上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
一向に片付けが進まず、やることがやまほどあるうえにまだ荷物が増えるという事実にいま家族全員が滅入っててぶっちゃけ家の中の雰囲気が暗い昨今。
そんななかでも岸の完封と、某氏の日記によると山岸が二軍戦に登板したという朗報が。
うん、もう少し頑張れそうだ。
スポンサーサイト
2007.07.31 Tue l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
二日ほど日記をサボってしまいましたが、とりあえずお知らせから。本日づけてかねてから日記にも書いていたとおり、引越しを行いました。まあ、それが忙しくて更新出来なかったんでずが。
それに伴い、ネット環境が整うまでの一ヶ月~二ヶ月ほどは更新が困難になりそうです。

これを打ってるいまも段ボールに囲まれているわけですが(爆)

もし余裕があれば、引越ししたときの苦労話でもできたらいいなあ、などと思ったり。
まずは後始末がやまほどあるのでそっちを頑張ります(笑)
それにしても、テレビもネットもないのは辛いなあ(まだテレビのアンテナをつないでないから見れない
2007.07.29 Sun l 日常 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 3-1 楽天

勝利投手・山崎(2勝1敗)
敗戦投手・朝井(4勝5敗)
セーブ投手・グラマン(4勝6敗7セーブ)

昨日はせっかくいいかんじで試合を進めていたのにジョンソンの一人相撲でそれをフイにして結局後味の悪い敗戦となってしまいました。
今日はその流れを切りたいところですが、そのジョンソンがまた右肘痛で抹消に。

これでカブレラに続いてまた負傷欠場か。
今日は和田も出場せず、打線は飛車角落ちといってもいい状況に。
ただ、前半戦最後の試合で涌井が登板したときもカブレラと和田抜きでしたが、今日は谷間の宮越なのできついかな、と予想してました。
試合は初回から宮越が四球→死球で勝手にピンチを作ると、そこから連続三振→四球で二死満塁、最後はライトフライとものすごい劇場ピッチング。
一方朝井も二塁打→犠打→三振→四球→四球→三振というこちらも残塁グランドスラム達成。
初回からノーガードの譲り合いでこりゃグダグダのバカ試合決定か?と思いましたが、そこまで酷い展開にはならず。
2回に西武は2連打からタイムリーで1点を先制、一方宮越は2回と3回を三者凡退に。
しかし、4回に山崎に33号を打たれて同点にされると、そのあともピンチを招きます。ここはなんとかしのぎますが、宮越はここで降板。
しかしその裏にすぐに福地の二塁打をきっかけに犠牲フライで勝ち越し。
そのあと西武は、山崎→岩崎→三井というリレーに。
楽天は朝井から7回に牧野にスイッチ。その牧野は8回の先頭打者GGにヒットを打たれるとここで渡辺恒にスイッチ。
しかしこの渡辺がなんと二者連続のエラーで満塁のピンチを招くとわずか2球で降板。
このあとを受け継いだ小倉は和田をサードゴロに切ったあと、犠牲フライを打たれるもののその1点に留めます。
しかし、結局グラマンがヒットを一本許すものの後続を断ちゲームセット。
昨日は痛い敗戦でしたが、今日の勝利できっちり勝ち越し成功。
週末のソフトバンク戦に向けていい形で入れそうですね。
しかし相手は杉内、こちらは涌井・・・なんか2対1とかのスコアで負けそうな顔合わせだなあ。しかも向こうはロッテに勝ち越して勢いが出てきてるので、かなり嫌な相手。
3位とのゲーム差が離れなければ御の字、というところでしょうか。
でもソフバンの次がまた日ハムというのは頭が痛いところですが(´・ω・`)
2007.07.26 Thu l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
最近は梅雨も明けてかなり暑い日が続いてますね。引越し準備やってても汗がとまりません。
そういえばこの前の連休でじっくり家具を見てきたんですが(遅い)机を物色してたんですけど、いざ自分の部屋に置くことを考えたらイメージがわかない。
いままで使ってた家具の大半が買い換えになるのが原因でしょうねえ。
収納スペースとか置いた時の感覚がわからないから机をどう置くかもイメージできない。

家族はどんどん家具を決めていって、テレビ台やらチェストやらベッドやらを買ってましたが、結局私は保留。
家から持ち越しの本棚も私が使っていたものではなく、姉が使っていたものをもらうのでこれもどのくらい入るのか?というのが。
ところが、その予定さえ崩れるハメに(´・ω・`)
というのも、掃除やらをするついでにその本棚も運び出そうとしたところ

メキッ

と鈍い音が。
よく見てみると、なかの仕切りの板  目←これのなかの横棒にあたる部分
が見事に割れていることが発覚(;´Д`)
そのあとも色々試してましたが、他の場所も壊れていることがわかり、結局廃棄処分ということに。・゚・(ノД`)・゚・。
これでむこうに行っても本棚が一つもないという非常事態に。
どうしよう・・・これじゃダンボールが明けられない_| ̄|○
29日に引越しなのに、本棚買いに行ってる暇ないし、これはしばらくは我慢かな(´・ω・`)

そんなこんなで色々と当初の予定通りにはいかないながらも自分の部屋作りを楽しんでるかんじです。
2007.07.25 Wed l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 7-6 楽天

