。
というか、どうも西口が投げる時にやけに判定がきつかったりしますけど。

試合のほうは西武がホームラン攻勢で7-3と優位に試合を進めますが、逃げ切り体勢に入った8回に三井がなんと連打と四球、そして最後はローズの3ランで5失点を喫しなんと逆転。

これで試合はきまったかと思われましたが、このあと中島が3ランで再度試合をひっくりかえし、西武が逆転勝利。

この試合、外出先で途中経過を見てましたが、2-2あたりまでは見てましたがその次に確認したときに10-8になっていたときはさすがになにがあったのかと驚きました。
西口の今季初勝利がおあずけだったのは残念(´・ω・`)
やっぱり5月から(ry
2008.04.27 Sun l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 9-5 オリックス

勝利投手・グラマン
敗戦投手・ヤング


開幕から徐々に調子が落ちてるかんじの岸、この試合でもやっぱりというか不安的中。
今日は珍しく序盤から3点先制するもあっさり1点差にされ、中村の追加点になるソロの直後に2失点して同点とかぴりっとしません。

7回にはカブレラにポテンヒットで勝ち越され、これで終わりと思いきや今度は西武の打線が今年としては珍しく粘りを見せブラゼルのタイムリーで同点に。

延長10回、カブレラがエラーをして平尾が出塁、代走の片岡が盗塁でチャンス拡大し中島の進塁打で二死三塁にしてまたもブラゼル。
しかし二匹目の泥鰌はいなかったようで、ここはあっさりと凡退。
11回には中村のエラーやらで内野に足を引っ張られてグラマンがピンチを招きますが、ここはなんとかしのぎます。
するとその裏、GGがヒット、中村が送って義人さん敬遠、細川三振のあとに大島が四球で二死満塁。
ここで赤田がまさかのサヨナラ満塁ホームラン(゚∀゚)!

1点でいいところで4点取るあたりいまの西武らしいですが、なにはともあれ劇的なサヨナラ勝ち。
赤田もいつかはサヨナラホームラン打ちたいと言ってましたが、まさか最初が満塁弾とは。
これで赤田がもっと固定されるといいんですが。
あと、1番赤田で2番片岡がやっぱりいいんじゃないかと思いました。
2008.04.26 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
もうすぐ開幕から1ヶ月ですけど、西武は一応首位。
てか、貯金3で首位ってどんだけ。

そんなことはどうでもいいんですが、このところ積んでたゲームを少しずつ消化しようと努力中。
いまは手付かずだったスパロボをやってるわけですが、この前2000円切ってるのを見て軽く泣けた件。
買ったころは4700円くらいだったのになあ・・・

今はまたDSの世界樹の迷宮やらPCの信長の野望・革新やらがまた気になってるわけですが、とりあえず今のゲームをやりつくすころには物欲も収まってるかもしれないので我慢。
てかまだスパロボも半分もいってないというのに(おい

しかし革新は高いなあ・・・PCゲームは高いと友人に聞いてはいましたが、PKつきだと1万超えとか。
でもPSよりはPCのほうがいろいろといじれそうでやるならそっちのほうがよさそうなんですけど。
まあ戦略ゲームは動画見てるぶんには面白そうですけどいざやったらめんどくさいとか言って積みそうで怖いなあ・・・

まあ今積んでるゲームを全部片付けてから考えますか。

関係ないけど、最近運動不足が気になるからちょっと運動始めたけど、スクワットで膝を曲げるたびに膝に違和感があるのが気になるなあ(おい
2008.04.23 Wed l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 1-8 ロッテ

