上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・西武 6-4 楽天

勝利投手・小野寺
敗戦投手・渡邉

前回、前々回と好投していた岸が先発だっただけに、勝利を期待していたこの試合。
初回から2点先制という幸先のいい立ち上がりで試合が始まると、そのあとも1点を返された直後にすぐに点を取って突き放すという理想的な展開。

4点目を取ってこれは大丈夫かと想いましたが、岸は8回途中2失点で降板。
そして星野が登板で少し嫌な空気でしたが、星野も最近は復調してきたのかきっちりと後続を断ち2点差で9回に。
しかし、西武には最大のハードルが9回にあるというのは周知の事実なわけで・・・

結論から言えば、また小野寺が岸の勝ちを消す形に。
この前も7回無失点で2点差の9回に追いつかれたあたり、どうやら小野寺は田中のファンなんでしょうね(#´ー`)
三井に勝ちを消されたこともあったり、どうも岸はついてないというか。

まあ、それでも最近は立ち上がりから安定した投球をするようになってきているので、これに負けずにがんばってほしいところ。
というか、もともとメジャー志向あるみたいな発言してるのにこんなんじゃあっさり出ていかれそうだなあ・・・

とりあえず小野寺以外の抑え候補が見当たらないのはきついですね。
いっそ岸を抑えにだな(ry

それはさておき、このヘタレストッパーの尻拭いをしたのは高山。
巨人戦に続き2打席連続の代打ホームラン(゚∀゚)!
これがサヨナラ弾となり借金は2となりました。
これで6月の勝率が5割だから、後半の追い上げが凄かったんだろうなあ・・・

明日は帆足。彼がもどってくればローテもかなり楽になるので復活してほしいところです。
スポンサーサイト
2007.06.30 Sat l 野球 l COM(2) TB(1) l top ▲
・西武 6-2 楽天

勝利投手・涌井
敗戦投手・永井

ちょいとばかし私用で昨日は更新できませんでした。
昨日からリーグ戦が再開したわけですが、やはり先発はどこもいい選手がきてましたね。
試合数からいくとここから後半戦というかんじですが、西武はまだ借金があるので早いとこ返しておきたいですね。

先発は涌井でしたが、蒸し暑さがかなり負担になったようでピリッとしない立ち上がりでした。
珍しく四球が多かったですし、相手の拙攻に助けられたかんじはありましたね。
ただ、取られたあとに早い段階で打線が反撃したのが大きかったようで、3回に2点先制されたあと、4回にカブレラがソロで1点差にしたおかげでいけるというかんじにはなりました。
そのあとのカブレラがタイムリーで同点にするなど、カブレラの活躍がかなり目立ってました。
永井のほうも結構バタバタしていたかんじはありましたが、走者を置いて青山にあとをたくしたところその青山が誤算。
ストレートの四球→満塁から高須のエラー(記録はヒットとエラー)で2点→中島のタイムリーで2点と一気に4点勝ち越し。

これで永井が自責点4というのはちょっと可哀想でした。
涌井は8回途中でピンチを招いたところで三井に交代、9回は小野寺。
いつものごとく無死一二塁までいってから抑えてました。いい加減に(ry
涌井はやはり疲れがあるのかな?というかんじがしないでもないですが、昨日のコンディションだとそれもしょうがないかも。
なんにせよ、涌井は二桁いったら上出来くらいにかんがえていたのでまさか前半戦で二桁達成とは想いませんでした。
できればタイトルとって欲しいなあ。
2007.06.30 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
交流戦も完全に終わったのでここらでちょっとだけ振り返っておきますか。
西武ファンとしては、交流戦で落ちたという印象はそれほどありませんね。
なにせ、それ以前から連敗はかなりありましたから(爆

とはいえ、まとまった連敗は交流戦中でしたが。あの時はもうなにやっても勝てるとは思えませんでしたねえ。
思い出しても鬱になってくる_| ̄|○

逆に日ハムは凄まじかったですね。MVPのグリンの成績ってかなり凄かったようですが、それ以上にチームの快進撃の印象のほうが強かったです。
14連勝とか、もう見ててまぶしかったですね。・゚・(ノД`)・゚・。
グリンの防御率1点そこそこは凄まじいですが、チーム防御率も2点そこそこなのには恐れ入りました。
失点わずか54って(;´Д`)

他だと、巨人は今年は交流戦になっても安定した強さを発揮していたようで。
あまり目立ってないですが、横浜の後半の追い上げも凄かったようで、気がつけば交流戦3位。
実は交流戦のチーム打率が2位ということもあって、交流戦前の不調から完全に立ち直ったようですね。

まあ、個人的には他球団のことを見渡す余裕がないほど西武の不調っぷりを嘆く&連敗止めてからの連勝をヒヤヒヤしながら見守る状況だったわけですが。
とりあえず借金は最大の時の半分以下まで減ったし、オールスターまでに借金を返せたらいいかな?というかんじですが。

休み明けは楽天、現在好調のチームなのでなかなか厳しい戦いになりそうです。
涌井は夏が苦手といっているだけにこれからのローテが大変になりそうだなあ・・・(´・ω・`)
2007.06.28 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
引越しまであと一ヶ月に迫ったということもあり、色々と下準備を。
引越し先が祖母の以前住んでいた家で、そこに私たちが移るということもあり今の間は使わない冬物の服をむこうに運んで、収納しておくことに。

これをやっておくと後々多少は楽になる・・・と、思います(お
というのも、引越しやったことないんでわかんないんですよねえ(爆
で、スポーツバッグにいっぱい冬物の服を突っ込んで祖母のいた家に運んで参りました。
母も今の時期に使わない服を持っていったんですが、この時期にセーターやらトレーナーやらを鞄に突っ込んでると、もう触ってるだけで暑苦しいというか。