勝利投手・グラマン
敗戦投手・福盛

今日からオールスター明けの後半戦が開幕。
先発は西口と岩隈、かたや不調でかたや故障明けとはいえ本来はローテの柱になっている投手。
どちらも復活に向けて期待したいところですが、内容がよかったのは岩隈のほう。
初回に先頭打者がヒット→バントでピンチをまねきますが、ここを三振とショートライナーで切り抜けると2回にヒットで走者を出すもののその後は5回までノーヒットに。
一方西口は4回に連打から犠牲フライで先制を許すと、その直後に礒部に被弾して早くもこの回3失点。
6回にも被弾してこの回を投げきり西口は結局4失点で降板。
一方西武打線は6回までは抑え込まれますが、7回に反撃。
ヒットと四球で満塁になると、細川が貫禄の三振のあとに中村のグランドスラムでなんと同点(゚∀゚)!
ここまで抑え込まれていたのが一振りで同点に。
しかし、8回はお互い店が入らなかったものの9回に楽天が渡辺直の2ランで勝ち越し。
さすがにこの時点で今日の勝ちは諦めかけました・・・が、このあとにドラマが。
一死から上本がヒット、江藤の進塁打で二死一塁。中村が四球でつなぐと福地がタイムリーで1点差。
そして最後は片岡の2点タイムリーでサヨナラ!!この打球、礒部が取れそうで最後はグラブからこぼれたというかんじでした。このあたりはツキがあったというべきか・・・

非常に浮き沈みの激しい試合でした。西口に勝ちがつかなかったのは残念ですが、それでもこの試合で勝てたのは大きいですね。
逆に5回2安打無失点だった岩隈は可哀想ですね(´・ω・`)
まあ、こういう投球をしていけばそのうち・・・と思いますが。
できればそれは西武以外の相手にしてほしいところ(爆
今日でロッテとも3ゲーム差。
ソフトバンクとロッテが足踏みしてる間に差を縮めたいところですが。
明日はジョンソン対ドミンゴ、前回の借りをなんとか返したいなあ・・・
2007.07.24 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
某K氏の日記の影響で私もパワプロでちょっと西武の選手を再現して作る作業をしはじめたり。
といっても、以前結構作っていてそれの続きなんですが。

今のところ作ったのは野手が大半ですね。
というか、関西じゃ西武の試合なんてほとんど放送がないし、球種を調べる手段が少ない上にそれもあてにならないので投手作る気が失せただけなんですが(蹴
それでなくても先発は作るのがめんどくさいですしねえ。

あ、ちなみにやってるのは最新作の14でもその前の13でもなく、12だったりします。しかも開幕版(笑

今のところ作ったのは
・片岡   DDBEC 弾道2 二遊
バント○ 盗塁4 チャンス4 流し打ち 初球○ チームプレイ○

・GG佐藤 DBDCE 弾道3 外
初球○ PH チャンス2 三振 ケガ4 逆境○

・福地 EDAFE 弾道2 外
盗塁4 走塁4 対左2 ケガ4 内野安打 チャンスメーカー

・栗山 DCDEF 弾道3 外
広角打法 初球○ 逆境○ 対左2 三振 積極打法

・高山 DDDDF 弾道2 外
流し打ち 初球○ 代打○

・松永 146キロ コンFスタC
スライダー2 スローカーブ4 チェンジアップ1
ノビ4 四球

こんなもんですね。野手はそこそこの再現度だとは思うんですけど、マイナスは狙って取るのが難しいなあ・・・
一応投手も作ったんですがこちらは出来が酷いので割愛(蹴
去年終了時のデータのせいで強い選手とかもいますが。
投手は作ろうにも球種の把握がなあ・・・('A`)
2007.07.24 Tue l ゲーム l COM(2) TB(0) l top ▲
今日も引越し準備の予定だったんですが、なぜか原因不明の腹痛に_| ̄|○
しかも寝転がったほうが痛いので寝ることもできず・・・これはキツイ(´・ω・`)
とりあえず収まったんですが、この忙しい時期になんで?というかんじです。
まあ、そんなことはさておき、昨日の記事の続き。
今日はちょっと短めに。

・野手
正直、打線に関しては最初は心配していなかったんですが、OP戦あたりから不調の兆候は見えていたかんじが。
カブレラの件もそうでしたけど、結構つながらないことが多かったような記憶がありますねえ。
離脱者で言えば赤田と、開幕から不調で復調してきた矢先に離脱した片岡が痛かったな、と。
あそこからものの見事に打線がつながらないようになりましたからねえ。
福地も序盤は打撃がイマイチで、使われないことが多かったり。
そのせいで走れる選手がいない、打撃に頼ってもつながらない、攻めに嫌らしさが足りないという事態に。
開幕直後は打ちまくっていた和田も失速すると長い間不調に。最初は5割付近打ってて打線を牽引していたんですけどねえ。
GG佐藤とリーファーは開幕から非常に好調。特にリーファーはカブレラが絶不調でスタメンを外されるとその間も四番として堂々たる成績。
5月に入ってリーファーは調子を落として今年も一時期だけか・・・と思いましたが、GGはいまだに好調を維持。
そしてそのGGと守備のさいに衝突して1ヶ月離脱した片岡、こちらはいまだに打撃がなかなか復調せず。

カブレラは開幕直後は不調でスタメンを外されましたが、復調してからはホームランこそ減ったものの、現状はポイントゲッターとして欠かせない存在・・・なのですが、現在股関節痛で離脱。これから得意な時期だけに期待したいところですが。
中島は完全に3番に定着してきたなというかんじ。ホームランがなかなか出てませんでしたが、調子が上がってきてここ一番でホームランが出たり、かなりいいかんじに。
チーム全体がどん底の中で一人元気だったのは江藤。正直あの状況を打破した一番の功労者かもしれません。
それ以外だと細川がかなり当たっていましたが、最近はやはり失速して開幕直後は.280と大当たりだったのが気づけばいつもと同じ程度の打率に。
あと、地味に義人さんの打率が不調だったりと色々。一時期は打線が3点以上取れないのがデフォとか、考えられない状況でしたし。

いまも打線が拙攻をすることはありますが、それでもずいぶんつながるようになってきましたね。
あと、今年はエラーがかなり減ったようで、いまのところチーム43個はリーグで2位タイの少なさ。
試合数の関係で一試合平均だとソフトバンクに譲りますが、それでもずいぶん進歩してるのかな?というかんじが。