勝利投手・渡辺
敗戦投手・石井一

前日に楽天に本拠地初黒星をつけ、今日はいい形で試合を迎えられそうなかんじでしたが、まあ今日の試合内容を一言で表すとgdgdでしょうか。

先発の石井は微妙な判定に泣かされた部分もありますが、それ以上に味方に足を引っ張られたとしか。
正直今日の石井一の制球自体は悪くなかったので、運が悪かったとしかいえませんね。
守備ではここのところイマイチな片岡がなんと一死満塁からの落球で点を奪われたり、打線が何度も走者を出しては残塁したり。
あれだけ相手の投手を援護されたら石井のほうも踏ん張るのは限界だったでしょう。
むしろ3失点でよく済んだと思いたくなります。

とにかく今日は野手が酷いことこの上ないですね、あれでは投手が不憫。
エラー2回はいずれもタイムリーエラー、チャンスを作っては毎度のごとく進塁打すらロクに打てずに凡退、初回から9回までなんと全イニングでの残塁を記録し、13安打と2つの四死球で取れたのはわずか1点。
ナベQはあと一本が出なかった、かみ合いさえすればなんとかなる程度の問題で済まそうとしてますけど、ここまでこういう展開があまりにも多すぎますね。

しかも野手が守備の面でも明らかに足を引っ張っている体たらく、いい加減真剣に考えないとシーズン大詰めの時期までペナントで上位争いなんてできそうにないですね。

幸いだったのは片岡が9回に死球をくらって退場になりましたが、どうやら軽症らしかったということくらいでしょうか。
そろそろ種田とか他の選手を使ったほうがよさそうですが・・・まあ、上に上がっても首脳陣がただ思いっきり振れ、くらいの指示しか出せないんじゃ意味ないですかね。
2008.04.22 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3  楽天

勝利投手・岩崎
敗戦投手・青山
セーブ投手・グラマン

昨日は雨で試合が流れ、西武としては3日も間が空いたことに。
2日間は間が空くことが決まっていましたが、次の週が6連戦なのでちょっと気になったり。
それはともかく、本拠地では負けなしの楽天が相手、しかも向こうは田中ということもあり、この雨によるスライドが少しでもこちらにプラスになってくれればと思っていました。
一方こちらはキニー、キャンプから正直実力に疑問を持っていましたが、今のところはなかなかの好投を見せています。
試合を見た限りではなかなかコントロールがよかったみたいですが、あれはたまたまなのか、それとも本来の姿なのか。

試合は初回から点の取り合いになり、西武が二死から中島が二塁打で出るとブラゼルの10号2ランで先制。めずらしく得点圏で、しかも走者を置いてのホームランでついに10号も一番乗り。
しかし今日はキニーがぴりっとせず、先頭打者渡辺にヒットを許すと二死から四球、そして山崎に2点タイムリーを浴びてあっさりと同点に。
せっかくいい形で滑り出しただけに非常にもったいない失点でした。

その直後の2回表、今度は四球やヒットで一死満塁にすると、今度はショートのエラーで1点を勝ち越しなおも満塁。しかしここで最悪のゲッツーになり1点どまり。今年の西武らしいというかなんというか。

その後は両チームともに走者は出すものの点は入らず、膠着状態に。
まあ途中で大沼大劇場がありましたが、ここは事なきを得て8回に突入します。
このまま逃げ切りと岡本を投入しますが、ここで山崎に痛恨の被弾をし同点。
田中から点が取れるとも思ってなかったので、これはダメだろうと正直思いましたが、9回は岩崎が3人で締めると、10回一死から片岡が3ベースヒット、続く栗山が敬遠気味の四球で一三塁に。

まあ一死一三塁→併殺でチェンジ→サヨナラ負けフラグだわな、思ってましたがここでなんとワイルドピッチ(;´Д`)
普通にストライク投げてれば西武なら拙攻してくれただろうに、というのが本音ですが(おい)
結局このあと一死二塁になりますが、案の定追加点は取れず。やっぱり普通に勝負してれば安全だったんだろうなあと思わずにはいられませんでした。
結局エラーとワイルドピッチが無ければ2対3で負けてたんでしょうねえ。