運ぶのも衣類だけとは思えないほどの重量でなかなか苦労しました。
むこうに着いたらついたで、今度は祖母たちが置いていった洋服ダンスを私の部屋に運ぶことに。
これがまた、あちこちひっかかって大変でした。
そのあとは洋服ダンスを動かしたあとの壁の汚れを落とし、洋服ダンスを拭いて、そこに持ってきた洋服を入れて完了。

祖母の新しい家に祖母たちがまだ持っていってない食器やらを持っていったり(あとで邪魔になるので)全部終わる頃にはさすがに疲れましたね。
本格的な引越しとなるともっと疲れるんだろうな・・・
今からちょっと気が重いですね(´・ω・`)
2007.06.27 Wed l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
交流戦も一応終了ですね。西武ファンとしては前半かなり地獄を見ましたが・・・

交流戦のまとめはまたあとで、今回はちょっと驚いたニュースがあったのでそちらを。

・日ハム、オリックス間で木元・清水と歌藤・萩原のトレード成立

いずれの選手もあと一息でレギュラーというところまでいった実績があるだけに、最近伸び悩んでるので環境を変えて・・・ということなんでしょうが。
オリックスサイドの2選手はどちらもまだプロ入りして浅いと思っていたんですが、萩原ってもう16年目だったんですね(;´Д`)
歌藤も4年目だけどもう29だから早いうちに環境を変えようということなんでしょうか?

日ハムの清水は岡島がいなくなって左の中継ぎとして出てくるかと思ってたんですが、こういう形になるとは。
木元に至ってはスタメンでもちょくちょく出ていましたからねえ。
まあ、低打率だったのと怪我がちだったこともあって日ハムファンからは厳しい意見も出ていたようですが。
つい最近日ハムファンと肝との話をしていただけになあ・・・

あと、ロッテがもとオリックスのオーティズ獲得だとか。セギノールが日ハムに入って一年目はかなりの活躍を見せていましたが、こちらはどうなるやら・・・?
2007.06.26 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
以前はだいぶ長い間放置していたサモンナイトも進めだすと早いもので、もうすぐ佳境に。
スパロボOGも発売されるのでそれまでにはクリアしたいと思っているのですが。

20話ぐらいまであるらしいですが、現在は18話。
物語そっちのけで無限回廊を探索してました(おい
というのも、18話から無限回廊の最下層までいけるようになるので、その時点で最強装備を整えたい自分としてはどうしてもそちらに力が入りがち。
というか、装備を整える最後のチャンスらしいので、ここでガチガチにしておかないと後がきついのですが。

で、ついさっき無限回廊をクリアしたんですがこれがきつかった_| ̄|○
一応、一つ下の階層に進むたびに全てのアイテムを回収してはいましたが、こちらのレベルが上限まであげていても相手のレベルがどんどんそれに迫ってきてるので最後のほうは何度か死にかける場面もありました。

一番最後はサモンナイトシリーズの別作品のキャラが敵で出てきてびっくり。
このゲーム、過去作品のキャラが出てくることは多いですがこういう形は初めてじゃないでしょうか。

しかも最終階層に限ってブレイブクリアの制限が。最高レベルが50のこのゲームで敵のレベルが49と50ばかりという状況。ブレイブクリアの条件がレベル45ですが、ここまでくると大差ないような気がしないでもないです。

で、戦闘中にも散々頭を悩ませつつなんとかブレイブクリア成功。
なんかこれだけで燃え尽きたかも(え

物語上はこれ以降レベル制限なしのようなので、無限回廊探索用ユニットの封印も解いてラスボスも叩き潰してとっととスパロボに備えるとします(酷い
2007.06.25 Mon l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 巨人

昨日の負けがかなり悪いかんじだったので、結構不安が大きかった今日の試合。
先発は前回の登板で自身の連敗を止めた西口と今季も好調の内海。
西武としてはここまで巨人に3連敗しているのでせめて一子は報いたかったところ。

西口が初回から二塁打→犠打で一死三塁という状況を作りながらも無失点で抑えるというヒヤヒヤな立ち上がりでしたが、そこからは走者を出すも粘りながらの投球。
打線も中島のソロで先制すると江藤のタイムリー二塁打で加点。
ここまではよかったんですがそのあと、無死二塁からサードゴロと二者連続三振で追加点できず。

これで流れが変わったのか、この回の先頭打者である木村拓に二塁打、そのあと四球などで一死満塁として谷にタイムリー。
なおも一死満塁ながら小笠原を併殺、ここから膠着状態に。
その状況を9回、高山が2ランで打ち破り3点差になったところで勝負あり・・・とはいかず。
小野寺が阿部にソロを浴び、二死から今度は連続二塁打を浴び1点差。
二本目の二塁打なんてあわや同点2ランでしたからねえ。
そのあと盗塁で二死三塁までいくも最後はセンターフライで試合終了。

西口が11年ぶりに東京ドームで勝てて本当によかったです・・・が、細川が負傷交代したのが心配かな(´・ω・`)
あと、こういう状況でも空気読まずに打たれる小野寺はいい加減にしろと('A`)

ここ最近中継ぎの不安定さが目立ってますが、今日は岩崎と三井が三者凡退で流れを断ち、9回表に最高の形で追加点を取ったにも関わらずこの体たらくはさすがに不甲斐ないといわざるを得ないですね、小野寺は。
四球が多いとか、走者を出すと崩れるとかじゃなくヒットを打たれすぎというのは根本的に問題があるとしか思えないというか。
被打率.336で防御率4点台って抑えの数字じゃないですからねえ。

まあ、他にいるわけじゃないのが頭の痛いところではありますが。
抑え候補が他にいませんし、彼に頑張ってもらうしかないんですけど。
それにしても山岸はまだかなあ・・・長田もファームで不調だし。
交流戦も終わったので今のうちに戦力を整えたいところですが。
2007.06.24 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-5 巨人