・総評
投手も野手も若い選手が多いので、一度こけるとガタガタといってしまう脆さがある反面、爆発すると勢いがつくなというのがあの大連敗とそのあとすぐに借金を返したところからも実感しました。
失策が減ってるのは明るい材料ですね。
カブレラもそろそろ年齢が結構きてますし、大砲候補がでてこないかなあ。
それにしても赤田がいないとセンターの守備がこころもとないなあ。
佐藤友がいるのが救いですが・・・
後半は片岡の復調と赤田の復帰に期待したいところですが。やはり西武の打線は足でかきまわすのが基本というのを痛感した前半戦でした。
2007.07.23 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日はちょっと引越し準備が忙しくてサボってしまいました。
というか、今日も忙しかったんですけどね(爆

てなわけで(何)今日は前半戦をちらっと総括。
まあ、さっくりとですが(蹴
今日は投手陣編で。

・先発
涌井を筆頭に、松坂が抜けた割にはずいぶん形になったかな、というのが素直な感想。
特に涌井はここまでで既に13勝と自己最多を更新、負けもわずか4つと非常に順調。正直これほどやってくれると思いませんでした。
逆に最初は順調だったのに今は調子を崩してるのが西口。最初は5連勝でこのまま涌井と一緒に勝ちまくると思ってただけにこちらは残念。
あと、ジョンソンが開幕直後に怪我をしたのは大きな誤算。復帰以降、結構がんばってるだけにこの離脱は痛かった。
岸は新人ながらローテをよく守ってますね。ここまで小野寺の妨害(違)を受けながらも6勝をマーク、できれば二桁勝たせてあげたいところ。立ち上がりにすぐ崩れる癖も修正しつつあたりはさすがというか。
ギッセルが2軍落ち、グラマンが中継ぎに配置転換、松永が期待に答えられずと計算が狂ったところもありますが、帆足とジョンソンの復帰、宮越もいい投球を見せたりと徐々に陣容は整いつつありますね。

・中継ぎ
開幕直後は長田が大車輪の活躍でしたが、連投やらロングやらで使いまくったのがたたったのか失速して2軍落ち。
対照的に開幕直後に楽天戦で1イニングに6失点した岩崎がその後中継ぎの柱として定着。新人としては実はかなり頑張ってるんですけど、開幕直後の炎上で防御率がそれほどよくないのか注目されてない(´・ω・`)
ちなみに楽天戦の炎上以降の防御率は2.61となかなかのもの(この前また炎上したので一気に悪化しちゃいましたが
他の面子だと星野は左キラーだったのが今年は左にばかり打たれるという状況。しかも監督はひたすら左にぶつけるという地獄絵図('A`)返したらいけない走者を返して点を取られてから抑えるというピッチングばかりですね。少しは復調気配がありますが・・・
正津は防御率がいい割に四球が多いせいかやけにヒヤヒヤさせられるのが何点。
三井は開幕から結構長い間、かなり鉄壁で長田ともども中継ぎの柱だったんですが一時期不調に。やはり暑さに弱いのが原因かとも思いましたが、最近また持ち直してきましたね。中継ぎの層が薄い中での貴重な柱になってるのは去年から引き続きというかんじ。時々急に制球を乱すのがたまに傷ですが・・・
怪我人のほうでは山岸の離脱がかなり響いていますね。なにせただでさえ層が薄いところに今年のOP戦でかなり好調だった期待の若手が・・・(´・ω・`)
その中でも山本歩がファーム落ちはしたものの、この先期待を持てそうな面白い投球をしたりと明るい要素もあったり。宮越を中継ぎで使うのも面白いかもしれませんが。

・抑え
小野寺の不調が全て、というくらい酷かったですね。被打率もかなり低水準でなんでこれほど悪くなったのか、わからないくらいのスランプに。
四球とかでの自滅もありますが、とにかく打たれる。
岸の勝ちを2度消したり(しかも一度は初勝利のかかった試合で)、連敗脱出目前で逆転を食らったりとかなり洒落にならないところで打たれてたり。
最終的には抑えとして定着してほしいですが、現状はこれまでで最悪かも。
辛い時期をなんとか乗り越えてほしいところではありますが。
抑え失格で敗戦処理にまわされた小野寺の代わりに抑えになったのがグラマン。
中継ぎに配置転換してからの防御率は1.46という非常に優秀な防御率。
そして中継ぎでの11試合で四死球なしというのが驚き。先発のときは四球が多くて自滅しがちだったのが大幅に改善されてますね。
腕を下げてからかなり安定感が出てきたかな?というかんじ。

・総評
どのポジションでも当初の予定では軸になるはずだった選手が抜けて、新人や外国人が穴埋めという形になってる状況に。
松坂の穴はたしかに大きかったですが、涌井の成長や今年の新人のレベルの高さに助けられていますね。
たしかに今年も投手陣の成績では下のほうになりましたが、成長の見られる選手や期待できそうな若手もでてきているのでこれから先が楽しみかも。
岩崎や山本歩といった個性的な選手や若手も多いので、暖かく見守っていきたいところです(*´ー`)
2007.07.22 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・全パ 0-4 全セ

勝利投手・久保田
敗戦投手・馬原

今日はオールスターでしたね。それにしてもサンヨーオールスターで慣れてるからガリバーがスポンサーになったのが微妙に違和感が有るというか(どうでもいい

昨日のフレッシュオールスターは非常に静かな試合展開で、両チームでヒットがわずか3本、スミ1という試合でしたが今日の試合も立ち上がりから投手が主導権を握ったような展開に。
上原が立ち上がりから珍しくカーブを多く投げてたのが印象的でした。
まあ、本人は普段やらないことをやりたかったのとおふざけってかんじでしたけど。