どう見ても譲ってもらった勝利です、本当に(ry
2008.04.20 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日はヒゲを剃っていたら、ちょっと違和感が。
やけに切れ味がイマイチだなと思っていたら、急に頬に激痛が。どうやら髭剃りの外刃が削れて穴が開いてしまった模様。

幸い、ざっくりち切って大量出血とはいきませんでしたが、ヒゲを剃っていた途中なので中途半端に残ったヒゲの処理に苦労しました。
その後は仕方ないのでビックカメラにて新しい髭剃りを物色。
以前の髭剃りの刃は一度交換したものなんですが、次に壊れたら内刃も寿命のころなので買い替えは考えてましたが。
本体のほうもいくら充電しても電池がすぐなくなるような状態だったので、もうこれは買い換えるしかないなと。

で、色々と見てまわっていたのですが、これが意外と悩むもの。
使う期間が長いので下手に安物を選んであとで後悔するのも嫌なので、少し奮発して14500円のものを購入。
余談ですが、髭剃りを物色してるとやけに試しぞりをしてるおじさんたちが何人も。
そのうちの一人はずーっと剃っては他のを試し、またずーっと剃って最後は鏡で確認したらなにも買わずに去っていきました(爆
そういえばカード持ってなかったせいで1500円ほど損をしました、これは痛い。

その後は大神をついつい衝動買い。まだ積んでるゲームがあるというのに。
そろそろ本格的に片付けにかかりましょうかねえ・・・
2008.04.17 Thu l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-2 日ハム

勝利投手・涌井
敗戦投手・吉川
セーブ投手・グラマン

今日は涌井対吉川ということで、西武としては落としたくない試合でしたが、1回二死から四球とエラーでノーヒットでピンチを招くと、スレッジのタイムリーであっさり先制されます。
昨日の牽制死といい、今日のタイムリーにつながるエラーといい、どうも片岡がぴりっとしない(´・ω・`)
一方西武はヒットと四球で一死からチャンスを作るも、いつものごとくチャンスを潰し同点ならず。
はいはい、いつもどおり('A`)
4回にはこれもいつものとおり、ブラゼルが帳尻のソロで同点に。チャンスをいくら潰してもソロホームランさえ打てば帳消しになるとでも思ってるんだろうか。
5回は二死から四球、ヒット、四球で満塁に。どうせチャンス作るだけ作って終わりだろうと思ってましたが、GGがきっちりと2点タイムリーで貴重な勝ち越し点が。
GGもあれだけチャンス潰してたのに気がつけば得点圏打率が.389とえらいことに。
これがブラゼルだったらソロ打って自分の仕事は終わったとばかりに凡退だったんだろうなあ。

6回にはスレッジのソロで1点差に詰め寄られますが、その直後に西武も二死から今度は単打を3本続けて1点を追加。
9回にはグラマンが二死からピンチを招きますが、岡本、グラマンとつないでゲームセット。
勝つときもいつもどおりの拙攻ですねえ。こう消化不良の勝ち方ばっかりだと正直見ててイライラしますが。
それでも勝ててるのは投手陣が整備できてるのが大きいんでしょうか。普通帳尻の一発だけじゃ流れを持っていかれるでしょうしねえ。
2008.04.17 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-3 日ハム


好調に連勝を重ねたあと、ソフトバンクに連敗して負け越したわけですが、今週からはちょっと日程が飛び飛びに。
その影響で、あちこちで先発ローテの再編がされそうです。
西武と日ハムの試合も涌井とダルの対決がなさそうですし。
涌井は登板しますが、日ハムのほうは吉川。これでどう流れが変わるのか。