最近は順調に借金をここまで減らしてはきているものの、不安定な試合が多いこのところの西武。
特にヤクルト戦2試合目などは中継ぎ以降の不安定さが露呈した試合でした。
連勝しているとはいえ、巨人とは試合の安定度が違うので正直連勝同士とはいえきついだろうなと思ってましたが、まさにそのとおりの展開に。
先発のジョンソンが早々に乱れ5失点。
初回を三者凡退で切り抜けた時に、外国人投手ってきっちり抑えてるときほどいきなり崩れるよなあ、なんて考えてましたがまさか3回KOとは('A`)

打線のほうもチャンスを作ってはわざわざ潰すという自作自演の拙攻を展開。
特に酷かったのは三者連続安打のあとにポップフライ2本のあと外野フライで無得点とかもう暗黒時に散々見た攻撃ですね'`,、('∀`) '`,、

せめて借金は4で交流戦を終えておきたいところなんですが、ジョンソンが最悪の形でバトンを渡してくれましたからねえ。
東京ドームで西口登板ということになりそうですし、期待は薄そう。
交流戦が終われば戦力も整うかな?
それにしても赤田もいつになったら復帰するやら。
2007.06.23 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
引越しまであと一ヶ月ほどに迫ってきたということもあって、そろそろ本格的に家具の採寸やらをすることに。

引っ越す先が祖母の家なので、ある程度頭にイメージはあるものの、いざ家具の配置なんかを考えると意外とわかってないことが多かったり。
たとえば、いざ向こうにいって確認してみると思ったより押し入れが小さかったり、予想外の場所に収納があったり。

あとは、いまある家具を持っていくかどうかの取捨選択もあったり。
とりあえずいまは、祖母たちが新しい家に引っ越したのでうちの家からあまり使ってないものや冬物の服なんかを運んでいこうかという段階。

あとは向こうの間取り図を書いて、家具の写真を切ってそこにどんなかんじで配置するかのシュミレーションなどをおこなったり。

私が生まれる直前にいま住んでいる家に引っ越したらしいんですが、私自身ははっきりいって引越し経験が皆無なので不安がかなり大きかったりしてます。
父方の祖母の家も以前引越して、そのときの手伝いはやったのですが、自分の家のこととなると話は別というか。
さて、新しく買う家具の物色でもするか(´・ω・`)
2007.06.22 Fri l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりにちょっくら散発にいってまいりました。
引越し前だと今回が最後かなあ。
まあ、いまさら散髪屋を帰るのも面倒なのでいまのままで通うつもりなんですが。

その散髪屋のおっちゃんとまただらだらとだべってきたんですが、最近のソフトバンクの不調っぷりに頭が痛いようで。
まあ、こっちからすれば10連敗を見た後なのでまだまだ嘆くほどじゃないだろうと言いたくもなりましたが、打線の調子がずいぶん深刻のようですね。
松中が出てなかったり、外国人がどちらも2軍だったり。
でもここまで状態が悪いならアダムを落とさずにもうちょい我慢してもよかったんじゃないかなあ、と思わなくもなかったり。

こちらも西武が暗黒はいってた時の愚痴を散々いいましたけどw
むこうもなんであんなに西武が負けまくってたのか不思議がってましたねえ。
ソフトバンクも春先は巨大戦力でぶっちぎりの優勝候補と思われていただけに、ペナントは始まってみないとわからないなとあらためて2人でかみ締めてました(爆

お互いペナントはまだ長いからこれからだよ、と傷のなめあいなどしつつ(えー

そういえばもうすぐ引っ越すって伝えるの忘れてたなあ。まあいいか(おい
2007.06.21 Thu l 日常 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 6-4 ヤクルト

今日の試合開始前に調べてちょっと衝撃を受けたことが。
細川が最近結構打ってるな、と思って調べてみたところ
打率  細川>松中
打点  細川>和田
本塁打 細川=中島

これだけ見たらものすごい強打者に見えるw

とまあ、そんなことはさておき今日は以前完封した岸が先発。
ヤクルトは比較的安定している館山とあって、岸には立ち上がりに気をつけてほしかったところでしたが、今日は非常にいい立ち上がり。
前回の登板のいい感触を覚えているのか、無駄な走者を出してバタバタすることもそれほどなく、江藤が負傷で交代するも打線も先制していい形の試合展開に。
しかし、6回に岸がバント処理で転倒すると肩に違和感を訴えてまさかの降板。
このあと、正津と星野が揃いも揃ってピンチを広げると一死満塁でその尻拭いをさせられたのが新人の岩崎。
ここを岩崎が併殺で切り抜け、8回は二死からピンチをまねくも山崎がきっちりと抑えて逃げ切り体勢に。
ところが8回、三井が連続ヒットから3ラン被弾('A`)

これで好投した岸の勝ちはなくなることに・・・・これで岸が無失点で降板して勝ちを消された試合は二度目。いい加減にしろ中継ぎ陣_| ̄|○

このあともエラーがらみでピンチをまねくものの、なんとか無失点で抑えて9回。ここは無得点でなんと裏に出てきたのはグラマン。
これには驚きましたが、小野寺を同点で出してもたしかに打たれそうだったことを考えると英断だったかも。

グラマンも走者を二塁に置く場面はあったものの、結局無失点で久しぶりの延長に。
ここで中島が四球のあと、カブレラの2ラン!あたりとしては神宮以外じゃライトフェンス直撃くらいかな?というあたりでしたが。
このあと栗山のソロも続き一気に3点リードに。