試合のほうはどちらもヒットさえほとんど出ない状況で迎えた7回、パの5番手馬原からウッズがあわやホームランの二塁打のあと、ラミレスの2ランでセが先制。
そのあと前田の二者連続となるソロホームランでこの回一気に試合が動きます。
これでパも・・・と思いきやクルーンに完全に押さえ込まれ、このあと武田久が今度は森野に被弾。
最後は藤川が締めてゲームセット。

フレッシュオールスターに続いて投手が支配したような試合でした。
個人的には涌井が中1日なんで打ち込まれないかちょっとばかし心配でしたけど、特に問題もなく。
西武勢は特に目立つこともなかったなあ。以前記録に全く残らない交代をした義人さんみたいな面白いネタもありませんでしたし(おい
そういえばパは内野安打一本だけでしたね。勝つことにこだわってたらしいヒルマン監督が切れてないといいんですけど(笑

ここ最近に比べたらまだ純粋に楽しめたほうだったかな、というかんじでした。
明日は田中と高橋の先発かな?
2007.07.20 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 6-4 楽天

勝利投手・涌井(13勝4敗)
敗戦投手・朝井(4勝4敗)
セーブ投手・グラマン(3勝6敗6セーブ)

とりあえず今日で前半戦は終了。
と、いっても80試合以上終わってるので折り返しを結構過ぎてはいるわけですが、できればどのチームもオールスター後にむけていい形で締めたいところ。

西武は中6日の涌井を立てて磐石の態勢、一方楽天は今季2度目の先発のバス。
正直まだ二度目ということでどういう投手なんだろう?というかんじでしたが、粘っこい投球というべきなのか西武打線が拙攻なのか。
走者は出すけどなかなか点が入らないという非常にフラストレーションの溜まる展開に。
バスは1回、2回は無難に立ち上がるもそれ以降は毎回のように得点圏に走者を出す展開、そして得点に結び付けない西武打線。
一方の涌井は1回無死から2連打を浴びてピンチを招くもそれを切り抜けると、2回、3回はノーヒットも4回にソロを浴びて先制を許します。
しかし西武も5回に細川の二塁打と福地が三塁打から相手の守備が乱れる間に福地もホームイン。
6回も西武はヒットのあと相手のミスと犠打で一死二三塁のチャンスを作ります・・・が、ここでまた無得点。
どうもちぐはぐな部分が目立ちます。
するとその裏、涌井がヒットと四球からピンチをまねくとリックにまさかのプッシュバントで内野安打を打たれて同点に。

そのあと7回、8回は試合が動きませんでしたが迎えた9回の表。
先頭打者細川のまさかの交通事故もといソロホームランで1点を勝ち越すと、ここから鬱憤をはらすかのように打線がつながり一気にこの回だけで4点を勝ち越し。
それをできるならさっさとやれと小一時間ほど(ry
これで完全に勝負ありかと思いましたが、9回の裏に先頭の山崎、続くリックに連打を打たれると続く草野を併殺に。
しかし二死から代打憲史にタイムリー3ベース、代打関川にタイムリー内野安打で一発出れば同点という場面になると涌井は降板。
あとアウト一つだっただけにもったいないところですが、これは仕方ないところかな?(´・ω・`)
まあ、今日は貝塚の守備に再三助けられていたところを考えると、あぶなっかしいながらよく9回まで投げたなというかんじですけど。
最後はグラマンが代打吉岡を切ってゲームセット。

これでオールスター前の最後のカードは勝ち越しで終了、いい形で締めれましたね。
涌井はこれで早くも去年の勝ち星を上回る13勝をマーク、これは本当に立派じゃないでしょうか。
夏場に失速するかという懸念はたしかにありますが、それでもこの時期にこれだけ勝つというのは並大抵のことじゃないですしねえ。

とりあえずオールスター前に5割以上という形になりましたし、仕切りなおして後半戦にそなえるというには非常にいい形になったんじゃないでしょうか。
さて、オールスターブレークの間の日記のネタ考えないと(おい
2007.07.18 Wed l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 3-5 楽天

勝利投手・ドミンゴ(1勝1敗)
敗戦投手・ジョンソン(1勝3敗)
セーブ投手・福盛(4勝1敗17セーブ)

昨日は各地でかなり大きな災害があったようですね。特に新潟の地震は酷いようで、いまも大変なんでしょうね・・・
私が住んでるのは近畿のほうなので今回の地震とは関係ありませんでしたが、なぜか台風が通り過ぎたあとに大雨が。
昼間はギリギリ天気も保ってたのが夕方に降り出して夜には土砂降りに。
なんか記録的な短時間での大雨とか警報で出てたなあ。

それはさておき、今日はドミンゴ対ジョンソンの両先発で始まった楽天対西武。
ジョンソンはいい球投げると聞いたんですけど、その割には安定感がどうなのかな?というかんじもあったり。
まあ、まだ試合数をそれほど見てないので判断するのは難しいんですけど。

そのジョンソンですが、初回にいきなり先制されると毎回走者を出す苦しい展開に。
まあ、4回は中島のエラーでしたけど('A`)
4回表には味方の援護で一度は同点に追いついてもらいますが、5回の裏にヒットからホームランという流れであっさり勝ち越されることに。
6回にも連打で無死からピンチを招きますがここはしのぎ、ここで降板。
しかし、代わった星野が乱調で先頭打者にヒットを打たれるとバントをきめられ、二死までこぎつけたあとに死球→タイムリーで非常に大きな二点を献上することに。

結局9回に二点を返すも星野の失点が大きく響いて敗戦。せっかく初戦をとっても勝ちきれない最近をあらわしたかのような試合になってますね。
それにしても勝つときはよく走ってるのに負けてる試合では走ってないというパターンが目立つ気がするなあ・・・
明日は涌井。勝ってすっきりと終わりたいところです。
2007.07.17 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-2 楽天

勝利投手・山崎(1勝1敗)
敗戦投手・田中将(7勝4敗)
セーブ投手・グラマン(3勝6敗5セーブ)