試合のほうは、岸が1回に二死走者なしから連続ヒットで先制されると、2回にも二死満塁で2ストライクと追い込んでから死球を与えて押し出しで追加点を与えるというなんともgdgdすぎる展開に。
その直後の2回裏、先頭打者がいきなり二塁打でチャンスメイクすると、今度は外野フライ3本であっさりとチェンジ。
開幕直後と同じようなちぐはぐっぷりでストレスばかりがたまる試合展開になりますが、5回にはサードエラーの走者を置いて松坂が2ランを打ち、同点に。去年のホームランに続きこれでプロ通算2号が出たのは喜ばしい(゚∀゚)
散々残塁の山を築いて、ホームランでくらいしか点が取れないという展開で流れを呼び込めるはずもなく、次の回の先頭打者高橋に被弾し、あっさりと勝ち越しを許します。

8回には片岡が同点タイムリーを打ったあとに三盗を決め、一死三塁と絶好の勝ち越しのチャンスもここでなんと片岡が牽制死。そして中島が凡退し、チェンジ。

結局両チームともチャンスを散々作っては残塁を繰り返すという拙攻合戦で引き分けに。
なんとも消化不良この上ない試合でした。
てか西武は少しの間だけタイムリーが出ると思ったらまたこのチャンスで打つ気がかけらもかんじられない打線に逆戻りですか('A`)

12回にはわざわざ赤田に代打大島を出してバントさせるとかいうわけのわからん采配もありましたし。
てか普通に考えたら赤田のほうがまだバント経験あるだろうに。成功させたからいいものの失敗したらしゃれになってないでしょうね。
大島も明らかに不服そうだったと聞いてますし、これが松坂のためにわざわざお膳立てを整えるためだったとしても理解に苦しむとしか。
結局松坂は三振、そりゃこんなわけのわからんチグハグもいいところの攻めをやってりゃ勝てるものも勝てないでしょうに。
2008.04.16 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日は久しぶりに友人達と草野球に行ってきました。
試合は昼の1時から、私は人数の関係でDHに。まあ最近あんまり参加できてないので仕方ないですけど。
守備がないほうが楽ですし(おい

打撃のほうは1打数ノーヒットで四球一つとまあなんとも微妙な成績(爆
1打席目に思いっきり振って三振、次の打席は振らなかったら四球だっただけですが。

試合はこちらが大敗。まあ外野フリーだったので抜けたら悲惨なことになってましたけど。
終わってからチームメイトに「スイングだけはいいな」だの「いい振りしてるのになんで当たらんかな」だの「当たったら飛びそうなのに当たらんなあ」だの褒め言葉をいただきました。

そのあとは夕食後にゲーセンでひたすら友人とわいわい対戦をし、気がつけば11時をまわっての帰宅に。
遊びまわったので疲れた疲れた。
そんな一日。
2008.04.14 Mon l 日常 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 5-8 ソフトバンク

勝利投手・小椋
敗戦投手・小野寺
セーブ投手・ホールトン

今日はもはや勝ち頭としてローテの一角をになう石井一と、好投とKOを繰り返している大場が先発での試合。
西武が初回から2ランとソロで3点を先制するものの、そのあとは二死満塁を生かすことができず。

すると3回裏、先頭打者を中島が貫禄のエラーで出すと、石井一はここからリズムを崩し、2点を奪われます。
5回にはさらに2点を取られ逆転を許すと、その後すぐに追いつくもまた悪送球などで追いつかれ、最後は岡本が3ランを浴び勝負あり。

まあエラーが三つがいずれも得点に結びつくような形になってるようではねえ。好調な時こそこういう落とし穴があるという典型。
打線も相手のミスにつけこめなかったり、なにかと粗が目だった試合でした。
開幕直後のようなこういう試合を減らせればいいんですけど。

あと、去年散々他人の勝ち星を消してた小野寺が自責点0で敗戦投手になったのを見て小野寺ざまあwと正直思ったのは内緒
2008.04.13 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 8-3 ソフトバンク

勝利投手・大沼
敗戦投手・杉内
セーブ投手・グラマン


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ピンチで大沼が登板したと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか沼者がヒロインを受けていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な…何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


こんな内容のメールを友達に送ったら

「春の珍事や」

という一言が返ってきました。
ですよねー。

まさか天敵の杉内を打ち崩した上で大沼がピンチを抑えるとか誰が予想できただろうか。
2008.04.11 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 15-5 ロッテ

勝利投手・涌井
敗戦投手・久保


いやもう、本当にやっとというかんじでの今季初勝利ですよ。えらく長くかんじたなあ・・・

なにはともあれ、勝利投手おめでとう!地味様!