あとは小野寺で逃げ切り・・・のはずが、いきなりガイエルにソロ被弾('A`)
このあと度会にセーフティをきめられ、一打同点の場面までいくもなんとか逃げ切り。
しかし、逃げ切り体勢の継投がまったく信用できんのは痛いなあ・・・
星野も三井も小野寺も正津も抑える気配が全くかんじない。
早いところ長田昇格と山岸復帰してほしいものです。左右とかじゃなくまず抑えてくれる投手を使ってくれないとなあ・・・
それにしても岸は大丈夫なんだろうか?(´・ω・`)
2007.06.20 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 9-2 ヤクルト

連敗を抜けてからは、着実に借金をここまで減らしてきていますが、それでもまだまだこれからという状況の西武。
今日からの2カードは本拠地で連敗をくらったチームが相手で、しかも相手の本拠地ということもあってこれまでのようにうまくはいかないかな?と思っていました。

今日の先発は西武が涌井、ヤクルトは藤井。
涌井は最近、序盤に完投しまくったつけなのかやや失速気味。
対する藤井は、現在5連敗とツキもない模様。
どちらも連敗中で投手としてはなかなか厳しい状況ですが、先制したのは西武。
ここ最近先制されることが目立っていましたが、今日は細川の2ラン(!)であっさりと。
しかし、その直後に涌井も無死三塁のピンチから宮本のショートゴロで1点を失うことに。
取った直後に取られるのはなあ・・・この試合、涌井はすんありと終わるイニングもあればなかなかてこずったりと、バタバタした投球に。
7回もピンチをまねき、8回の打席がまわってきたところで代打をだされ交代。その8回に追加点を取れたのがのちのち効いてくることに。

伊東監督にしてはめずらしく早めの継投でしたが、万全を期して投入した三井が誤算。
1点を返され、なおも一二塁になりましたがここはなんとか1失点で踏ん張り9回に。
すると9回にヤクルトは石川を投入、これは驚きました。
なにせ、以前あわや完封くらいかけましたし。
その石川から佐藤友が二塁打も片岡がバント失敗、しかし中島が続き一三塁から中村がタイムリー。そして和田が内野安打、GGは三振も江藤がなんと満塁弾。

結局これが止めになり、逃げ切り成功。
最終的にはずいぶん点差がつきましたが、じつはどっちにころんでもおかしくない試合だったな、というかんじでした。

なにはともあれ、これで5連勝で4位タイに浮上。借金もやっと半分まできて、これからというかんじになってきました。
交流戦終了までには3位との差が5ゲーム以内になるといいんですが。
2007.06.19 Tue l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近日常ネタをあまり書いてないので、たまには。
このところ、クロノスという番組にはまってるんですが、これがなかなか面白い。

色々とゲームの種類があって、最終的にはいかにして生き残るかということなんですが、心理戦などの駆け引きがみどころのこの番組。
広いテーマパークを使っての大規模な鬼ごっこで制限時間までひたすら逃げる「逃走中」や、プレイヤーが数字の入ったゼッケンを身に付け、他のプレイヤーの数字を密告する「密告中」など。

で、さっきまで密告中を見ていたんですけど、人の深層心理が見えてくるというか。
最初はチーム戦でまず戦い、片方のチームが全滅したら今度は勝利チームのメンバー同士と敗北チームから一人だけの個人戦。

背中を見せないように移動しているつもりが、ちょっとした油断からじつは影から他のプレイヤーに数字をこっそり見られていたり、相手をゆさぶるために電話でいま見える位置にいるとか言ったり。
ガラスの近くに相手を誘導して、正面から見るなんて頭脳プレーもあったり。

このゲーム、やるたびに細かいルールが変わるのもおもしろいところ。
以前は制限時間がせまってくると、腕と腹にも数字が見えるようになって、見つかるとすぐ密告される状況になったり。
今回は制限時間5分を切った時点で最初に密告したらそのプレイヤーが賞金総取りというものでした。

見ててどのパターンもかなりスリルがあって、楽しめる番組でした。
でもこれって関西ローカルなんだろうか・・?(´・ω・`)
チャットでお話した相手は知らないって言われましたし。
表情変えずに追いかけてくるハンターが怖すぎ(鬼ごっこの鬼のようなもの
2007.06.18 Mon l テレビ l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 5-4 広島

今日のポイントをまとめると
・ギッセルまたか('A`)
・先制されること多いなあ
・ズンドコすげえええええ
・やっぱりグラマン中継ぎは怖いなあ
・星野はもう2軍に落としたほうが・・・('A`)
・和田の貫禄_| ̄|○
・GGがソロ以外のホームランを!
・ヤスキタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!

こんなかんじですか(多いよ
とりあえず、ギッセルで連勝がとまらなかったのでほっとしました。
しかし、ギッセルが試合を作ったとはとても言えないですねえ。
江藤のエラーで失点を許した不運もありましたけど、どうも不安定。
どうも先制を許すパターンが多いですね。まだ勝てているだけいいんですが。
細川のホームランも驚きましたが、GGが走者を置いてホームラン打ったのも同じくらい驚き。

あと、星野はもう落として調整させたほうがいいでしょうねえ。打たれたくない場面で左打者相手に出すと、左打者に打たれて失点したあとに後続の右打者を抑えたり、役割わかってんのかと('A`)
今日も後続を抑えはしましたけど、いい加減調整させたほうがいいような。
左はたしかにいませんけど、左に打たれるのがわかってる左を置いておくくらいなら右の長田をあげたほうがまだ期待できそう。
あ、帆足中継ぎとかならありかもなあ・・・

それにしても今日は引き分け一試合と他は全て1点差ですか。
なんというか、どっちに転んでもおかしくない試合ばかりでしたねえ。
2007.06.17 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 12-2 広島

連敗は止まり、点の取り方はそれほどよくなくても一応投打がかみ合ってきたかんじの最近。
今日は黒田が相手なので厳しいかな?とは思いましたが、西口にもそろそろ勝ってほしいところ。
5連敗で一ヵ月半も勝ち星がなかったというのは寂しいですが、なんとか抑えて・・・という展開を希望してました。
しかし、予想をいい意味で大きく裏切る試合展開に。