この連休は引越しの準備のせいでかなり疲れました(´・ω・`)
ほとんど家にこもって整理や掃除してましたねえ。外に出ても家具選びでかけずりまわったり・・・
まあ、その辺はまた試合がない日にでも書くとしまして(蹴

それはさておき、今日の試合は西口と田中将が先発。
ここ最近の状況を考えると対照的な勢いといわざるを得ないところではありますが・・・

試合のほうは先制したのは西武。
初回からヒット→犠打→タイムリーというキレイな形で先手を取るといういい流れのスタートを切ります。
しかし、西口がその裏に四球→ホームランであっさりと逆転を許すことに。
このあとは両先発が踏ん張り5回まではどちらも追加点なしの展開に。
しかし、5回を終えると西口が内転筋の張りを訴えて無念の降板。
試合をきちっと作っていただけにこれはもったいなかったですね(´・ω・`)
6回表にはヒット→一死のあと四球でチャンスを作るも併殺で無得点。
この時点で西口の勝利はなくなってしまいます。
こういう悪い流れで登板した山崎は先頭打者にヒットを打たれ、次の打者に犠打を決められるという展開。
しかしここを無失点で切り抜けると中村が同点ホームラン!(゚∀゚)
そして8回には中島の盗塁から三連打で二点を勝ち越すとこのリードを三井とグラマンがきっちり守って勝利。

西口は残念でしたが、それでも連敗を止めたのは大きいですね。借金になるか貯金になるかは大きな違い。
なかなか上位とつかず離れずの微妙な距離ではありますが、それでも一時期を考えるとまだ随分マシだと思うべきなんでしょうねえ。
なにせあのころはこんなに早く差を縮めるどころかもっと下にいくんじゃないかと思ってたりしましたし。
明日はドミンゴという懐かしい顔との対戦。
なんかセギノールとかオーティズとかローズとか、復帰する選手が多いなあ・・・
2007.07.16 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-6 オリックス

勝利投手・高木
敗戦投手・帆足

このところ1戦目をとられたあとに2連勝という形できていたのでひょっとしたら逆の目になるんじゃないかとちょっと嫌な予感を抱きつつ迎えた今日の試合。
先発は前回好投しながらも見殺しにされた帆足とオリックスは岸田。

初回はどちらも比較的静かな立ち上がりでしたが、2回に北川のソロでオリックスが先制。
しかし、西武も取られた直後の3回表に3連続長打で二死から2点を返して逆転。
4回にも先頭打者がエラーで出塁してここから一気にといきたいところでしたが、二者連続の外野フライなどでチャンスを潰すと流れはオリックスに。
6回にも一死から二塁打でチャンスを作りながらも点を取れずにいると今度は6回裏にそのツケがまわってくることに。

一死からヒット→二死からホームランであっさり逆転されるとそこから連打と四球をからめてこの回4失点。
結局そのあとも点を取られてずるずると昨日と似たような敗戦に。

なんというか取れるときに取っておかないと今の投手陣事情では厳しいというのを如実に表した敗戦になりましたね。

これでせっかくの貯金もあっさりと0、3位とのゲーム差もまた3に。
なんというか、このあたりでうろうろされるのも結構フラストレーションがたまりそうな。
シーズン終わったらこのときにゲーム差を縮められなかったのが痛かった、なんてことにならないといいんですけどね('A`)
2007.07.15 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-6 オリックス

勝利投手・菊地原
敗戦投手・岸
セーブ投手・加藤大

今日は台風の影響で相次いで試合が中止という状況に。
大阪ドームで予定されていたこの試合もひょっとしたら中止になるかも、などと危惧されるような状況でした。
先発は岸対カーター、最近のオリックスはカーターが柱のような状況ですが、できれば上位の試合がない間に勝って差を縮めたいところ。

先制したのは西武、福地の二塁打を足がかりにタイムリーで1点を先制。
しかし、四球や安打で走者を溜めてただけにもう少し点がほしかったところ。
取れるときに取っておかないと響いてくるものですが、そのツケはすぐに現れる形に。
先頭の平野は打ち取りますが、村松に安打、ラロッカとローズに連続二塁打を浴びてあっさり逆転されるはめに。
そのあとも犠牲フライでリードを広げられますが、5回にカーターから2点を取って同点に。

しかし、岸が踏ん張れずに6回には下山のソロで勝ち越しを許すと、8回にローズにヒットを打たれたところで降板すると、後続の正津がこの日二本目となる下山の2ランをくらい勝負あり。

せっかく言い流れできていただけに、この敗戦は痛いですねえ。
できれば今日で勝ち越しを決めて明日は楽にいきたいところでしたが。
それにしても、宮越が落ちて代わりにあがってきたのが野田って・・・
いい加減控え捕手は田原でいいんじゃないかなあと思うんですが('A`)
2007.07.14 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-2 オリックス

勝利投手・宮越
敗戦投手・平野佳
セーブ投手・グラマン

今日は引越し準備で本の整理やらやってました。おかげで腰やらが痛いのなんの(´・ω・`)
まあ、これに関しては試合がない日にでも書こうと思いますが。

それはさておき、今日はちょうど先発のちょうど谷間、誰が投げるんだろうと思っていましたが先発は宮越。
ギッセルをまた昇格させて使うんだろうと思っていただけに、ちょっと意外でした。
一昨年の好調な宮越を見ているだけに個人的には嬉しかったですね。
というわけで今年初先発の宮越と平野佳という先発で始まった今日の試合。
向こうはローテの柱、こちらは谷間なので勝てればもうけものという感覚でしたが、先制したのは西武。
3回に連続二塁打などで2点先制すると、5回にもヒット→バント→タイムリーという理想的な流れで追加点、そのあとも二死からまた追加点。