他の球団のファンも結構祝福してましたけど、本当に勝ててよかったねえ(つд`)



まあそういうわけで昨日はぶっちゃけ西武よりも地味様を応援してました。
ホームランだけでしか点取れてないような打線が連勝して勘違いされても困るのでここらでいったん〆られておいたほうがいいだろうというのもありましたが(爆

そしてチャットの最中に言われるまで素で涌井が先発だということを忘れてましたw

どうせ今日も僅差で負けだろうと思ってたんですが、ヤフーの速報を確認したら7-2って。
そんだけ援護するなら他の試合でもう少しだな・・・と思っていたら、夕飯食って戻ってきたら今度は13点とかになってるし(;´Д`)

最終的に15点、しかもホームランは2ランが一度出ただけで、あとはヒットをつないでの大量得点。
こういうのが見たかったんだよなあ、と思うと同時に、これをもう少し他の試合でもやってれば涌井の勝利数はもっと伸びていたのにと思わざるを得ないところが(言うな

まあ「相手が引きずるようなダメージを全然与えられないバカ試合」とか言われましたが、3連戦最後なので別に明日引きずるようなことがなくても問題ないですし、3連戦の勝ち越しが気持ちいい形できまったので問題なし。

なにより、涌井が勝ったことと打線がやっとタイムリーが出始めたのは非常に大きい。
ここのところ散々チャンス潰して一発で帳尻、みたいな試合ばっかりでしたからねえ。
気になったのは山崎敏が落とされて代わりに上がってきたのが谷中だったことくらい。
たしかにファームでの防御率は谷中のほうがいいんですけどねえ。
それを考えると去年一軍で結果出したのにファームに幽閉された宮越が不憫でならない('A`)
できれば山岸つかってほしいんだけどなあ・・・('A`)
2008.04.11 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 ロッテ

勝利投手・小野寺
敗戦投手・荻野

一つ前の記事にも書きましたが、連勝はしているもののどうにも打線がつながってるというイメージがない西武。
あと一押しが出ないというのをホームランで点取ってカバーしているかんじですが、この試合でも詰めの甘さが顕著に現れます。

先発は西口対小野という不運対決、先制したのはロッテ。
初回にいきなり4連打と片岡のエラーと里崎のタイムリーなどで2点を先制、いきなり嫌な流れに。

西武のほうは2回にはヒットと四球で一死一二塁としますが併殺、3回には先頭打者がヒットのあと四球をはさんでタイムリーが飛び出し1点を返しなお二死満塁としますが、ここでも中村が初球をあっさりと打ち上げてチェンジ。
4回は先頭打者がヒットで出ると送りバントで一死二塁にしますが、二者連続外野フライで得点ならず。
逆に5回には四球、ヒット、犠牲フライとわずか1安打で手痛い追加点をとられます。
西武のほうは再三ランナーを出すも点が入らず、7回にやっとブラゼルのタイムリーで1点をまた返しますがここも同点には届かず。
フラストレーションがたまる展開でしたが、9回裏二死一塁、2ストライクまで追い込まれてからなんとGGが逆転サヨナラ2ラン!
劇的なサヨナラ勝ちとなりました。