3回表に石原からの下位打線につながれ、梵に犠牲フライを打たれ西口は先制を許す形の試合展開に。
黒田が相手でこれはかなり厳しいかな、と思いましたが、4回裏に連打でチャンスを作り無死一二塁で和田。これはゲッツーだろうなあ、と思ったファンは正直多かったんじゃないかと思いますが、ここでタイムリー二塁打で同点。
ここからさらにGGらが続き、一挙4点。
5回にはまた連打から一三塁で和田。今度はなんと3ラン、いままでの不調が嘘のように打点を荒稼ぎ。
黒田が降りたあとも中島の3ラン、和田の2本目のソロでダメを押し、あとは西口が8回2失点、グラマンが9回を投げて勝負あり。

西口に勝ちがついたり、和田が爆発したりと、かなり収穫の多い試合でした。
これで連敗のぶんを返していける体勢はだいぶ整ってきたかな?
グラマンが中継ぎってのは激しく不安ではありますが。
涌井がばててないかが心配だなあ。
2007.06.16 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりにバトンがまわってまいりました。


FUJIさんからいただいた冒険者属性バトンです。
意外と答え辛いかも(笑

Q1 貴方に回してきた人の職業属性はその人に当てはまりましたか?
魔法使い、でしたっけ。
(回してきた人が貴方に対してイメージしている職業属性は当てはまりましたか?)

吟遊詩人の理由が適当だったらしいのでなんとも(笑
ファンタジー職業適正診断によるとFUJIさん曰く私は戦士と魔法使いはなさそうという意見だったのですが、実際は魔法使いレベルが一番高かったので。
ちなみに戦士-6、盗賊-2、僧侶4、魔法使い5で呪術師でした。

Q2 回してくれた人の職業はどうですか?
(回してきた人に対する貴方のイメージはどうかってことらしい?)

理論派のイメージがあるので魔法使いでしょうか。
ファンタジー職業適正診断でもそのとおりの結果だったそうです。

Q3 好きな元素属性(火、風、雷、氷、光、闇など)

活躍どころがわかりやすい雷か火でしょうか。
雷は海で、火は対アンデッドでよく使いますし。

Q4 好きな職業属性は?

戦士系?普通のナイトよりは少し捻ってある竜騎士とか。
あとはパラディンとかでしょうか。

Q5 好きな武器はありますか?

槍かなあ。ロマサガなんかでは好んで使ってましたね。


Q6 攻撃派? 防御派?

基本は攻撃派でしょうか。できるだけ強力なアイテム装備して一気に叩き潰す(゚∀゚)
まあ、低いレベルで特攻してギリギリの戦いもそれはそれで好きなんですけど。

Q7 ステータス(力、防御など)を上げるとき真っ先にあげるモノは?

キャラのタイプによりますが、力と防御を半々でしょうか。
突っ込んで殴り合いができるようなのが好きですね。

Q8 冒険に出る前にやってしまう癖を教えて下さい

できる限り装備を整えることでしょうか。
ステータス異常回復アイテムとかも必要以上持ったり。

Q9 主人公の名前を変えられるゲームでは名前を変えますか?

最初から設定されている場合は変えないですね。
説明書とかにあるのと違ってくると違和感があったりするので。

Q10 今まで付けた名前で一番ヒットした名前は?

笑いを取れるネーミングセンスなんてないですからねえ(苦笑
そもそもあまり名前つけないので・・・

Q11 冒険の失敗談は?

なんだろう。ステータス異常のアイテム持たずにダンジョン特攻してステータス異常抱えたままダンジョン探索とか?それ以来過剰なほど持ち歩くようになりましたが。

Q12 次に回す人&貴方から見てその人に似合う職業属性

かずとさんにパスをしようかと。
職業・・・なんでしょう。私とRPGのプレイスタイルが似てる気がしますがw
本人のイメージは吟遊詩人?ピアノ弾くので(おい
2007.06.15 Fri l バトン l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 4-3 阪神

なにやら昨日四球を連発した中村泰が抹消されたようですが、阪神は他に誰が上がって来るんでしょう?
まあ、こちらも相手の心配をしている状況じゃないのは重々承知しているんですけど・・・

で、今日の試合は一試合投げただけで右ひじ炎症起こしたジョンソンと、前回登板で好投した上園が先発。
どちらも初回に点を失うものの、そこからは立て直して好投を見せます。

しかし、上園は江藤とカブレラに被弾して2点の勝ち越しを許すことに。
被弾を許した以外は好投を続けていただけに、もったいなかったですね。
このあとジョンソンは7回1失点で降板、あとを三井がつぎます。
その三井が金本にタイムリー3ベース、今岡に犠牲フライを浴び同点に。
この時点でジョンソンの勝ちは消滅することになりますが、そのあとを岩崎が何とか抑えて同点どまり。

8回裏に予想通り久保田が登板しますが、この久保田から片岡と中島が連打、カブレラは敬遠。
一死満塁で和田ということでゲッツーを予想しましたがサードゴロではあったもののバウンドが高かったおかげでアウトはひとつだけ。
この間に勝ち越し点が入りましたが、やってることは連敗中と大差ないような。
飛んだところがいいだけというかんじですかねえ。とにかくひっかけてばっかりで右に打球が飛ばない。

このあと、9回を小野寺が一死一二塁のピンチを招き、またか・・・と思いましたがここをなんとかしのいで試合終了。
相手の調子の悪さに助けられた形ではありますが、とにかくいまは勝てればそれでいいというかんじですね。
しかし連勝が一ヶ月以上なかったのはさびしいなあ。
2007.06.14 Thu l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 7-0 阪神