一方宮越のほうは2回に連打されるも無失点でしのぐと大引に5回にホームランを打たれるまでは点を取られることなくしのぎます。
最終的に6回途中まで被安打5、失点1という及第点の投球。
そのあとは小野寺、三井、岩崎、グラマンとつないで勝利。
なんか自責点のつかない状況で1点返されてて見てないからよくわからないんですけど、義人さんの守るセカンドに連続でゴロが飛んでるからなにがおきてても不思議じゃないということで(酷い

グラマンは昨日は不安定でしたが今日は3人切り。なんかもう守護神として定着しかかってるんですけど(゚∀゚)
もっと早くこうなってれば岸の勝ちも消えることはなかったんだろうかと思ったり。
まあ、グラマンが投げてるのは3点差ばかりなのでまだこれからなんでしょうけど。
いまは上位3チームをひっかきまわすポジションになってますけど、そろそろAクラスに入りたいなあ。
2007.07.13 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-3 ロッテ

勝利投手・涌井
敗戦投手・吉井
セーブ投手・グラマン

昨日は結構な暗黒臭の漂う試合でしたが、中島の一振りでそれがきちんと振り切れたのかを試される今日の試合。

今日は勝ち頭の涌井が先発、相手は5本柱に比べるとやはり安定感に欠けるといわざるを得ない吉井が相手。
できればしっかり勝ちを拾いたいところでしたが、今日もロッテがあっさりと先制。
これで3連戦すべて後手にまわる展開に。
しかし、取られたすぐあとの1回裏、四球と3連打などで一気に3点を取って逆転。そういえば二者連続タイムリー内野安打なんていうめずらしいのも。
2回にもGGの2ランで2点を取って4点のリードを奪うと、そのあとは涌井が走者を出しながらも4回まではその1点でしのぎます。
8回にピンチを招いた時点で降板しますが、今日の涌井は相手の拙攻に救われたかんじかな?
被安打11だということを考えるとよく2点ですんだという印象。

8回のピンチを三井がしっかり抑えると9回はグラマン。
磐石かと思いましたが一死から二者連続二塁打で1点を失い、ちょっと嫌な空気に。
それでも最後はグラマンがなんとか試合をしめてゲームセット。
そういえばグラマンはちょっと手の振りがスリークォーターっぽくなってましたね。
これで涌井は去年の勝ち星にならぶ12勝、早いなあ。

さて、明日も試合があるようですね。
先発は久しぶりの宮越のようで。また5割に逆戻り、なんてことにならないように打線が奮起してほしいところですが。
2007.07.12 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-2 ロッテ

勝利投手・ジョンソン
敗戦投手・荻野
セーブ投手・グラマン

なんか今日はあちこちで凄い試合ばっかりだったんですけど(;´Д`)
特に神宮の花火大会は凄かったなあ・・・
あれだけホームランが出て起きながらソロと2ランだけなんて(そこか

それはさておき、今日の西武。
ここまで2試合連続完封負けと嫌な流れだなだけに、今日はなんとかしたいところで今日の先発はジョンソン。
ここまで勝ち星はないので、そろそろ勝利がほしいところ。
しかし、今日も先手を取ったのはロッテ。
長打はなくとも安打を重ねてじわじわ得点というロッテらしい点の取り方という印象でした。
2点は取られたもののジョンソンが踏ん張っていると、5回に義人さんの安打と盗塁を足がかりに1点を返します。
が、6回は一死からに連打でチャンスを作るものの併殺でチャンスを潰すという嫌な流れに。
このままずるずるいくかと思われましたが、7回に投手が荻野に代わると安打と四球で満塁にしたところで中島が逆転満塁弾!(゚∀゚)

このあとを三井とグラマンがパーフェクトリリーフでつないで勝負あり。
三井も一時期の不調に比べるとだいぶ復調してきたようですね。
グラマンのほうも中継ぎ転向以降はかなり安定してるようで、9回が安心して見れるようになったのは大きいです。

これで上位3チームとの3カードは少なくとも5割は確定、これは大きいですね。
明日は涌井対吉井、できれば勝ち頭の涌井なので一気に勝ち越したいところ。
それにしても涌井はあと1勝で去年の勝ち星と同じですか、早いもんです。



余談ですがこの記事、書いてる最中でいったんPCがフリーズして記事がぶっ飛びました(どうでもいい
2007.07.11 Wed l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 0-7 ロッテ

勝利投手・成瀬
敗戦投手・西口

カブレラが登録抹消でしかも前の試合は完封負けという嫌な流れを切りたいところでしたが、今日は防御率が2位という凄まじい安定感を見せている成瀬が相手。
しかもここまで西武戦で4度投げて3勝0敗と完全にカモにされている状況。
一方西武は不調の西口が先発。
開幕直後は好調な滑り出しでしたが、5連敗などで一気に調子を落としてしまったのが(´・ω・`)
150勝目前だけに頑張って欲しいところでしたが・・・
試合は3回までは両チームとも無得点という展開。
もっとも、成瀬にはほぼ完全に押さえ込まれていたのに対して西口は走者をだしながらもなんとか・・・というかんじでした。
3回は西口も三者凡退で持ち直すかと思いましたが、4回にロッテ打線が爆発。
ヒットと四球で満塁にするとオーティズの満塁弾、そのあとも連打でこの回一気に5得点で勝負あり。

成瀬から点を奪えるわけもなく、あっさりと試合終了。
これでカブレラ離脱にともない連続完封負け(´・ω・`)
前回は途中まではしまった試合で結局は向こうの好守備に得点を阻まれ、最終的には大差になりましたが今回は完敗というか惨敗。
西口が誤算というより他に無いですねえ。

涌井が奮闘して岸もいいかんじにローテを守って、帆足も復帰しましたがやはり西口が復調してくれないときついところ。
早く以前のように試合をきっちりと作る投球をしてほしいところ。
せっかく5割になったのにまた借金か・・・なかなか流れに乗れないなあ。
2007.07.10 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はなんか雨が降りそうでなかなか降らないという中途半端な天気でした。
書くことも大してないので最近のことを列挙してみると