いやまあ、たしかに劇的な勝ち方ではあったんですが、それまでの残塁の酷さを考えるともっと楽に勝てただろうと。
結局西口も試合は作ったもののまた勝利投手にはなれず。
8回までで残塁11とかいう効率の悪さを考えると、やっぱり攻撃面での精度の悪さというか、もっとなんとかならんのかと。
勝っているうちに修正・・・できるんだろうか?
なんか今の勝ち方に危機感というか不満をもっているかんじがしないんですが('A`)
2008.04.08 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近は西武が連勝してるから新聞とかでは打線が好調だのなんだの言われてますが、実際には単発がかなり多いんですよねー。

そもそも盗塁とホームランがリーグ1位なのに得点力が思ったほど伸びていない、打点も二桁いってるのがいないと、いかにタイムリーが出てないのかよくわかります。
てか、細川がチームトップタイの打点て。
ブラゼルも同じ9打点ですが、タイムリー2本と2ラン1本、あとは全てソロの打点というのもかなり酷い。
以前のようにもっとねちっこく攻めたり、もっと点の取り方が工夫できるんじゃないかと思ったり。
今は投手陣にかなりウェイトがかかっているような気がしますねえ。
2008.04.08 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 楽天

勝利投手・キニー
敗戦投手・朝井
セーブ投手・グラマン

少し前までは単独最下位だった西武ですが、気がつけばいつのまにやら首位にならぶ状況に。
なんか今年のパは本当に荒れてるなあ・・・
今日も相手は楽天。どうも連勝の反動なのかちょっと調子が落ちているようですね。
先発は前回好投のキニーと朝井。
初回、いきなり片岡が死球を受けると栗山の打席の初球に盗塁。
しかしこれは失敗し、栗山も倒れて二死走者なし。
このまま無難な立ち上がりかと思いましたが、中島が二塁打、ブラゼルが四球を選んで二死一二塁。
GGなんでタイムリーはありえないと思っていましたが、ここでまさかのタイムリーが飛び出し西武が1点を先制。
なお二三塁でしたが、中村が倒れてチェンジ。

3回にもまたまさかのGGのタイムリーで2点目、中村が歩いて一死満塁から今度は義人さんが犠牲フライでさらに1点を追加し、この時点で3対0とします。

キニーは4回と5回にヒットを1本許すものの、8回までそのヒット2本だけに抑えるほぼ完璧な投球。
5回にはブラゼルのソロで4対0となり、これは完全にきまったかと思いました。

しかし最終回、突如キニーが崩れます。
鉄平を三振にしとめるところまでは順調でしたが、憲史に四球、渡辺直には死球、高須にヒットで一気に満塁にされると、草野に2点タイムリーを打たれて完封が潰えます。
さらにフェルナンデスにタイムリーを打たれて1点差となり、ここで降板。
球数もそこまで多くなかったですし、すっきり完封でいってほしかったのでこれは非常に残念。
悪くて同点、下手すれば逆転という場面でグラマンを投入する形になりましたが、ここはグラマンがきっちりと抑えてゲームセット、何とか逃げ切りに成功。

9回突入時点で100球ちょっとだったので、キニーにはなんとか投げきってもらいたかったのが残念なところではありますが。
それでもこの流れで負けなかっただけでもよしとするべきなんでしょうかねえ。でもグラマンへの交代はホセのところでよかったような気がしないでもなかったり。
2008.04.06 Sun l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 4-2 楽天

勝利投手・石井一
敗戦投手・田中

勢いに乗っていた楽天との対決ですが、昨日は楽天の自滅もあり西武が勝利。
今日は好調の石井一と田中将との対決、正直きついんじゃないかなというかんじもしてました。
田中は援護運に恵まれてるかんじが強いですし、なんだかんだで打てないということが多いので。
立ち上がりは石井一は非常に順調、一方の田中も2回までノーヒットと静かな立ち上がり。
しかし3回、リックの3ベースと鉄平のタイムリーで楽天があっさりと先制。やはりこのあたりに援護運をかんじます。
しかし、当の田中がぴりっとせず、二死までいってから片岡、栗山の連打であっさりと同点にすると、中島に四球、ブラゼルには死球で満塁に。
まあここはチャンスでは自動アウトのGGが貫禄の火消しでチェンジになりますが。本当にいまのGGは得点圏で打てる気配がまったくない('A`)