いやあ、長かった。
まったく出口が見えないトンネルでしたが、出口に導いてくれたのはルーキー岸でした。

立ち上がりがいつも悪い岸でしたが、今日は立ち上がりから飛ばしていたというとおり、初回を三者凡退で切り抜けると、先頭の佐藤友が四球、片岡が送って中島も四球。
阪神の先発中村泰がかなりコントロールに苦しんでいたおかげで、カブレラのヒットがチーム初でしたがそれで先制。
続く和田が一死一三塁で貫禄のゲッツー・・・と思ったらこれをサードからの送球がそれたのと林の取り損ねで追加点。

これで流れがかなり西武にきた印象はかなりありましたね。2回も中村泰の四球がきっかけでチャンスを作り、犠牲フライとタイムリーで2点追加。

3回も併殺崩れで1点と、今日に関してはかなりツキがありましたね。
あたりが悪くてもいいところに飛んだり。あとは阪神の拙攻に助けられた形になりました。

2回以降は岸がスイスイと投げ、なんと初完投初完封。
スコアだけ見たら投打がかみ合ったように見えましたけど、結構点の取り方はよくなかったのでヒヤヒヤしてました。

なんにせよ、これで連敗脱出。いやあ、長かったなあ・・・(しみじみ
あ、あとやっと対左腕13連敗でストップですね。こっちも長かった。
これでチーム全体の流れも変わるといいんですけど。
2007.06.13 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-5 横浜

さすがに連敗が二桁にもなると書くことがなくなってきますね。
涌井も疲れてるのか、序盤に炎上。
そのあと持ち直すも結局あとの祭り。
で、打線はソロ2本、チャンスではことごとく凡退。

かなりやる気がなくなってきたので、連敗脱出まで日記書くのやめようかなあ。
2007.06.11 Mon l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 3-7 横浜

中日2連戦で少しは上昇の兆しが見えたので、そろそろ連敗脱出かな?と淡い期待を抱いたものの、現実は厳しいものでした。
初回に先制して、そのあとも点は奪えないものの土肥を攻め立ててこりゃ今日はいけそうと思った矢先にギッセルが炎上('A`)

また悪い負け方にもどってるなあ。せっかくこっちも気持ちを入れ替えて観戦しようと思ったのにこういう負け方をされるとこっちとしてもかなりこたえます。

というか、いい加減グラマンもギッセルも見切り時なんじゃないかと思ったり。
全てを押し付けるわけじゃないですけど、この状況で投げさせつづけてるのは疑問ですねえ。

そろそろ別の投手を上げてもいいんじゃないかと思ったり。

あとは野手。黒瀬はもう調子が落ちてきてるかんじですけど、柴田や中村あたりをあげてほしいなあとも思ったり。

それにしても今日はミスが多すぎですねえ。こういう試合やってたらそりゃ勝てんわな、というかんじ。
そういえば黒田はどこいったんだろう?
2007.06.10 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
ここ最近のストレスが昨日の試合で一気に爆発して、昨日今日とかなり壊れた精神状態で日記を書いたわけなんですが。

ちょっと頭を冷やして冷静に分析などを。

とりあえず、一時期の最悪な状態に比べるとだいぶ上がってきてるな、というのが印象でしょうか。

タイムリーも出始めているし、今日に関しては相手が川上だったので走者を溜めて一発を打たれたのがいけなかったわけなんですが。

以前の西武なら中島のタイムリーも出なかったでしょうしねえ・・・
中島が復調してきたのは大きいかな。

あと、江藤と高山はいい形で打線に活気を出してくれてますね。
一軍にいなかったせいか、一軍連中の暗黒っぷりとは無縁なかんじが。
高山は去年の実績が自信になってるのか、今年も結構期待できそうです。

今日に関しては相手が悪かったのも事実なので、あまり悲観するほどでもないんじゃないかな、という印象でした。
西口はかわいそうだったけど(´・ω・`)

いまのチーム状態だと、そろそろ連敗も止まりそうな気がします。というか止めてくれというのが本音なんですけどね。
2007.06.09 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 2-3 中日

●●●●○●●●○●●●●○●●●●●●●●←いまここ
こうやって見ると笑えて来るほど酷い'`,、('∀`) '`,、
昨日は見せ場作ったけどどうせ今日は川上に押さえ込まれてあっさり敗戦だろうと思ったらまさにそのとおりでしたねー。
中島がタイムリー打ったことが奇跡。
あと、和田はやはり貫禄の(σ・∀・)σ ゲッツ !!
もう2点だろうが3点だろうがリードなんて逆転のフラグでしかないですね。

もう書く気力が失せてきたので以上で。
2007.06.09 Sat l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 7-8 中日

ここまでヒットがでない貧打、チャンスを潰す拙攻、投手の炎上、守りでのやらかしと、ありとあらゆるパターンで敗戦を重ねてきた西武。
ここまでくるとさすがに普通の敗戦じゃあファンにダメージを与えられないとかんじたのか、今日はやってくれました。
初回に山本昌の乱調をせめて3点を先制。江藤や高山は1軍の暗黒とは無縁なのか、よく打ってくれてますね。

しかし、この3点のリードなんていまの西武にとってはなんの意味もないとばかりにグラマンがエラーなどを足がかりに一気に4点を謙譲。
もはやこの程度では全然動じませんでした。
そのあと1点を追加され、まあいつもどおりこのまま敗戦だよなあ、と思った5回、めずらしく西武が奇跡的になんとタイムリーヒットで追いつきます。
先制しても追いつかれるようなタイムリーや、どうでもいい場面ならともかく、こういった大事なところで出たのはいつ以来だろうか・・・

しかし、もと左キラー星野が福留にきっちり被弾。
ああ、期待なんてやっぱりしちゃいけないんだな、とあらためて確認。


そして9回、ドラマは待っていました。


一死から高山が内野安打で出塁すると、バッターは交流戦でなんと1打点すらあげていないもはやなんでいるのかわからない中島。

その中島がなんと岩瀬から奇跡とも言える逆転2ラン!!
さすがに興奮しました。

そのあとカブレラはヒットを打つも後続が倒れてチェンジ、1点差で9回裏に。

そして小野寺登板。いくらやらかすといってもここでは空気読んで抑えるだろうと思った私が甘かったのか、それとも最初から計算どおりだったのか。

小野寺は井端を抑えたあと、続く福留に四球。
ウッズを抑えて後一人。森野をあと一球まで追いこんでからなんとショート内野安打。

まだ逆転されたわけではありませんでしたし、打者がそれほど打撃がいいというタイプではない英智。
なんとかなるだろうと思ったらいきなりの逆転サヨナラタイムリー!