・自転車に空気を入れようとしたらなぜか逆流(;´Д`)
・そのあと空気を入れようとしてもなぜか入っていかない(´・ω・`)
・というわけで買い換え決定。
・降水確率90%なのになかなか降らない雨
・引越し前の机整理をしていたら捨てるものが多すぎて酷い状況に
・なんでこんなもんとっておいたんだという物が多数発掘
・冬服を新しい家に持っていってる最中に大雨('A`)
・なぜかお茶を買おうとしたら別のものが出てきた自販機
・郵便局員が同じ自販機で同じお茶を買ってたけどこっちとは別のものが(しかもやっぱりお茶じゃない
・そういえば新しい机まだ探してないや
・姉の友達がビリーズブートキャンプをはじめたらしい

こんな日常です(えー
あまり書くこともないのでこのへんでノシ
2007.07.09 Mon l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 0-7 ソフトバンク

勝利投手・和田
敗戦投手・帆足
セーブ投手・馬原

和田対帆足という一昨年あたりはよく見た気がする今日のカード。
試合のほうはホークスが初回に先制したあとは試合が8回までこう着状態に。
西武打線は先頭打者をだしてもそれを生かすことができない拙攻。
ホークスも得点圏に走者を何度か進めても結局点が入らないという、投手が踏ん張っているのか打線がふがいないのかちょっと微妙な展開。
とはいえ、どちらも無駄な四球が少なかったところを見ると両投手が踏ん張ったと思うべきなんでしょうけど。

試合のほうは7回に西武が一死一塁から高山の二塁打で一死一二塁・・・かと思いきやそのままホーム突入で本塁憤死。
なんか今年は本塁憤死が多いなあ・・・三塁コーチ清水は自分が走ってるときの基準でまわしてるんじゃないだろうな(;´Д`)
そのあと結局得点できず、8回からホークスはなんと馬原を投入。
8回は馬原に抑えられると、9回には岩崎が打ち込まれ星野が押し出し、とそれまでとは別の試合のようなグダグダっぷりで大敗。

8回まで帆足が力投していただけにもったいないといわざるを得ない試合でした。
それでもガトームソンと和田に対してこちらは新人と病み上がりだったので1勝1敗なら上等かも。
帆足のほうも前回に続きいい投球をしてくれたので、これなら安心してローテを任せられるかな?

負ける時はこんなもんなんでそれはいいんですが、それよりも心配なのは岩崎のほうですが。
2点以上取られたのって、開幕2戦目の楽天戦以来記憶にないんですけど・・・
ここまで結構投げてるので、そろそろ疲れが出たのかな?
いまのところリリーフの生命線なのでかなり心配です(´・ω・`)
とりあえず上位3チームとの3カードもあと1カードなので、できれば勝ち越したいところ。
そろそろ西口の150勝を見たいなあ・・・
2007.07.08 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-0 ソフトバンク

勝利投手・岸
敗戦投手・ガトームソン
セーブ投手・グラマン

やっと一昨日に勝率が5割まで復帰した大事な初戦。
3位ソフトバンクとの直接対決ということもあり、今日はなんとか取っておきたい試合で、先発はどちらも防御率は結構いいのに勝ち運から見放されている感じのある岸とガトームソンの両投手。

試合のほうは西武が初回から栗山が二塁打を打つとそれを足がかりにまず先制。
一方の岸は走者は出すものの三塁を踏ませない投球で6回を無失点。
打線は相手エラーからの犠牲フライや連打などで2点を追加、あとは継投でこれを守りきり勝負あり。
正直、7回に小野寺が登板したときはかなり嫌な予感がしましたし、先頭打者にヒットを打たれた時はまたか・・・という思いがかなりありましたけど。
逆にグラマンはセットアッパーになってからのほうがかなり危なげないですね、いまのところは。

岸はここ2試合、好投してリードを保ったまま降板したのに後続が打たれて勝ちが消されるというのが続いてましたがこれでやっと6勝目。

これまで
9回無失点   →勝ち
6回途中無失点 →負傷降板のあと三井が打たれて勝利が消滅
8回途中2失点 →9回に小野寺が打たれて勝利が消滅
6回無失点   →勝ち

ここ4試合の成績が30イニングで2失点、防御率は0.60
これで2勝というのはちょっと可哀想ですねえ。しかもリードしてたのにってのは・・・。
まあ、この状況でローテを守ってくれてるだけでも充分かもしれませんが。

とりあえずこの8試合を5分でいけたらと思っていましたが、いまのところはいいペースできてますね。
やっとAクラスに2ゲーム差まで肉薄できたところですし、できればオールスターまでに3位以内に入れればとも思いますが・・・
まだソフトバンクとの1試合とロッテとの3連戦も控えてますし、果たしてどうなるのか。
2007.07.07 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
そろそろ本格的に引越しの時期も近づいてきたということもあり、今日は引越し業者を呼んで見積もりをしてもらってました。

実は昨日も別の業者を呼んで二つの会社の値段やらを比較することにしてたんですけどね。
実際にしてもらってわかったんですけど、最初に向こう側が提示する金額と最終的な額とでずいぶん開きがあるなと。

あまり細かい額を言うのはアレなんですが、ぶっちゃけどっちの業者も最初の提示額とおおよそで3万以上の差がありました。
まあ、むこうも色々と試行錯誤してその値段になったのかもしれませんが、結構ふっかけられたんじゃね?というのが正直なところ。

あと、引っ越す時期が夏休みに入る直後だけにかなり業者のほうも忙しいようで、値段も高くなるんだとか。今考えたらもう少し時期をずらしてもよかったような気がしますが、まあここまで来るとさすがにそれも難しいかなと。