続く4回裏には義人さんと赤田の長打2本で勝ち越し。この2人も出遅れているのでここいらでアピールしてほしいところですね。
6回には満塁から細川の打席で打撃妨害で1点、栗山の打席で押し出しで1点とヒットを打たずにというか打てないから2点どまりというか、とにかく相手からもらう形で得点。
8回に高須のタイムリーで楽天が1点を返しなおも一死一三塁と、いつものごとく拙攻が原因で相手に付け入る隙を見せるパターンでしたが、ここは楽天も打線の調子の悪さを見せて1点どまりに。
まあここで二者連続三振を奪うあたり、本当に石井一は好調なんだなと思いましたが。

このあと9回は小野寺、星野、大沼という明らかに気が狂っているとしか思えないような継投をし、予想どおり先頭打者四球などで一打同点の場面を作ります。
どう考えても勝つ気がないとしか思えないこの継投でしたが、楽天の打線の不調は相当なものでこれでも打ち崩せずゲームセット。
現地観戦とかしてたら絶対に9回は見ずに帰りたいような展開でしたが、よくもまあこれで勝てたものだなと。

OP戦でもロクに試してないファースト義人さんをいきなりやったり、しかも9回に守備固めの上本をださなかったり、ちょっと本気で勝ちたいのかわからなくなる采配でした。
2008.04.05 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-2 楽天

勝利投手・帆足
敗戦投手・インチェ
セーブ投手・グラマン

先発は前回試合は作ったものの試合自体は負けた帆足とインチェの対決。
楽天は初回から7連勝の勢いそのままにいきなり3連打で先制しますが、フェルナンデスの併殺で帆足はなんとか1点にとどめます。
2回も楽天は連打で無死から走者を2人ためますが、ここも併殺絡みで無得点。
すると西武が2回の裏に死球と四球で走者をため、二死から細川のタイムリーで同点に。
続く松坂健も痛烈なあたりでしたがここはサードが好捕。

3回には栗山のタイムリーで西武が勝ち越すと、4回には中村のなんでもないあたりが風に流され、リックが取れずに無死二塁に。江藤も歩いて走者をためると、細川が送り松坂健がここで2点タイムリーを打ち貴重な追加点。

帆足は6回にフェルナンデスにホームランを打たれますが、なんとか7回までその2失点で投げきり岡本にスイッチ。いい流れでの交代でした。が・・・

岡本が先頭打者にいきなりヒットを打たれると非常に怪しい雲行きに。途中、細川が走者を刺しますが、またヒットと四球で二死満塁に。
ここでグラマンにスイッチすると、この場面をわずか1球でセカンドゴロにしのぎます。
さすがにこれで大丈夫だろうと思ったら、今度はそのグラマンが9回にピンチを招くことに。
先頭打者を完全に打ち取りますが、打球が死にすぎてこれが内野安打に。
続く鉄平はバットを折りながらもポテンヒットと不運が続きます。
藤井のバント失敗と渡辺を三振に斬りなんとか二死までこぎつけますが、高須には四球で満塁で草野。
最後はセカンドへのハーフライナーでなんとかゲームセット、本当にいつ逆転されてもおかしくないような試合でした。

勝っても負けても疲労感が残る試合でしたが、この試合ではミスを連発されて足を引っ張られたインチェがかわいそうですね。
しかしまあ13安打と四死球4で2点はたしかに酷い。
西武もよくあることなので他人事とは思えません(お
2008.04.05 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 オリックス