西武も手の込んだ負け方をしてくれるというか。
でも岩瀬を打ち込んだってのはいただけませんねえ。どうせならあっさり三凡にしてくれないと、岩瀬ファンに申し訳がたたない。

よく明日につながる負けって言いますけど、この敗戦の尾を引いて明日惨敗という意味で明日につながりそうですね。
さすがに今日の負け方は見ててダメージが大きかったです。
いい刺激になりましたよ'`,、('∀`) '`,、

そうそう、今日西武が大型連勝した夢を見ました。
いま思うと恥ずかしくて首吊りたい気分です(笑
2007.06.08 Fri l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
以前、サモンナイト4で無限回廊を荒らしてアイテムあさってストーリー上のボスをフルボッコする計画を立てていたんですが、予定外のところで計画が頓挫することに。

このダンジョン、5階層ごとに区切られているんですが、5階まで進んだところで、ここから先に進むのはまだ早いと止められてしまう結果に。
正攻法でいくとストレスたまるんだからそれくらいケチケチすんなよー、とかなりむかついたのですがしかたなく引き返すはめに。

とはいえそのまま帰るのもシャクなので、できるだけ強い武器と防具を入手。
したのはよかったんですけど、今度は装備できるやつがいない('A`)
武器は装備できるのが一人だけ、防具にいたっては一人もいないというありさま('A`)

最近色々とストレスがたまってるので(主に原因は西武)ここでくらいストレス発散したかったんですけどねえ・・・・

まあ、取った武器はやはり相当強力で現在使用してるものの2倍程度の攻撃力で、かなり使えました。

とりあえずもう少し進めて次の階層でこそアイテム漁りを本格的にやりたいなあ。
そして敵をフルボッコに(ry
2007.06.07 Thu l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
・ヤクルト 5-2 西武

今日は試合前に3人ほど選手の入れ替えが。
しかし野手の暗黒っぷりが酷いのに長田まで落としてどうするんだか。
まあ、今更誰が出てもというかんじではありますが。
で、肝心の試合ですが岸が2回までに早々に3失点して勝負あり。
いまの西武に3点差をひっくり返す力はありませんからねえ。

上がって来たばかりの高山がタイムリー打ってましたけど、そのあと全然点が取れそうに思えなかったのは私だけではないでしょう。

そういえばこれで対左投手は今季1勝12敗だったかな?
工藤や石川に今シーズン初勝利をプレゼントしたり、左には特にやさしいのがいまの西武(゚∀゚)
まあ、誰がきてもおなじことになるんでしょうけど(爆

それにしても、昨日の試合後の伊東や小野寺のブログにも「応援してください」って書いてましたけど、せめて応援するに値するくらいの試合はしてくれよ、と('A`)
苦しい時にこそファンは応援するべきなんでしょうけど、それを催促するようなこと言ってるなら先に結果をだな(ry

まあ、この調子だと当分は暗黒を抜け出せないでしょうねえ。
さて、サモナイでもやるか(現実逃避
2007.06.06 Wed l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
・ヤクルト 8-1 西武

なんかもう、似たようなパターンでやられてばっかりなのでいい加減書くことがなくなってきましたねえ。

というか、石川が不調なのは知ってましたが今季未勝利だったとは。
なんだかんだでずっと二桁勝ってる投手ですから、勝ちがついてるものとばかり。
あと、最近は田中浩康が大当たりのようで。
OP戦は好調だったので今年はブレイク?とか思ってたら開幕したら不調でスタメンを外されることもしばしばあったようですけど、ここにきて一気に固め打ちをしているようで。

ヤクルトのほうはロッテに勝ったりしているところを見ると、随分復調しているようですね。
交流戦終わる頃にはセリーグをかき回す存在になってるかも?
西武に関してはまあ、いつもどおりということで。
違うのは涌井が負けたことくらいですかね'`,、('∀`) '`,、
2007.06.05 Tue l 野球 l COM(2) TB(0) l top ▲
ちょくちょく進めてるサモンナイト4ですが、今回はブレイブクリアのバランスがやけにきついような気が。

8話でレンドラーと召喚士倒しつつブレイブクリア狙ったものの、それも結局挫折。
普通にブレイブクリアするのもしんどかったです(´・ω・`)

というわけで、ブレイブクリアそのものは最後まで継続する予定ですが、ちょっと方針転換。
このゲームはちょっと変わっていて物語中盤から隠しダンジョンのようなものにいける仕様なのでそれを利用することに。

無限回廊という名前で進めば進むほど強力なアイテムが取れるこの無限回廊ですが、最後まで進むとラスボスと戦うよりきついような戦闘が待ち受けてるという難易度。

シナリオを進めずにここを探索して武具を集めておけば後々楽になるのですがそのままだと探索するためにあげたレベルが原因で今度はシナリオでブレイブクリアができないと。

だもんで今度はレベルドレインなるものを利用することに。
こっちはレベルを下げてある程度は経験値に還元できるというシステム(レベルアップに使った経験値よりはかなり少ないけど)。