そしてこの時期に自転車がぶっ壊れました('A`)
できれば向こうで買い換えたほうが輸送費用がかからなくて済むんですけど、自転車はこっちでもまだ使うからなあ・・・困ったもんだ。

自転車も修理して使おうか迷ってるんですけど、もうこの際買い換えたほうがいいのかとも思ったり。
結構ガタがきてますし・・・うーん。
2007.07.06 Fri l 日常 l COM(2) TB(0) l top ▲
・西武 8-0 日ハム

勝利投手・涌井
敗戦投手・吉川

最近は勢いでここまで勝ち進んでるかんじですが、どうしてもあの大連敗の悪夢のせいでどこか怖さがあるというか、悪いことを考えがちなんですが。
今日はこのところやや不安定な面も見せている涌井が先発、できればここで一気に5割にしたいところ。

試合展開は涌井が2回まで3者凡退のいい立ち上がりを見せると、3回に四球からタイムリーで先制。
そのあともこまめに加点し、涌井も野選でピンチをまねくも足で打球を止めてその回のピンチをしのぐと他は危なげなく8回まで投げぬき、9回に7連打で大量の追加点が入ったところでお役御免。
最後はグラマンが引き継ぎ三者凡退で試合終了。
涌井は被安打4、四球は1個のみと文句なしの投球で11勝目、これでチームも5割復帰と非常にいい形の試合でした。

これで正念場の上位陣3チームとの8連戦は1カード目に勝ち越し。できればこの勢いで勝ち越しができればベストなんですが。
とりあえず5割にはもどったので、これからが本当の勝負でしょうね。
2007.07.06 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-1 日ハム

勝利投手・三井
敗戦投手・武田久
セーブ投手・岩崎

今日の試合が終わって最初に思ったのは、リードした状況で最後に投げる投手が違うだけでこれほど安心感が違うもんなのかと(おい
先発は金村とジョンソンという微妙な顔合わせでしたが(失礼)試合は両先発が要所をしめて最初の得点以降なかなか点が入らない展開に。
まあ、西武は初回のホームラン以降は拙攻が(ry

ジョンソンも金村も8回までで降板しましたが、どちらも結局9回まではその1点だけで延長戦に。
西武はあまり延長戦に入っていい展開になるイメージがあまりないというか。
やはり後ろの投手の層を考えると不利と言わざるを得ないので正直きびしいかと思っていました。
ましてや相手は後ろがしっかりしてる日ハム投手陣ですし・・・
しかし、今日はリリーフの武田久が不調だったのか、細川の二塁打を足がかりに栗山のタイムリーで勝ち越し、そのあとも連続タイムリーで追加点。

3点差になった時点で勝てそうとは思いましたが、裏は小野寺が・・・
と思いきや、小野寺は抑えを降格されて昨日敗戦処理をした影響か、今日は岩崎が登板。
同じ3点差でも投手が変わるだけでこれほど安心感が違うものなのか、先頭が出塁してもそれほど焦らずに済みました(爆

明日は涌井ですが、時々脆さを見せるようになってきているのと、ただでさえ夏に失速が懸念されているのに中5日というのがかなり心配です。
悪い予感が当たらないといいですが。
2007.07.04 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-7 日ハム

勝利投手・武田勝
敗戦投手・西口

今日は初回から西口が制球を乱し、どうにも波に乗れないまま追いついてもらっては突き放されるという展開に。
得点もソロ2本の2点のみで、最後は西口が満塁から金子誠に走者一掃のタイムリー2ベースをくらって力つきる形に。
ここまで順調に借金を減らしていたので一気に5割といきたかったですが、やはり上位相手では一筋縄ではいかないようですね。


・・・このところ引越し準備やらのほかに、結構立て続けに嫌なことが起こって少々精神的に参っている状況でして。
しかし同じことをアホみたいに繰り返し日記に書いてるんだなあ、自分。指摘されるまで気づきませんでした。
なんか急激に自分の文章力のなさが情けなくなってきました。
なんか愚痴になっちゃいましたが、今日はこのへんで。
2007.07.03 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 10-1 楽天

勝利投手・帆足
敗戦投手・山村

順調に借金を減らしてきたところで、今日は帆足が先発。
この勢いで先発の柱が復帰してくれればと思っていましたが、初回から3点先制で非常にいい流れに。
帆足も7回途中まで投げて四球は1個、被安打は散発5安打と上々の内容。
3回に1点は返されたものの、その1失点で抑えてくれたのは大きかったですね。
5回に無死から連打でピンチは招きましたが、ここを無失点で切り抜けられたのが非常に大きかった。
打線のほうも、初回以降は5回までなかなか追加点が取れませんでしたが6回に無死から走者を出すと二死三塁になってから片岡がタイムリー、その片岡が盗塁を決めたあとに中島がタイムリーで2点を追加。

このあともGGの2ランや8回の集中打などもあり、帆足のあとを引き継いだ正津、グラマンがしっかりと抑えて勝負あり。
どこぞの抑えと違って点差があってもしっかり抑えてくれました(おい

それにしても高山は凄い。今日で代打で3打席連続安打、ホームラン、ホームラン、タイムリーとは・・・

これで借金もあと1つ。やっと5割直前まできましたねえ。
帆足も戻ってきて、これでローテの負担もだいぶ楽になりそう。まあ、まだ完全復活かどうかはこれからにかかってくるんでしょうけど、それでも頭数が増えるのは現状を考えると非常に大きいですね。
これで松永が帰ってきたらローテもかなりいい感じになりそうですが。

これから上位陣3チームと3カード連続であたるので、ここからが本当の勝負になりそう。その面でも帆足復帰は大きいですねえ。
ここまでは順調にきましたが、これからの戦いで少しでも上位との差をつめたいところ。
まあ、まずは5割にもどしてからの話なんですけど。
5割をキープするのも上位が相手だとなかなか難しそうですしねえ。
2007.07.01 Sun l 野球 l COM(5) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。