勝利投手・星野
敗戦投手・本柳
セーブ投手・グラマン

今日は開幕戦と同じ顔合わせで先発は未勝利の涌井と開幕戦でその涌井相手に白星をあげた金子。
涌井は初回からランナーをためながらも粘りの投球、一方金子はまったく危なげない投球。
両投手ともに無失点で試合は進みますが、4回に一死満塁から細川のタイムリーツーベースで西武が2点を先制。
そのあと赤田のスクイズ空振りゲッツーで結局追加点は奪えませんでした。涌井が投げると絶対にこういうミスが出るんだよなあ・・・

その涌井、7回にピンチをまねきます。先頭打者のカブレラに四球、続く下山がヒットで無死一二塁に。
続く日高のところでなぜか小野寺にスイッチ。相手は代えづらい捕手ですし、日高のあと右の阿部を挟んで村松、後藤とあたってはいるものの左打者が続くところを考えれば星野が先でもよかったと思うんですが。
この小野寺が予想通り裏目に出て、日高を歩かせた後、木元にタイムリーを打たれて同点になりきっちりと涌井の勝利を消します。
今年は小野寺は岸の勝ちが消せないからどうやら涌井を標的にしたようですね。
まあ昨日の試合で好投はしてましたけど、敗戦処理でならまだしもやはり僅差の場面で投げさせるにはあまりにもあてになりません。
まさかこんな形で三井が離脱した弊害が出るとは思いませんでした。

その後更に村松にヒット、後藤は打ち取りますがラロッカに死球で最悪の押し出しに。
そのあと、明らかに後手になった形で星野を投入しローズは討ち取りますがこれで涌井の勝利はまたもおあずけ。

普段ならこのままずるずるといく、ありがちな負けパターンが目に見えていたんですが、今日は珍しく打線が奮起。涌井に勝ちがつかないからでしょうか?
一死から3連続二塁打で一気に2点を勝ち越しという普段なら絶対にありえない効率のいい形で得点しあっさりと逆転。
あとはこのリードを岡本、グラマンが守って逆転勝ち。
勝つには勝ったものの・・・なんか後味悪いなあ。
2008.04.03 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-1 オリックス

勝利投手・岸
敗戦投手・高木

昨日はエイプリルフールということで一応期間限定ネタを少しやったんですが、反応はなし(´・ω・`)
まあいいや、それよりも昨日の酷い逆転負けのほうがエイプリルフールってことでなかったことにならんもんかね(ならん

今日は先発は岸、前回は完封で石井一に並ぶ現状では勝ちが期待できる投手というかんじです。
まあ、意外と被安打が多かったから万全というかんじもしないんですが・・・

一方のオリックスは高木。このあたりに怪我人の多さでローテに苦しんでいるというかんじが見受けられますね。
それにしてもここまで首位と最下位のゲーム差が2というあたりに今年のパの荒れっぷりをかんじます。
最後までこんなかんじになるんだろうか・・・

試合のほうは初回から片岡のヒット、盗塁から中島のタイムリーであっさり先制するも、直後にローズのタイムリーで同点に。
なんかもう追いつかれただけで昨日の悪夢がよみがえるんですが('A`)

2回にはノーアウト一三塁から細川の併殺で1点を勝ち越しますが、流れとしてはもっととれただけに嫌なイメージしかわきません。
しかし3回にブラゼルのソロ、4回と6回に中村のソロで追加点をあげ、岸はまたもヒットは打たれながらも粘り強く投げ岡本、グラマンにつないで2勝目。
まあ、中村の2回目のソロの前にヒットの直後の併殺とかあったんで喜べるか微妙でしたけど。
ぶっちゃけチャンスはかなり潰してるので何ともいえないかんじですが、負けるよりはいいかという。
あと、G.Gって好調みたいに思われてますけどいまだに得点圏でノーヒットなんですよねえ('A`)
勝っても効率が悪い部分がかなり見えるので、早いとこ修正してほしいもんですが。
2008.04.03 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。