こいつを使って、レベルをがっつり上げる→無限回廊探索→アイテムがっつり→レベルドレイン→楽に攻略(゚д゚)ウマー

というわけで当分はシナリオ進めないかもしれません(蹴
2007.06.04 Mon l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
・西武 1-4 巨人

月が変われば流れも変わる、などとあまっちょろい幻想を抱かせるような発言を繰り返していた伊東監督の思惑を木っ端微塵に粉砕したこの巨人戦。
実際に試合になると、昨日は西口を立てて先制するも、どうせ逆転されるんだろと思う暇すら与えないほどの早さであっさりと相手に逆転を許し、このブログで敗戦処理としては試合を作ってると書いたばかりの山崎が炎上。
あまりの西武の体たらくに同情したやさしい巨人投手陣が6点ものサービスをしてくれたものの、西武投手陣が許したリードはあまりにも大きく焼け石に水の状態。
これで6点取ったからといってなんの慰めになろうかと思っていたんですが、予想通り今日の試合では1点がやっと。
1点を取られたあとにすぐに追いつくも、それが今日の試合で唯一の得点になったあたりはやっぱりな、というかんじでした。
走塁ミスでわざわざチャンスを潰したり、この前はチャンスで牽制死だったり。
同点に追いつくと勝つことなんて許さないとばかりに勝ち越しを許し、打線は昨日の攻撃で全て出し尽くしたように打てず。
昨日の後半の追い上げに対して、明日につながる敗戦なんてない!と言わんばかりの負けっぷりはもはや見事でしたよ( ゚∀゚)アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!
2007.06.03 Sun l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
そろそろ引越しも近づいてきたということで、祖母の家の引越し手伝いのほうをやってまいりました。
なんか着々と引越しが近づいてるなあ。
去年の秋頃には今年中には、くらいの漠然とした話だったんですけど。
どうやら7月末くらいには引越しとかいう話だそうで、思ったよりずいぶん早くなりそうな。
そのあとのネット環境が未定なのでそのころになると更新がどうなるか正直わからないという。
まあ、ブログの更新は携帯でなんとかやれなくはないんですけど、更新頻度は減る可能性が高そうです。

引っ越すついでにPCも買い換えれたらいいんですけどねえ。
あと2ヶ月ほどでこの家ともお別れというのも感慨深いような。まだ実感は薄いんですけどねえ。

で、引越しの手伝いなんですけど、9時に家をでて9時半ごろに祖母の家に着いたら、業者の荷物運びは大半が終わってたようで。
家具の配置などはすでに終わってたのでそのあたりは苦労しませんでした。

私が手伝ったのは前の家から残ってるこまごました荷物を運んできたり、壁紙を貼ったり。
朝から業者が来ていたようで、かなりバタバタしてたらしく前の家はかなりアレな状態でした(おい
最初は業者の作業が思ったより早かったのでこれはすぐに終わるかな?と思ったんですが、いざやり始めるとまあ時間がかかることかかること。
気が付いたら日が傾いてました・・・疲れた_| ̄|○

これでも荷物が少ないほうだったので、自分の家の分のことを考えるとちょっとぞっとしますが。
まあ、それでも自分の荷物だと配置する楽しみがあるだけまだマシかなあ。
いままで引越しの経験がないので、いざ引っ越すといってもまだ実感がイマイチわかないなあ・・・
2007.06.02 Sat l 日常 l COM(2) TB(0) l top ▲
なんとなく、奮闘してるけど報われてないっぽい西武の中継ぎ陣の成績なんぞをちょっと調べてみました。

すると、色々とわかった衝撃の事実・・・というのは大げさなんですが(爆
まず、小野寺の被打率。
抑えなのに右相手に被打率.357ってなんだ(;´Д`)
被打率全体でも3割近いですし。相変わらず打たれる時は滅多打ちくらうからなあ・・・
これで防御率2.95はある意味凄いかも。

そして三井。
こちらは去年防御率1点台と優秀な数字を残してましたが、自責点10で失点16というのが現実でしたが。
今年は自責点も失点もここまで1、この点に関しては文句なし。
その失点も青野のソロ被弾だけなんですが。
左投手にしては左に弱いのはわかってましたが、打数は少ないものの3割打たれてる事実。
被打率は.237で飛び切り凄いというかんじでもないですし、なんで0点台なのかが逆に謎。

星野は左キラーだったのにいまは左に3割打たれていたり、なんか謎な投手が多い西武中継ぎですねえ・・・

逆に今季奮闘してる印象があるのは、長田、山崎、岩崎あたりでしょうか。
長田は開幕直後は非常に順調でしたが、一度三者連続四球出してからなんかおかしくなったような。
それまで四球が一個もなかったんですけどねえ。
それでも四球は少ないほうですが。

山崎はきっちり抑えるというほどのものではないですが、ビハインドの試合を崩れないように立て直す役割でいい働きをしてますね。
防御率もなかなかいいですし、大沼が散々苦労していた役割にあっさりはまったかんじが。

岩崎は正直変則なだけという印象で、セットになったら崩されるんじゃないかと思ってました。
2戦目の楽天戦で6失点して、やっぱり厳しいかなと思ったんですけどそこからはきちっと中継ぎとしての役割を果たしてますね。
11点台とかだった防御率も3点台に。
そこでちょっと気になったので調べてみたところ、楽天戦での大量失点以降の21イニングでの防御率はなんと1.71(;´Д`)
そりゃ防御率も下がってきますねえ。
こうなってくると大量失点がもったいないような。
まあ、あの経験があったからいまの岩崎があるのかもしれませんが。
慣れられてくるこれからが勝負になりそうですが、頑張って欲しいところ。

本当なら山岸もここに入るはずだったんだよなあ(´・ω・`)
2007.06.01 Fri l 野球 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。